日刊大衆TOP 社会

麻薬500㎏を焼却処分…付近の住民が急性中毒!?

先月、インドネシアの首都・ジャカルタの西にあるバンテン州の警察が、空港などで押収した大量のドラッグを焼却処分した。その量は合計500㎏。
内訳は、末端価格1億2000万円分の大麻、2億4000万円分のクリスタル・メス(メタルフェタミン)、エクスタシー(MDMA)が2538錠。

焼却作業をした警察官はマスクをしていた。しかし、見学した者や近隣の住民はマスクをしておらず、ドラッグの煙をまともに吸ってしまったのだ。
その結果、めまい、頭痛、吐き気を覚える者が続出。いわゆるハイ状態より深刻な症状に陥ったという。

もし、インドネシアで警察に押収されていなかったら、そのうちのいくらかは日本にも流入してきたのだろうか。
3月6日には、某ミュージシャン(38)が渋谷区の路上で、麻薬所持で逮捕されたばかり。ことほどさように、大麻は日本でも出回っていると見ていい。
昨年11月には大阪の大麻愛好家が、自宅で大麻を栽培し、それを吸引する動画をTwitterで公開し騒然となった。

ちなみに大麻を所持、栽培、譲渡すると、10年以下の懲役、及び300万円以下の罰金に処される。けっこう重罪なのだ。興味本位で手を出すべきではない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.