日刊大衆TOP コラム

【岩井志麻子】格安風俗店のサツキvol.2 ある日、突然いなくなって…

1isii1

岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー
格安風俗店のサツキvol.2 ある日、突然いなくなって…


ハードなサービスが売り物の格安店。となれば、若くて可愛い子がいるわけはない、と最初からわかるだろう。いても、何かがやばい女だろうとは見当がつく。

その店には、若いのに変に落ち着いた店長がいる。取材に来た女性編集者に、サツキという女の話をしてくれた。自称、見える人。アタシ霊が見えるという種類の女だった。

「サツキは見える人なのに、見えない。っていうか、それこそ霊感ゼロの誰もがサツキの見せる写真に、変な中年女性の顔がいると見てるんですが。サツキだけは見えない、私と彼氏しか写ってないといい張る。他の人のなんでもない写真を見ると、いちいちここに顔があるだの手が写っているだの、単なる影や模様を見て騒ぐのに」

おもしろいんだか怖いんだかわからない話を聞いて、何カ月か過ぎた頃。女性編集者は再び店長に会う機会があったので、例のサツキちゃんは元気かと聞いてみたら……。
「あの子、いなくなっちゃったんですよ。五月に入ってすぐ」

と、あっさり答えられた。こういう世界の子は、辞めるといわずに辞めて、休むと連絡せずに休む子も少なくない。たいていは人気のない子、売れない子だ。そして、店長にいわせれば霊が見えるといいがちな子だ。

「でもうちって、ユルいでしょ。ふらっといなくなったのに、悪びれずにまたふらっと戻ってくる子もけっこういるんですよ」

それこそ、女性編集者も霊感ゼロの何も見えない人だが。なんとなく、サツキはもう店には戻ってこない予感がした。それをいうと、店長もうなずいた。

「僕も霊感ゼロですが。サツキはすでに、この世にもいない気がします」


岩井志麻子(いわい しまこ) プロフィール
1964年12月5日生まれ
A型
高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、1999年『ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員の絶賛を受けて、日本ホラー小説大賞 を受賞。 半生を赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈なキャラクターが注目を集める。

【岩井志麻子】格安風俗店のサツキvol.2 ある日、突然いなくなって…

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.