日刊大衆TOP 芸能

テレビ美女「共演絶対NGリスト」2015年最新版

[週刊大衆04月27日号]

ピザに日本酒。各々はおいしくても、組み合わせてはいけないものが世にはある。大ヤケド必至の禁断情報!

「このご時勢にまだ共演を拒むのは、よほど根深い遺恨を残している証拠。これこそ正真正銘の"共演N G"だと思いますね」
と語るのは芸能ライターの三杉武氏。古くからテレビ局でささやかれる「共演NGリスト」。その名のとおり、犬猿の仲の芸能人を挙げたものだ。ところが、
「昨今はテレビ界も不況で、芸能人も仕事が激減。共演者が嫌だからといって、仕事を断っている場合ではないんです。それどころか芸人の世界では、共演NGをネタにし始めていますからね。『笑っていいとも!』の最終回で共演したダウンタウン&とんねるず&爆笑問題しかり、不仲説のあったヒロミと堺正章しかりです」

だが、そんな流れなどカンケーないと、共演NGが横行する場所もあるのだ。
「女の世界です。女の恨みは怖い、というけど、まさにソレ。どんな良い仕事であれ"あいつが出るなら私は出ない!"と突っぱねる女優は少なくないですよ」(民放局ディレクター)

まずは、芸能界屈指の共演NG女王である沢尻エリカ(29)。4月13日からスタートするフジテレビの月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』でヒロインを務める。
復権が著しい彼女だが、かつては紗栄子(さえこ)(28)を番組収録中に泣かせたあげく、共演を拒否。さらに佐々木希(27)に対して、"そこ邪魔!"と言ってのけ、大喧嘩になりかけたという伝説もある。

イケイケのエリカ様だったが、その後、芸能界から干された時期もあり、
「今では紗栄子と仲直りして、佐々木ともドラマで共演を果たした。沢尻もだいぶ丸くなりましたね。それでも、いまだに彼女が"あの女だけは近づけるな!"と拒んでいるのが、竹内結子(ゆうこ)(35)です」(ドラマ関係者)

竹内とは前の事務所が同じで、沢尻が干される原因となった"別に"とふてくされた映画『クローズド・ノート』でも共演。
「あの騒動に先輩の竹内は当然、怒り心頭。しかも竹内は沢尻以上に鼻っ柱が強く、つまり、竹内からも沢尻は共演NGなので、万が一会ったら"最後"ですね」

暖かい春が訪れても、沢尻と竹内の間に雪どけなどありえないのだ。
春の改編で始まる新ドラマ。今をときめくアイドルの間でも共演NGは存在する。
4月14日スタートのドラマ『戦う! 書店ガール』(関西テレビ・フジ系)では、AKB48の渡辺麻友(21)が初主演するが、
「AKBサイドに共演NGなどないと思ったらビックリ。橋本環奈(16)との共演は拒んでいるそうです。理由はズバリ"比べられたくない"からだそうです」(広告代理店関係者)

"天使すぎるアイドル"というフレーズでアイドル界に乗り込んできた橋本。そのかわいさは圧倒的だ。芸能ライターの織田(おりた)祐二氏もこう言う。
「AKB側も当初はさほど意識していなかったと思います。だが、気づくと橋本は10本以上のCMに出演。しかもドラマに進出してくる可能性も高い。AKBとしても、いよいよ無視できないんでしょうね」

だが、それ以上に春の改編ドラマでキャスティングが大変だったのは、堺雅人主演の新ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)だという。
「ヒロインの蒼井優(29)さんが"問題児"。この人は堤真一や大森南朋など、中年俳優と浮き名を流しているので、共演NGが多いんです」(制作会社関係者)

実は女優の共演NGで最も多いのが、恋愛絡みだ。
「元彼との共演がマズいというより、堤や大森と以前関係のあった女優と絡ませられない。さすがに"サオ姉妹"はヤバイ」

特に堤は、松雪泰子(42)、小雪(38)、深津絵里(42)、鈴木京香(46)……と数えだしたらキリがないほど共演女優を食い散らかしてきたとされるモテ男。それらを全員外すとなると、キャスティングが難しいのだ。
綾瀬と深田はおっぱいNG!?

むろん、春の新ドラマ以外にも、いまだに一触即発の女優関係がある。
「同じ事務所の綾瀬はるか(30)と深田恭子(32)は一度も共演ナシ。綾瀬は事務所の後輩である石原さとみ(28)とは映画『インシテミル』で共演しているんですけどね」(前出の織田氏)
なぜ綾瀬は石原がOKで、深田はNGなのか。ここには意外な女心があるという。
「二人はともに巨乳で体型が似ているとあって、並ぶと比べられる。それが気に食わないみたいです(笑)」

一方、石原は思わぬ大物女優と対立を深めた。
「すでに女性誌が報じましたが、大竹しのぶ(57)とキムラ緑子(53)が、飲み屋で石原の悪口を言いまくっていたんです。記事が表に出るや、キムラは慌ててブログに"アタシは、ものすごお~~~くさとみちゃんが好きです"と取り繕っていましたがね」(芸能誌記者)

共演NGになる理由では、"キャラかぶり"もその一つ。
「今バラエティ番組で注意しているのは、壇蜜(34)と橋本マナミ(30)の共演。どちらもエロキャラで、最近は後発の橋本が頭角を現してきた。二人の共演は絶対面白いはずですが、壇蜜サイドがNGだと聞きます」

橋本に食われてしまう心配があるのだろうか!?
「いえ、壇蜜サイドはエロキャラを卒業して、CMを取りたいんです。そんな方針なのに、橋本のエロワールドに引きずり込まれたら、元も子もない」

また、女はしつこいと言うが、積年の遺恨を募らせているのが、米倉涼子(39)と菊川玲(37)だ。
「この二人も同じ事務所ですが、かつて菊川は売れっ子の米倉のバーターとしてイベントに呼ばれたことがあるんです。プライドの高い菊川はそれが我慢ならず、目も合わさない仲になったそうです」(芸能ライター)

もう10年ほど前の話なのだが、菊川はずっと恨みを抱いていたようなのだ。
「昨年末に結婚した米倉に対して、菊川は出演する情報番組で"全然知らなかった。新聞は見ないようにしている"などと、米倉のことなど関心ゼロといったコメントをしました」

今、盛り上がる米倉の離婚危機報道に対しても、本当に関心ゼロ!?
加藤アナと生野アナが禁断の共演

そして、美女たちの激烈バトルは女優の世界だけではなかった。
「最近は女子アナ界もすさまじい。代表的なのが加藤綾子アナ(29)と生野陽子アナ(30)。『めざましテレビ』をショーパンが卒業したのも、カトパンとのいがみあいが原因でした」(女性誌記者)

もともと生野アナは後輩なのに、自分より人気のカトパンが気に入らなかったが、
「すべての発端は恋愛絡みと言われています。生野の今の夫である中村光宏アナと加藤アナは以前、噂になっていますからね」

つまり、カトパンは生野に寝取られたとも言える。
だが、むろん、職場恋愛のいざこざで、社員である女子アナが共演NGなど出せるワケがない。今月3日放送の『新発見! TV大事件50年史運命を変えた衝撃の瞬間』で二人は共演。
「この番組の最中、高島彩がカトパンに中村アナの話を振ったんです(笑)。当然、加藤は"何の関係もないですよ!"と必死に弁解していましたが、その焦り方が尋常ではなく、誰もが"何かあったな"と察知しましたね」(織田氏)

そんな女子アナたちもフリーになれば、共演を拒むこともできそうだが、フリーになった女子アナは逆に共演NGを突きつけられることが多い。
その典型が西尾由佳理(37)だ。彼女はフリーの女子アナ事務所に所属しているが、なんと、同事務所の女子アナ全員から共演NGを出されているという。その理由はというと、
「ギャラですね。他の子は事務所と6対4で契約しているんですが、西尾は8対2なんです。その交渉の際、西尾は"私は格が違う"と言ったとかで……この話が漏れ伝わり、今や全員から嫌われてしまったんです」(女子アナ・ウォッチャー)

いやはやなんとも……。
嫌な奴とも仕事しなければ生き残れない時代。自分の好き嫌いで動くテレビ美女たちは、実にたくましいかぎりですな!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.