日刊大衆TOP 娯楽

【名馬烈伝】「スーパーカー」マルゼンスキー

ターフに刻まれし快走劇!名馬烈伝 ホースダング神津
「スーパーカー」マルゼンスキー


先週は、天王山Sでメイショウノーベルとサクラレグナムを狙い撃ち。ワイド馬券をゲットすることができた。

この2頭はともに、曾祖父がマルゼンスキー。往年の競馬ファンなら誰もが心に刻んでいるスーパーホースだ。

異国の地で生まれた外国産馬。そして、海外で受胎して日本で出産した持込馬。いまは条件次第でクラシックに出られ、優勝を争う馬もいるが、日本の競走馬生産を守る名目で、出走すら制限されていた時代があった。

そんな外国産馬、持込馬の不遇を象徴するサラブレッドが、“スーパーカー”の異名をとったマルゼンスキーである。次元の違う先行逃げ切りで他馬を寄せ付けず、ついに、全勝のまま引退してしまった名馬だ。

英三冠・ニジンスキーの仔を宿した牝馬がアメリカで購入後、日本で出産した「持込馬」。元スピードスケート五輪代表の橋本聖子さんの父・橋本善吉氏が馬主だった。

そんなマルゼンスキーは、生まれつき脚が外向しており、外向を気遣ってビッシリ調教が積めない中、1976年10月の中山でデビュー。そこで大差の圧勝を果たす。
その後も満足な調整ができないながら、朝日杯3歳Sのレコード勝ちを含む連勝街道まっしぐら。しかし、大問題が立ちはだかる。前述した通り、持込馬ゆえにクラシック出走資格がなく、競馬の祭典・ダービーに出られないのだ。

「28頭立ての大外でもいい。賞金などいらない。マルゼンスキーにダービーを走らせてほしい」

主戦だった中野渡清一ジョッキーは、こう懇願したといわれている。

ダービーの出走が叶わなかったマルゼンスキーは、「残念ダービー」とも呼ばれるラジオ短波賞で7馬身差の圧勝し、多少なりともその無念を晴らした。

次戦も快勝するや、いよいよ、トウショウボーイやテンポイントたちとの対決か! と、大いに期待が高まる。しかしその矢先、不治の病・屈腱炎を発症し、8戦全勝で引退してしまった。

合計着差は驚異の61馬身。あまりの強さに他陣営が対戦を恐れ、出走頭数が5頭程度のことも多く、レースの成立さえ危ぶまれることもあった。

早くに引退したため、マイルを中心とした実績しかないが、底知れぬポテンシャルでどこまでの距離を勝ち抜いていけたのか、興味は尽きない。
~ホースダング神津 今週の予想~
【土曜京都11R 京都新聞杯】
アルバートドック 前走初Gで見どころあった。
シュヴァルグラン 常に上位に顔を出す。
スワーヴジョージ 一息入ったが、警戒は必要。

【土曜東京11R プリンシパルS】
アンビシャス NHKマイルに出られなかったが、能力はかなりのもの。
フォワードカフェ 強敵に揉まれてきた。
ムーンクレスト レース経験の豊富さで馬券圏内を賑わす。
ロードフェリーチェ 人気薄なら注意が必要。

【土曜東京6R 500万】
チェリーサマー 中央に移っても堅実に走る。マイルでも。

【日曜東京11R NHKマイルC】
アルマワイオリ 減点材料が少なく、軸はコレ。
クラリティスカイ 皐月賞5着は立派。
フミノムーン 一発に要注意。

【日曜新潟11R 新潟大賞典】
パッションダンス 重賞ウィナー。そろそろ単争いか。
マイネルディーン 調子の良さで勝負。

【日曜京都11R 鞍馬S】
ルチャドルアスール 復調気配が漂う。
ワキノブレイブ G戦線の常連。

【日曜東京10R ブリリアントS】
キクノソル 力をつけてきた。
ドコフクカゼ 地力のあるレースぶり。
レッドグランザ ここ2戦が圧勝で恐い存在。

【日曜東京6R 500万】
グリュイエール 重賞での実績がモノをいう。
シンキングロージス 前走2着の流れに乗る可能性。

追加情報等はホースダング神津ブログをチェックしてください
http://ameblo.jp/sniperkozu/


■ホースダング神津(こうず)プロフィール
1970年生まれ。週刊大衆編集部で競馬記事を担当。昨年度は京都大賞典馬単5090円、スプリンターズSワイド4370円、アンタレスS3連単1万6260円、宝塚記念複勝820円などを的中させている。

【名馬烈伝】「スーパーカー」マルゼンスキー

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.