日刊大衆TOP コラム

【パンチ佐藤】グラドル小塚桃子ちゃんと野球対談vol.1

1isii1

パンチ佐藤の「野球が一番!」
第15回 グラドル小塚桃子ちゃんと野球対談vol.1


6月の声が聞こえてきてプロ野球も前半戦の山場を迎えてきました。開幕から突っ走ってきた選手たちにとって、梅雨のシーズンは疲労に湿度が重なり、一年で最も辛い時季です。売り出し中の選手はここが踏ん張りどころ。ここを乗り越えれば、波に乗れます。

さて今回から2回は、今年から僕が宣伝本部長に就任したBCリーグ「武蔵ヒートベアーズ」に関連したことをテーマとします。ベアーズの本拠地は埼玉・熊谷市。そこで、熊谷市の隣町在住のグラビアタレント・小塚桃子ちゃんと地元について語ってきました。

うまくいったら彼女、ベアーズのPRレディになれるかもしれませんよ。

001


パンチ佐藤(以下・パンチ)「桃子ちゃん、今日は宜しくお願いします。野球の話について勉強してきたみたいだけど、埼玉には西武ライオンズがありますよね。東京には、読売ジャイアンツ。これがプロ野球。社会人野球って知ってる?」

小塚桃子(以下・小塚)「それ(社会人野球)は草野球のことですか?」

パンチ「早稲田対慶応の大学野球は知っているよね?」

小塚「はい、分かります」

パンチ「アマチュアには高校野球、大学野球、社会人野球とあって、草野球とは違うのね。社会人野球で埼玉の強豪は本田技研――この会社名は分かるでしょ? あとは日本通運…“引越しの日通”など。こういった企業が野球チームを持っていて、選手は野球人として働いている」

小塚「なるほどですね」

パンチ「社会人野球の選手は、練習と試合が生活の基盤。いわばセミプロ。例えば、桃子ちゃんが知っている電化製品メーカーや自動車の会社を言ってみて」

小塚「パナソニック、東芝、トヨタ…」

パンチ「まさに、いま言った企業が社会人野球連盟に加盟していて社会人チームを持っているわけ。ただ、野球が生活の基盤ではあるけれど、仕事もしている。つまり、社会人野球の選手はサラリーマンなんですよ」

小塚「分かりやすい説明を有難うございます」

パンチ「社会人野球の1つ上にBCリーグと言って、お金はあまり貰えないけれど、選手は野球1本で生活している。この組織はプロ野球と呼ばれるんですよ。そのプロ野球チームがこのたび、熊谷にできた。熊谷といえば、最高気温…そこで“暑いぜ熊谷”から『ヒートベアーズ』。ベアーズが所属しているリーグは、石川、富山、福井、長野、新潟、そして群馬。ここに新たに今年、福島とベアーズが加わり計8球団となった」

小塚「へえ~、熊谷にプロ野球ですか!」

パンチ「ヒートベアーズは暑い熊。これを機会に、贔屓球団になってくださいね。お願いします」

小塚「はい。もちろんです。熊谷でベアーズのポスターはよくみかけます。応援しますね」

パンチ「僕は神奈川県川崎市出身で、元オリックスの選手でした。知人から“ベアーズができたので、宣伝部長になってください”と言われたのね。“僕はそんな難しい事はできないよ”とやんわりお断りを入れたけれど、“熊谷の街に来た時、声をかけられたら“ベアーズをよろしく”と言ってくれるだけでいいので”と返されたので受諾したんです。ところで、桃子ちゃんは自宅から通われているようで?」

小塚「そうなんですよ」

パンチ「僕は武蔵小杉から熊谷へ…」

小塚「湘南新宿ラインで1本ですね。意外と近くないですか?」

パンチ「そうなのよ。武蔵小杉から1時間で熊谷。近いね~。グリーン車OKだから。やっぱり快適だよね。桃子ちゃん、ご両親のお仕事は?」

小塚「父は普通のサラリーマンで、母が児童文学の作家です。もともと、兵庫県宝塚市出身ですが、阪神大震災で家が潰れたので、父の出身地である埼玉に引っ越して来たんです」

パンチ「震災を経験しているんだね。僕も、オリックスに在籍していたから、兵庫県神戸市須磨区に住んでいました。震災が起こったのは1995年1月17日。僕は94年のオフに戦力外通告を受けて、震災の時は芸能界に身を置いていた。だから、この時は川崎にいて、震災には遭っていない。ただ、僕は年明けにゆっくり引っ越そうと考えていた。ところが、妻はそれに反対。川崎への引っ越しを急かせた結果、僕は偶然、被災せずに済んだわけ。妻の判断に感謝したけれど、しばらくお世話になった神戸の街を見た時、複雑な気持ちになったね」

小塚「私は3歳の時に被災したので、記憶が薄れていますが、当時を知る人にとっては一生忘れることのできない大惨事でしたね」

パンチ「僕はいま、東日本大震災の復興を僕なりに手伝っているけれど、これは一生の仕事だと考えていますよ。ご両親は僕と同じくらい?」

小塚「そうです。父は51歳で母は50歳です。パンチさんは凄いお若いですねえ。見えない!」

パンチ「桃子ちゃんの性格は?」

小塚「ポジティブなところ。あまり考え込まない。“次! 次!”となるところですかね」

パンチ「こういう娘はプロ向き。次回にこの続きの話をしましょう。やっぱり“野球が一番!”」


パンチ佐藤(ぱんち・さとう)プロフィール

1964年12月3日生まれ
亜細亜大学から熊谷組を経て、オリックスにドラフト1位で入団。プロ野球時代、トレードマークのパンチパーマと独特な発言で人気者に。引退後はタレントとしても活躍し、2015年シーズンからBCリーグ『武蔵ヒートベアーズ』の宣伝本部長に就任した。

【パンチ佐藤】グラドル小塚桃子ちゃんと野球対談vol.1

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.