日刊大衆TOP 芸能

「命の危険を4、5回は感じた」メキシコ麻薬戦争を体験した男が激白!!

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

p1



映画『皆殺しのバラッド/メキシコ麻薬戦争の光と闇』監督に直撃インタビュー

2006年から2012年の間に12万人以上の死者を出したメキシコの麻薬カルテル同士の争いは、現在「麻薬戦争」と呼ばれている。

そんな麻薬戦争の現実を描いた映画『皆殺しのバラッド/メキシコ麻薬戦争の光と闇』が4月11日(土)から全国で劇場公開される。本サイトは今回、監督のシャウル・シュワルツ(Shaul Schwarz)氏にインタビューを行った。

0001
(C) 2013 Narco Cultura.LLC


1970年代からメキシコではコロンビアのコカインをアメリカへ密輸する麻薬産業が発展し、麻薬カルテルは警察や政府機関を賄賂や脅迫で懐柔してきた。

2003年には元メキシコ陸軍特殊部隊隊長が同僚や部下とともに麻薬カルテルのロス・セタスを結成。軍隊レベルの装備と戦闘能力を駆使して周囲の麻薬カルテルと抗争を開始し、多数の死者が出るようになった。メキシコでは99%の犯罪が捜査もされず放置される。

そんな事態に業を煮やしたカルデロン大統領は2006年12月、麻薬密売人たちに戦線を布告し、ミアチョカン州に6000人の陸軍部隊を派遣した。しかし、これに対抗して各地に縄張りを持つ麻薬カルテルたちは武装闘争を開始。政府と麻薬カルテル同士の抗争は激化の一歩をたどり、現在でも一般市民を巻き込む大量殺戮事件が多数発生している。
自分自身がこのテーマに興味を持ち始めたのは2006年。取材は2008年から開始した。セタスはその暴力性で知られているが、どのカルテルも同様に凶暴性を秘めている。個人的なイメージとして抗争が激化したのは2006~2007年。カルデロン大統領の政策が変わった時だと思う。

メキシコにおいて警察は腐敗しているが、軍の方がまだ腐敗が少ない。それを国が直接動かしたことで、各カルテルのメンバーは身を守るために市民社会の中に溶け込んでいった。それによって各カルテルの弱点ができて、縄張り争いが激化してしまった。ストリートでの価値感やそれまでのルールはその時点で塗り替えられてしまったんだ。



映画はドキュメンタリーの一般的な手法であるインタビュー形式ではなく、撮影者自身をも作品の中に存在させるシネマ・ヴェリテ的な手法を採用。麻薬組織を讃える音楽ジャンル、ナルコ・コリードの歌手、エドガー・キンテロと、アメリカと国境の都市で警察官として働くリチ・ソトを対照的に描いている。

意外なことに、ある種の市民にとって麻薬ギャングは憧れの存在。金と権力を持ち、中央政府に対抗するヒーローとして扱われる。アメリカ在住のキンテロはギャングに憧れ、その世界観を賛美する。一方で警察官として真面目に働くリチ・ソトは他に職がない現状、腐敗する警察組織などの狭間で揺れ動く。

『皆殺しのバラッド/メキシコ麻薬戦争の光と闇』は麻薬ギャングをとりまく一般社会の状況がリアルに描かれているが、その取材は苦労の連続だったと言う。

0006
(C) 2013 Narco Cultura.LLC


具体的に命の危険を感じたことは4~5回はあったよ。もちろん単に疑心暗鬼になってしまっただけの場合もあり、取材に同行した録音技師と2人で思わず笑ってしまったこともあったが、それが続くと逆にリラックスし過ぎてしまう危険もある。一瞬で状況が変わってしまうので、疑心暗鬼ぐらいがちょうどいいのかもしれない。フアレスにいたときには、2回ほど強烈なプレッシャーを感じた時があった。間違いなく「お前たちを見張っているぞ」というメッセージが明確に伝わってきたので、すぐに引き上げたんだ。

実は、今回は潜入取材は一切しなかった。取材対象には必ず「自分が誰であるか」を明確に伝えて取材をした。1人の人物だけを追ったり、1つの事件だけを追わず、全体を描くことを心がけたので、逆に安全だったんだ。


「危険ドラッグ」などが蔓延するなど、日本でも近年ドラッグは社会問題化している。インターネットの発展によって麻薬組織が年々グローバル化している現在、メキシコの現状はけっして対岸の火事ではない。

日本のことはまだあまりよく知らないけど、これは映画なので、エンターテイメントとして愉しめる作品を作ったつもりだ。ビジュアルが美しく、しっかりしたストーリーがある。その内容には自信がある。ドラッグカルチャーを描いた作品だが「人間はなぜ悪いものに魅力を感じてしまうのだろう?」 という問いかけも、この映画のテーマのひとつである。現実にその「悪」がカルチャーを生み出しているし、日本にもそれは存在すると思う。そのどこからが危険なのかというボーダーラインを探ることもがまた、この映画のテーマなんだ。

0015
(C) 2013 Narco Cultura.LLC


ベトナム戦争時、前線の兵士に送るためにアメリカ軍は秘密裏にメキシコの麻薬を大量に購入していたという。現在もメキシコの麻薬を買っているのは99%以上がアメリカ人だ。麻薬は金になるため、麻薬カルテル以外の市民社会にも利益をもたらしてしまう。その現実がこの戦争の終結を困難にしている。

この麻薬戦争の主犯はアメリカなのか、それとも人間の欲望そのものなのだろうか?

両方とも密接に関わっていると思う。アメリカにはどこにでも麻薬への需要と欲求がある。使う人も多く、そのための金もある。しかし、このゲームに参加しているのはアメリカだけではなく、コロンビアや他の国だって直接的、間接的に関わっているんだ。

カルデロン大統領はかつて「世界で最もひどい麻薬中毒者を隣人に持つのは非常に大変である」と発言した。アメリカ人は自分たちがメキシコの麻薬戦争に関わっていると自覚している人が非常に少ない。しかもメキシコで殺人事件に使われている銃の多くはアメリカから運ばれている。アメリカでは銃のコントロールが全く出来ていないからだ。

またアメリカ軍も(メキシコ政府を支援するなど)麻薬戦争に直接的に関わっている。非常にいろんなレベルで関わっているのに、「メキシコのギャングが殺し合っているだけでしょ」という言い訳で隠れ蓑に使う人が多い。そんな現状に対する警鐘の想いも込めて、この映画を作ったんだ。


今まさに、メキシコで起きている現実。『皆殺しのバラッド/メキシコ麻薬戦争の光と闇』はその現状を知るための第1級の資料だ。是非自分の目と耳で確かめることをお勧めしたい。

監督:シャウル・シュワルツ Shaul Schwarz

PROFILE
1974年イスラエル生まれ。イスラエル空軍在籍時に写真を始める。除隊後イスラエルとヨルダン西岸の報道に身を投じる。現在ニューヨーク在住。 2004年にはハイチ蜂起の報道により、2つの世界報道賞を受賞。2005年にはガザ回廊の入植者をテーマとした写真でペルピニャンの国際報道写真祭ヴィザ・プール・リマージュで最高賞ヴィザ・ドール賞を受賞。2008年ケニア暴動の報道写真でアメリカ海外記者クラブによりロバート・キャパ賞を受賞。アメリカのタイム誌、ニューズウィーク誌、ナショナル・ジオグラフィック誌などで作品をコンスタントに発表している。2013年、初のドキュメンタリー映画『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』をベルリン国際映画祭にてプレミア上映。

p2


『皆殺しのバラッド/メキシコ麻薬戦争の光と闇』は4月11日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国随時公開

公式サイト
http://www.imageforum.co.jp/narco/

Twitterアカウント
@NarcoCulturaJP

「命の危険を4、5回は感じた」メキシコ麻薬戦争を体験した男が激白!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.