日刊大衆TOP トレンド

その原因は今だ不明!? 「笑い死に」の笑えない歴史

その原因は今だ不明!? 「笑い死に」の笑えない歴史

理想の死に方といったらやはり「腹上死」だろうか。いや、「縁側でひなたぼっこ中に眠るように」なんてのも捨てがたい。とにかく最期は笑って迎えられるのが本望だが、その笑いがキッカケで死んでしまった人たちがいるのをご存知だろうか。笑い過ぎて死ぬ、いわゆる「笑い死に」ってやつだ。
今回はそんなチョットうらやましい死にざま、「笑い死に」のエピソードを紹介したい。

笑い死にの記録を調べてみると、紀元前までさかのぼる。
古代ギリシアの哲学者クリュシッポスがロバに葡萄酒を与えると、ロバが酔っぱらってイチジクの実を食べようとした。その様子を見て、笑い死にしてしまったと伝えられている。哲学者だけに、ロバとイチジクになにか深い意味を感じてしまったのだろうか。

また、1410年には、アラゴン王マルティン1世が、消化不良にコントロールできない笑いが重なって死亡。1556年にはイタリア・ルネサンス期の作家ピエトロ・アレティーノが笑い過ぎで窒息死なんてのもあって、都市伝説だと思っていた笑い死にだが、その歴史は意外に古かった。
1782年にはイギリスで起こった笑い死には雑誌でも取り上げられ、話題になった。その日、悲劇(喜劇?)の主人公となったのは、フィッツァー・パート夫人という女性。鑑賞中のオペラで笑いが止まらなくなり、劇場を後にしたものの笑いは一向におさまらず、なんと水曜日から金曜日まで笑い続けた。そしてそのまま死亡してしまったのだとか。3日間も笑いっぱなしになるほどの面白いオペラ、演目が気になるぞ。

1975年の笑い死には、テレビ番組のあるエピソードで「スイッチ」が入った。イングランドの50歳のレンガ積み職人、アレックス・ミッチェルは、テレビ番組『The Goodies』の中で、キルト姿のスコットランド人がバグパイプを武器に悪者と戦うところを見て、笑いながら死んでしまった。その間25分。最期はソファでぐったりし、心不全だったという。

ラストは1989年、デンマークの聴覚学者オレ・ベンツェン。彼はコメディ映画『ワンダとダイヤと優しい奴ら』を観て、笑いながら死んだ。心停止にいたる直前には、心拍数は1分間に250~500回に達したと推測されている。人間の心拍数は1分間でおよそ60回だから、実にその5~8倍。かなりの負担が心臓にかかったのだと思われる。

このように笑い死にの多くは心不全や心筋梗塞、窒息が原因である。普通の笑いが発作的な笑いに変わって止まらなくなり、死に至るというのが王道パターンで、ぜんそくや、心臓病など持病のある人が当てはまりやすいようだ。死に際はさすがに苦しいだろうが、まさに大往生、これ以上ハッピーな死に方はほかにないかもしれない。

その原因は今だ不明!? 「笑い死に」の笑えない歴史

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.