日刊大衆TOP 芸能

田中みな実「サラシつぶし」発言ほか、テレビ美女「春の事件簿」

[週刊大衆05月04日号]

「事件は、会議室じゃない、谷間で起きているんだッ!!」大ヒットドラマの敏腕刑事の名言が、今、眼前にある!

皆さんは最近、心あたりがないだろうか。春になってから、どうにも働く気になれない、それどころか薄着になった女性の胸元ばかりに目がいってしまう……。それは春の陽気のせいなのか?
いや、そうではない。

「今、芸能界では女優や女子アナたちが次々と"巨乳"という凶器を手に、あらゆる場所で事件を起こしているんです。そのせいで我々は、やたら妄想を膨らまされているんです!」
と吠えるのは、コラムニストであり、"おっぱい捜査一課"のベテラン刑事である下関マグロ氏だ。

おっぱい捜査一課とは警視庁も知らない秘密機関で、芸能美女たちのおっぱい事件を日々捜査しているという。
そして、この春は恐ろしい事件が頻発しているのだ。早速、本誌は"おっぱい捜査一課"に完全密着。テレビ美女「春のおっぱい大事件」を緊急追跡した。

まず、今、捜査一課が死に物狂いで追いかけている重要参考人が、フリー女子アナの田中みな実(28)だという。
新米デカの芸能記者が事件の概要を、こう説明する。
「先日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、田中容疑者はTBS時代に"サラシを巻いていた"と発言。本人いわく、報道番組も担当する女子アナは、"胸の膨らみが目立つのはよろしくない"と、局から指示を受けるとのことです」

巧妙な手口である。サラシを巻く=巨乳であることを暗に世間様に伝えて、妄想を掻き立てているのだ。
だが、それだけではないと言う。
「田中の供述によって、TBSの中でも巨乳と評判の江藤愛、佐藤渚、吉田明世、林みなほ、笹川友里、宇垣美里ら各アナの胸に男性視聴者は注目せざるをえなくなったのです。"彼女たちもサラシを巻いているのか!?"と」

デカたちが色めき立つなか、捜査一課屈指の推理力を持ち、"おっぱいホームズ"と呼ばれる芸能ライターの織田(おりた)祐二氏だけは冷静に事件を見ていた。
「危うく騙されるところでしたね。つい、サラシを巻いているから巨乳だと思い込んだが、以前、田中は肩まで露出したワンピース姿を見せたときも、小ぶりで形のよい美乳という感じで、巨乳ではなかった。つまり、巨乳のフリをして男性をトリコにする"サラシ詐欺"なんです」

かつて"みな実はみんなのみな実"と発言した生粋のぶりっ子だけに、捜査員も煙に巻かれるところだった。マグロ刑事は起訴に漕ぎつける方針だという。
「サラシ詐欺の場合、おっぱい刑法では今後10年間はノーブラで過ごすことになります。ちなみに没収したサラシは私が証拠として預かって、なめ回します」
田中容疑者は今すぐサラシを持って、出頭せよ!

その一方で、「NHK朝ドラ『まれ』おっぱい三昧事件」捜査本部は、今日も捜査員たちがお疲れ気味だ。
「主犯はヒロインの土屋太鳳、現在20歳。朝ドラ『まれ』ではオープニングから、逆光の浜辺で踊るシーンで巨乳を揺らしています。毎朝、あんな光景を見せられたら、朝からフル勃起で仕事になりません」(スポーツ紙芸能担当記者)

毎朝、必ずあるオープニングで、このような誘惑罪をやってのけるとは大胆不敵。ほかにも「高校の制服姿で廊下を走るときにブルンブルンと揺れている」という重要証言も届いており、"犯行"は確実だ。
さらに、土屋の母役の常盤貴子(42)も、「慌ただしく家事をしながら、巨乳を揺らしている」疑惑も浮上し、真っ黒状態なのだ。

さらに、織田氏によると同ドラマには巨大な組織が裏で糸を引いているという。
「土屋の脇を固めているのが、鈴木砂羽(42)、田中裕子(59)、門脇麦(22)、そして常盤と、4人とも映画などでヌードを披露。NHKは各世代の男性視聴者の"記憶ヌード"効果を狙ってるのでは?」

本当の黒幕は、公共放送かもしれない……。すでに被害届も出ていた。
「門脇麦は昨年の映画『愛の渦』で、モロ出しのオールヌードになっていますよね。正常位シーンでは、お椀型の美乳を汗びっしょりにして、最後はブリッジするかのような勢いで絶頂を迎えていました。あのシーンが脳裏に焼き付いているため、さわやかな朝ドラもエロい目でしか見られず、出勤の電車の中でも勃起がおさまりません」(会社員= 47)

痴漢と間違われて冤罪を生む危険もはらんでいる、おっぱいドラマなのだ。
「魔性」矢口真里おっぱい入浴

だが、マグロ刑事は言う。
「我らおっぱい捜査一課は圧力に弱いので、NHKに強制捜査はできません。ただ、何もしないわけにはいかない。オープニングの乳揺れ程度で起訴は難しいですが、実は彼女、ドラマの中で"暴走行為"を働いているんです。それがズバリ、自転車の立ち漕(こ)ぎ。座って漕ぐより、立ち漕ぎのほうが明らかに乳は揺れますし、実際に制服の胸元はブルンブルンと脈打っている様子がわかりました。とはいえ"女子高生役"ですからね。とりあえず、土屋の逮捕はしない代わりに自転車のサドル没収で、NHKと"取引"しますよ」
圧力に屈しながらも、ニヤニヤと語るマグロ刑事であった……。

そんな中、またもや緊急出動!
「現場は篠原涼子(41)の新CM『ワンダーメイク』です。"第三のブラ"という触れ込みで、エロすぎる姿をお茶の間に流しています!」
とタレ込んできたのは大手広告代理店関係者だ。早速、本誌も同行取材した。そこで見たものは――。

篠原は一人でホテルに入るや、ブラ姿で、ワイシャツを羽織るのだが、胸の谷間は張り裂けんばかりのロケット乳で、思わず顔を埋めたくなってしまう。これは重大犯罪!?
織田氏の目が光る。
「あれで41歳だなんて……。素晴らしい……」
単に目が釘づけになっているだけだった。

またも事件発生!
「4月11日放送の『電車&バスで行く! 春の三浦半島すごろくの旅7』で、あの魔性の女が入浴シーンを見せていました!」(前出の新米デカの芸能記者)

ついに捜査員が長年尾行を続けていた、あの魔性美女が、防犯カメラならぬテレビに映っていたという。
「そう、自宅連れ込み不倫で名を上げた矢口真里(32)です。矢口容疑者はバスタオルこそ胸に巻いていましたが、身長144センチと小柄ながら、ブドウの房のような釣り鐘型の豊乳であることが、タオル越しにわかります。同時に、あのようなおっぱいを、旦那以外の男に揉まれて吸われていたのだと思うと……。世の男性たちに"俺も不倫してえ"と思わせたとして、全国指名手配します」(マグロ刑事)

恐ろしいおっぱい事件に追われる中でも、ほのぼのとした人情ドラマもある。
「浅田真央の姉である浅田舞(26)が、3月末にセクシー写真集を発売されましたね。最初に見たときは"入れ乳詐欺"を疑いました。引退しているとはいえ、フィギュアスケートの選手とは思えないほど、小玉スイカを詰め込んだようなデカ乳で、これはありえない、と」(前出のスポーツ紙芸能担当記者)

すぐ調査に乗り出したが、彼女はシロだった。
「先日、雑誌の対談で明かしたところによると、なんでも彼女は引退後、15キロも太ったそうです。そして、最近のやせすぎの女性たちに"太らないと胸は出てこないので。女性って食事制限したりして頑張ってるけど、脂肪はちょっと必要だと思っています"とアドバイス。ぽっちゃり女が好きなオヤジ族の気持ちを代弁をしてくれたんです」(同)
逮捕どころか、おっぱい栄誉賞を与える予定だ。

ほっとしたのもつかの間。次の現場はテレビ東京『ウイニング競馬』だ。
「今年から司会者に就任した鷲見玲奈(すみれいな)(24)という女子アナが、清楚な顔ながらFカップの爆乳で、しかも、メガネをかけているんですよ! さらにタチの悪いことに、騎手や調教師の取材に行くと、みんな、あのおっぱいにデレデレ。クールで知られる池江泰寿調教師が"ボクが調教してあげるよ"と口走ったほどです」(女子アナウォッチャー)

巨乳にメガネとは、覆面をして万引きするほどわかりやすい姿だ。この容疑者には、マグロ刑事もデカの血が騒ぐ。
「彼女は同番組で、馬をモチーフしたロデオマシーンに乗って、激しく上下に揺れていましたね。明らかに乳揺れを意識した内容で、乳の柔らかさはもちろん、騎乗位で腰を振っている姿まで妄想させられる。これはオッパイ刑法19条"もはやAV罪"に相当する重罪です。緊急逮捕して、芸能人専用AVレーベルの『MUTEKI』さんに引き渡しますよ」
"朝のおっぱい抗争"が勃発!

捜査員が鷲見容疑者の揺れる胸に目を奪われている最中、朝のニュース番組で"おっぱい抗争"が勃発していた。
「フジテレビでは『めざましテレビ』の加藤綾子(29)が"好きな女子アナナンバーワン"の座を奪われたせいでしょうか、持って生まれた武器で逆襲に出ています。最近は、やたらシースルーっぽい衣装を着て、Eカップの胸元をアピールしているんです」(新米デカの芸能記者)

カトパンを筆頭に朝の情報番組では、NHKが熟乳でおなじみの有働由美子アナ(46)、TBSは『あさチャン!』の夏目三久(30)など、美乳勢が朝から名を連ねている。そして、この春から、ついにテレビ東京も抗争に参戦した。
「朝7時半から放送の『チャージ730』に元祖・巨乳アナの大橋未歩アナ(36)が抜擢されたんです。まさに、お父サン視聴者を狙ったおっぱい起用で、完全な確信犯ですね。独身時代から"(セックスで)バックは必要"などと下ネタトークを炸裂させてきた彼女だけに、朝はブラをつけ忘れて"今日はノーブラです"とやりかねない。いや、危険ですよ。毎日、マークしています」(マグロ刑事)

もはや、いつ大事件が起きても不思議ではない状況なのだ。
ことほどさように、おっぱいあるところに事件あり! 巨乳美女たちがいる限り、捜査一課はおっぱい事件を追いかけ、眠れない日々が続くのだ――。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.