日刊大衆TOP 芸能

ファンが知らない美女たちの意外な肉食SEX素顔スクープ暴露

[ヴィーナス04月04日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

ファンが知らない美女たちの意外な肉食SEX素顔スクープ暴露

男を優しく包み込むような、癒しの笑顔が魅力の美女たち。だが実は、そんな女性に限って、自ら男を押し倒してはクワえ込み、イキ果てるまでハメ倒す、ド肉食SEXな素顔だったりするものだ。今回は、そんな意外な一面を一挙公開!

バーのセットで繰り広げられるトークバラエティにて、バーのママぶりが色っぽいと好評のM・R(41)には、こんな話がある。
「酔っぱらうとテーブルの上に仁王立ちになったり、男女かまわず手をつないだり、目が合うとキスを迫ったり。これは、結婚して子どもが生まれても変わらないそうで、周囲はヒヤヒヤさせられっぱなしなんだとか」(芸能プロ幹部)

実際、サッカー元日本代表のN・Hとのキス写真や、業界きっての"ヤリチン男"Iにしなだれかかる泥酔ショットが流出したこともある。
「番組では、酔った勢いで混浴したことがあることも告白しています。酔うとエロくなる、スケベな体質であることは間違いないでしょう」(前同)

だが、酔わずとも、十二分にエッチのようで、「『ヨルタモリ』で、濡れ場の撮影について話しているときに、"ストップ! って言われたら止めなきゃいけないって……切ない"と語り、まるで"最後までイキたいのにぃ~!"と言わんばかりの表情を見せていました。火がつくと、満足するまでチン棒を離さないタイプでしょうね」(同)
現在、離婚協議の最中だが、12歳年下の新恋人の存在も噂されている。肉食ぶりは今も加速中であろう。

俳優のI・Yとの交際が長くなってきたN・M(27)も、ご自身が肉食系のせいだろう。男も肉食系でないと物足りないタイプのようだ。
「彼女は、"草食男子は、それをいいことに逃げてる気がする""自分がいい思いをすればいいという考えがある感じがしてイヤ"と公言しています。これは、肉食宣言であると同時に"アタシに気持ちイイ思いをさせなさい!"と、男に奉仕を要求しているようなものです。イヤラシいですよ」(芸能ライター・織田(おりた) 祐二氏)
今カレのIは、肉食系ドS男。SEXの相性はピッタリ!?

年末に電撃結婚を発表したY・R(39)も、なかなか激しそうだ。
「とにかく、スキンシップが大好き。ちょっとでも感激すると、"ワ~オ!"とアメリカ人のような声を上げて、男にハグを迫るんです。スリムに見えて、実は、たわわなE乳の持ち主。ですから、ハグの幸運に恵まれた男たちは、もれなく彼女のトリコとなってしまうんです」(ドラマ制作会社スタッフ)

恋多き女の男性遍歴は、こうして積み重ねられていったのだろう。
「10歳年下のK・Kとの深夜密会がキャッチされたこともある一方、2012年にミュージカルの本場、ブロードウェイで主演を務めたあと、62歳の振付師と手をつなぎ、とあるマンションに消えていったそうです。ストライクゾーンの広さも、さすがは肉食女優ですね」(前同)

続けて、10年にC・J氏と再婚し、現在、2児のママでもあるH・R(34)。昨年2月、9歳下のイケメン俳優・S・Tとの不倫疑惑が浮上し、世間を騒がせた。
「かつて"理想の娘"として国民的人気を誇っていたHが、セクシーな網タイツにピンヒールという、大人の色気たっぷりのスタイルでSのマンションに入る姿や、高級個室スパでのデートもとらえられています。スパの個室内は、男女ともに紙パンツ一丁になる店だそうで、2人の親密さがうかがい知れますね」(女性誌記者)
気になるのは、紙パンツ一丁の2人が、個室でどう過ごしていたかということ。

欲しくなったらガマンができないのは、なんと、あの"癒し女王"I・H(38)も同じようだ。
「Iは結婚前、ドラマで共演した大物お笑い芸人の紹介で、お笑いグループNのH・Kと交際していましたが、短期間で破局しています。その原因が、強烈すぎるIの性欲にあったと言われているんです。なんでも、玄関を開けるとリビングまでたどり着く前に、Hのパンツを下ろしてオネダリ。後ろからの激しい突き上げを要求するのが、お約束だったというんです。初めこそ頑張ったHも、次第に負担となり、別れを告げたとか」(放送作家)
アラフォー女優では、昨年、不倫ドラマで大胆な濡れ場を見せたK・M(41)も、その素顔は肉食系ではと言われている。
「ドラマで見せた、ディープキスや喘ぎ顔がとにかくエロかった。しかも、"(濡れ場は)家で主人と見ていました"と話していたのが、またエロイ。そのまま"夜顔"になって、激しく求め合ったに違いありませんからね」(前出・織田氏)
"寝取られ"て発情する夫のために出演を決めた!?

特別な性癖がありそうなのは、13年6月に3歳年上の美容師と結婚し、14年4月に、第一子を出産したY・M(35)も同様だ。
「彼女は、男性の肩や二の腕を見ると、噛みたくなる"噛みフェチ"であることを明かしています。まさに、筋金入りです。まだ1歳に満たない子どもを抱えながらも、男のいい二の腕を見ると、"噛みたい"と舌なめずりしているんでしょうね」(夕刊紙デスク)

実は、あのY(34)も、こんな性癖をお持ちと囁かれている。
「カーセックス好きであることは間違いないでしょう。男性アイドルグループのO・Jとの車内密会がキャッチされたとき、優香が、停車中のOの車に乗り込んだあと、車が激しく揺れ出したのを、道路工事のおじさんたちが見て笑っていたというのは有名な話。お笑いコンビD・TのM・H、俳優のT・Sとも"揺れる車"に長時間、一緒にいた目撃情報が寄せられています」(ワイドショーのスタッフ)

自由が利かない狭い車の中での行為にコーフンしてしまうのだとしたら、なかなかのエロス上級者といえるだろう。

他方、一見、文科系女子っぽく、男に積極的には見えないA・Y(29)も、実は相当な肉食系。
「Eに始まり、O・J、O・N、S・K、M・Hと、バラエティに富んだ男性遍歴を見るだけでも、いろんな味を試したいという性への好奇心が伝わってきますよね」(前出・女性誌記者)

そして、11年に、元サッカー日本代表のM・Dと"電撃デキ婚"でゴールインしたK・R(29)も、とても一人の男で満足できるタイプではなさそうだ。
「T・HとアイドルグループのA・Jを両天秤にかけていたそうですし、I・Kとの相合傘デートがキャッチされたと思ったら、Mの子を妊娠していたんです。驚きましたよ」(芸能記者)

Mとは、出会いの時期、出産時期を考えると、妊娠したのは、交際2か月の時点であったことが判明している。
「交際2か月で、生でセックスを楽しんでいたということ。カワイイ顔をしていますが、事が始まってしまうと、ノリにノッてハメを外してしまうんでしょうね。さすがはイタリア人の父親を持つハーフ美女。情熱的です」(前同)

"電撃デキ婚"といえば、T・Y(34)もそうだった。
映画で共演したN・Sとの交際を認めたときには、すでに妊娠3か月だったことが後にわかっている。
「それ以前は、ドラマで共演したS・K、E・Y、T・S、K・R、N・Mらとの交際が囁かれるなど、稀代の共演者キラーとして名を馳せていましたが、Sの猛烈アプローチによって交際がスタートし、即妊娠。SEXに貪欲なことは明白です」(スポーツ紙記者)

モテ男をたぶらかしてきたTの男性遍歴を見ても、欲望に忠実な女であることは間違いないだろう。
「先日報じられたSの再婚に刺激を受けないはずはない。そろそろエッチな話題が飛び出すのでは、と」(前同)

年上の男にSEXを仕込まれ、気づけば肉食になっていたのは、Y・M(33)も同様か。
「06年、R・Fとの焼肉デートがキャッチされましたよね。友達だと説明していましたが、実は、しっかりつきあっていたんです。当時のYは、癒し系グラドルとして人気絶頂にありましたが、オヤジの、こってりSEXに夢中になっていたかと思うとコーフンします」(前出・芸能記者)
夫のAは、どこまで知っているのやら。
グラドルなら、K・Y(29)にはこんな噂が。
「最近、舞台の仕事に力を入れているKですが、公演ごとに一般的には無名の共演俳優と深い仲になっているとか。ところが、千秋楽と同時に関係を清算。サバサバとしたもので、次の作品の共演者に興味が移ってしまうそうです」(舞台関係者)
無名俳優になら、これから我々でもなれるかも。チャンスあり!?

2月1日に、告白系バラエティ番組に出演し、「性欲がスゴイ強いです」と、ストレートにスケベな女であることを告白したのは、NHK朝ドラのヒロインを務めたM・M(31)。「映画でヌードを披露していますが、胸を男の顔にグイグイ押しつける艶技でした。腰の動かし方が難しい"座位"も堂に入っていました。普段のプレイを再現したんでしょう」(織田氏)

対して、普段ははんなり癒し系、酔っぱらうと一転、イヤラシ系と言われていたのは、Y・M(32)。12年にデザイナーのS・N氏と結婚しているが、
「特にミュージシャンや舞台俳優に弱く、一緒に飲んでいて、熱く音楽や芝居への情熱を語られると、それだけでポッとなって、しなだれかかり、そのまま2人で夜の闇へ消えていくことも少なくなかったとか。09年にイケメン俳優のS・Yと交際宣言をし、結婚寸前まで行きながら破局したのは、彼女の発展家ぶりがSにバレたからと、もっぱらです」(芸能プロ関係者)

嗚呼、誰でもいいから1回ヤリたい!

ファンが知らない美女たちの意外な肉食SEX素顔スクープ暴露

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.