日刊大衆TOP 芸能

たけしさんまタモリ お笑いBIG3「笑って泣ける」名言集

[週刊大衆05月25日号]

一つの道を究めたからこそ、他人の心を動かすことができる。芸能界で第一線を常に走り続ける怪物の咆哮を一挙出し!

ビートたけし、明石家さんま、タモリ――。
1980年代から、芸能界のトップランナーとして君臨し続けてきた「お笑いビッグ3」の勢いは2015年の今日になっても、いまだに衰えを見せない。

たけしは、新作映画『龍三と七人の子分たち』が4月25日から公開され、世界中から注目を浴びているのはご存じだろうが、
「さんまさんは4月開始の新番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)でゲストにひと言もしゃべらせない暴走ぶりで、お笑いを徹底追求。"テレビらしいテレビ番組"を復活させたと話題になっています」(広告代理店社員)

タモリは、昨年3月に『笑っていいとも!』が終了。31年半も続いた番組に終止符が打たれただけに、引退説まで飛び出たが、
「『いいとも』の拘束時間がなくなって、『ブラタモリ』(NHK)が全国拡大したほか、『ヨルタモリ』(フジ系)で見せる宮沢りえとの掛け合いがウケています。視聴率も10%以上を記録する好調さです」(同社員)

浮き沈みの激しい芸能界で3人が第一線に居続けるのは、芸の実力はもちろんだが、人間性が優れていることも大きい。今回は、その内面性があふれる彼らの言葉を振り返り、そのスゴみに迫った!

まずは、誰もが知っている3人の代表的な名言を振り返ろう。
たけしの「赤信号、みんなで渡ればこわくない」は、デビュー時の伝説的なネタ。ひと言でズバリと物事の本質を突くたけし流は、ここから始まった。

さんまといえば、「生きてるだけで丸もうけ」が有名だ。いかにもお笑い芸人が言いそうな楽天的な言葉に聞こえるが、芸能評論家の三杉武氏がその背景を話す。
「さんまさんは、お父さんが再婚したり、弟さんを火事で亡くされたりと、実は幼少期にかなり苦労されています。そういうことを一切表に出さず、常に明るいキャラで全力投球。根底にある哲学が、これなんです」

また、タモリの「やる気のあるやつは去れ」は一見すると逆説的だが、「よく考えると、これほど理にかなった言葉はない」と言うのは放送作家でライターの尾谷幸憲氏。
「やる気を見せたがる人って逆に信用できないんですよね。最近の新入社員は"できます""やります""だめでした"の三段活用が多く、下手なやる気は空回り。一方で、人を騙してでもガツガツと契約を取ろうとすると、逆に、いろいろなものを失ってしまいます」

3人の言葉の深さが、これだけでもわかろうというもの。そんな彼らが人生論を語ると、どうなるのか。
まずは、たけし。
「人生に期待するな」
前出の尾谷氏は高校時代に、たけしの著書で見たこの言葉に感銘を受け、その後の生き方に大きな影響を受けたという。
「期待すればするほど、失敗したときのダメージが大きい。"期待するな"というのは、ニュートラルでいなさいという意味だと思うんです。だからこそ、たけしさんは大成功を収めたのだと思います」

もうひとつ、尾谷氏が挙げた、たけしの名言が、
「『人生は金と女』ってはっきり言ってしまおう。そうやって欲望に正直に生きれば、日本人の顔も少しは活力ある顔に戻るんじゃないかな」だ。

「最近、"自分探し"なんてよく言われますけど、そんなことよりも、金と女である、と。草食系なんてカッコつけるより、頑張って働いて風俗にでも行くというほうがスッキリしませんか?」(尾谷氏)

さんまの人生論は「人間生まれてきたときは裸。死ぬときにパンツ一つはいてたら勝ちやないか」と、非常にわかりやすい。
「実は、さんまさんは意外と死生観に関わる言葉を数多く発信しています。この言葉は、お笑いをまぶしながらも、真実をついた深い内容でもある。彼の言葉を実践すれば、成功は近いような気もします」(尾谷氏)

2人に比べれば、タモリはあまり人生論的なことは口にしない。
その裏には、「名言は好きです。でも、名言を言おうとする人は嫌いです」という考え方があるからだろう。

自分を飾らないタモリは、「いまだに何かをわかったわけでもなく、ただ迷いつつ手探りでやり続けております」と、ありのままの自分をさらけ出している。
「タモリさんの言葉は深いんですが、実は、あまりナマの姿を見せず、つかみどころがないという特徴があるんですね」(前出の三杉氏)
テレビで見せる3人の自然体

そんなタモリが、あえて自分を語った言葉がある。
「私もあなたの作品のひとつです」

これは、かつてお世話になった漫画家・赤塚不二夫氏の葬儀の際に白紙を前に、アドリブでまとめあげた長い弔辞の一節である。
「上京したタモリさんの才能を見抜いた赤塚さんが、自宅マンションに居候させたのは有名な話。このひと言で、そのときの赤塚さんに対する感謝の気持ちの大きさが伝わりましたね」(三杉氏)

タモリを評する言葉で、最もよく使われるのが「自然体」という言葉。
『笑っていいとも!』が、あれだけの長寿番組になったコツは「はりきらないこと」と明言するほどだ。

ほかにも、
「仕事も何でも反省はしない。反省ばかりしてるとバカバカしくてこれから先、やっていけない」
「(遊びは)真剣にやれよ! 仕事じゃねぇんだぞ!」
とも発言している。

その果てには、
「よく考えてみると、なんか俺、テレビに出てるほうが本来の自由な自分でいるような気がするのよ。日常生活のほうが演技しているような気がする」
と自分を分析するのだ。

「テレビで、あそこまで自然でいられる人はいません。普通はカッコつけたり気負ったりと、"スイッチ"を入れる人がほとんどだと思うんです」(三杉氏)

自然体と言えば、たけしの「ダンカン、バカ野郎」も、そうだろう。公共の電波での発言とは思えないナチュラルさがある。
「この言葉は、キツそうでいて実は愛情が感じられるし、バカと言いながらも見捨てない面倒見の良さも感じられる。たけしさんのキャラクターがにじみ出ているという点で、これもまた"軽い名言"に数えていいと思うんです」(三杉氏)

軽い名言といえば、さんまの「しょうゆうこと」も挙げられる。
「ほかの人が言っても面白くもなんともないんですが、さんまさんが言うと、ものすごく面白く聞こえてしまうでしょ? 結局、"間"なんでしょうけど、なんでもない言葉を名言に変えてしまうのが、さんまさんのプロフェッショナルなところだと思います」(三杉氏)
「結婚は障害物競争に変わる」

政治・社会問題に対する発言となると、たけしの独壇場だ。

「そもそも政治というものは、一般の人たちに気にさせてはいけないものなんだ。バカに気にさせてしまうと、とんでもないことになる」
「"清き一票をぜひともお願いします"って、お願いされたから入れちゃったら、その時点で清くはないんだよ。売春婦のポン引きとほとんど変わらない」

最初は"毒"にしか聞こえないが、実はズバリと本質を突く。これぞ、たけしの真骨頂なのだ。
一方、さんまやタモリにはむしろ、"社会問題、政治問題をあまり語らないようにしよう"というポリシーがあるようにも思える。

また、女性問題にも3人の考えは大きく表れる。
政治・社会問題に鋭い意見を投げかけるたけしに言わせれば、「男」という生き物は、
「揺りかごから墓場まで、男はそんなことばっかり考えて生きている。いかに女にモテるか、もっと言えば、いいネエちゃんとヤレるかが、男の最大の関心事なのだ。100%そうだとは言わないけれど、99%はそうに決まっている」
と言うのだ。

それだけでなく、
「恋愛はまず見た目からだよ」
「"ネエちゃんヤラせろ"とは礼儀として言う」
「いったん、自分のものになった女は、キープボトルみたいなもの。初めはうまいけど、そのうち飽きちゃうし、他の女にフラれてもあそこにあれがあるって思えるじゃない」
口に出すことははばかれるが、真実に限りなく近いのが、たけしの女性哲学だ。

一方、結婚だけでなく離婚も経験しているさんまは、
「結婚はゴールではない! スタート! しかも途中から障害物競争に変わる」
と話す。

「僕も離婚経験があるから思うんですけど、まったくさんまさんの言うとおり。この言葉を聞くと、大竹しのぶさんの顔が浮かんできて、さんまさんの私生活が垣間見えるような気がします」(尾谷氏)

私生活がミステリアスな印象を与えるタモリは、
「仕事とセックスは家庭に持ち込まない」
との言葉を残している。
実のところ「一穴主義者」であるとも言われ、たけしや、さんまのようなスキャンダルは出てこないのがタモリの特徴でもある。

このように、お笑いというフィールドが同じでも、それぞれ、まったく異なる哲学を持っているのだ。

「彼らの言葉を振り返ると、3人とも人格者だというのがわかります。それぞれのポリシー、自分の生き方を持っていて、しかも、それをしっかりと言葉にできている。我々にとって、その言葉が"生きる指標"だとすら思えます」(尾谷氏)

ゴールデンウイークが終わり、新たな気持ちで日常生活に臨む読者も多いだろう。そんなときに改めて、ビッグ3の名言を噛み締めていただきたい。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.