日刊大衆TOP 社会

台湾で“マシュマロ女子”が人気! ぽっちゃり○○予約1カ月待ち

「どんな女性が好みですか」と男性に質問すると、たいていはこう答えが返ってくるかもしれない。

「スタイルがよくて、胸はそこそこ大きくて、ウエストはくびれていて……」

しかし中には、「俺はマシュマロ女子がいい」という男性も少なくないだろう。
マシュマロ女子というのは、ぽっちゃり体型の女性のこと。数年前から雑誌などで使われている。

つまり、その方面の言葉でいえば、デブ専のことだ。台湾では、“マシュマロ女子”専門の店が大人気という。
客には女性の身長と体重が告げられるので、ハズレはない。

料金は、2000台湾ドル(約7800円)。複数プレイ(女2対男1あるいは男2対女1)は7000台湾ドル(約2万7000円)。予約制で、数週間から1カ月待ちの人気ぶりとか。

この流れは、日本から伝わったものというが、ファンに訊くところによると、「どこを触ってもプニュプニュして幸せな気持ちになれる」といった声も多い。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.