日刊大衆TOP トレンド

乱獲・円安で大ピンチ 日本の回転寿司が危ない!

[週刊大衆06月01日号]

アベノミクスに、ウクライナ情勢。政治の余波を受けて、安くてうまいささやかな楽しみが風前の灯に――。

日頃の昼食にも家族サービスにも重宝する回転寿司は、庶民の強い味方。
だが、その回転寿司がネタの仕入れ価格の高騰によって、危急存亡の時を迎えつつあるという。
「その典型例がサーモンの仕入れ価格の高騰です。大手食品会社が行った調査によれば、回転寿司で最もよく食べられているネタはサーモン。その一番人気のサーモンが昨年夏頃から、約20年ぶりに高騰を続けているんです」(食品業界紙記者)

寿司ネタに使われるサーモンには、アトランティックサーモン(サケ)とトラウトサーモン(マス)の2種類がある。どちらも養殖ものだが、養殖技術の向上によって安定した供給が可能になり、これまでは価格の変動も小さかった。

ところが、トラウトサーモンは前年比で約15~16%も価格が上昇しているのだ。"物価優等生"と言われてきたサーモンの価格が、なぜ急騰したのか。
「風が吹けば、桶屋が儲かる」ではないが、その背景には、昨年3月に起きたロシアによるクリミア半島編入に端を発したウクライナ情勢があるという。

ロシアのプーチン大統領の強硬姿勢に反発した米国とEUは、ロシアに対する経済制裁を発動したが、
「昨年8月、プーチンはEU諸国から食肉や魚介類、農産物などの輸入を1年間禁止する対抗措置を取りました。これによって、サーモン生産量世界一のノルウェーとロシアの取り引きが停止状態になったんです」(経済ジャーナリスト)

ロシアは、代わりにサーモン生産量世界第2位のチリとの取り引きを画策。このため、チリ産サーモンの価格が急騰する結果に。
「チリ産のサーモンを輸入していた日本は"ロシア参入"のとばっちりを受ける形になりました」(同ジャーナリスト)

さらに、アベノミクスによる円安で輸入品の価格が軒並み高騰。寿司ネタとなる海産物も例外ではなく、仕入れ価格が急騰する結果を招いている。また2年前にチリ産の養殖サーモンにウイルス性の病害が広がり、生産量が激減。需給が逼迫(ひっぱく)したことで価格が高騰したという事情もあった。
「同じ頃、ノルウェー産の養殖サーモンも低水温による成育の遅れが原因で生産量が減少。価格が急騰しています」(同)
世界で広がる寿司ネタ争奪戦

だが、たとえ仕入れ価格が上がっても、回転寿司の場合、"一皿100円"を売りにしている店舗も多く、簡単に小売り価格に転嫁するわけにはいかない。

さらに深刻なのは、乱獲による水産資源の枯渇、漁獲量の減少だ。これはサーモンに限った話ではない。
「高級なトロが取れるクロマグロのほか、日本では刺し身用のマグロとして最も消費量の多いメバチマグロも、乱獲が原因で個体数が激減していることが明らかになっています。水産総合研究センターの報告によれば、日本漁船の主要な漁場である中部太平洋におけるメバチマグロの資源レベルは"低位"で、今後も減少が続くと警鐘を鳴らしています」(全国紙社会部記者)

メバチマグロに関してはすでに96年、国際自然保護連合(IUCN)が「絶滅の恐れがある種」に指定している。
「成魚だけでなく、幼魚も根こそぎ捕ってしまう巻き網漁の普及も資源レベル低下の一因」(同記者)
とされるが、今後、漁獲量の削減が世界規模で検討されることは必至の情勢だ。

ニホンウナギが絶滅危惧種に指定され、価格が高騰。庶民の口に入りづらくなったのと同じことが、回転寿司でも起きかねないのだ。

そして、魚の乱獲の背後にあるのが世界的な寿司ブーム。すでに欧米では寿司と日本食が定着しているが、近年はアジアでも寿司の人気が高まっている。
「今、アジアはちょっとした回転寿司ブーム。台湾の『争鮮すしエクスプレス』は台湾に200店舗。マレーシアの『すしキング』も国内に100店舗を展開しています。一方、以前は刺し身を食べる習慣のなかった中国人も富裕層を中心に高級マグロを爆買い。世界を舞台にした寿司ネタの争奪戦が始まっています」(前出の食品業界紙記者)

日本の回転寿司チェーンが苦戦を強いられるのも無理はないのだ。
「このまま魚の価格が高騰し続けるようなら、"一皿100円"を維持するのは難しいかもしれません」と前置きしたうえで、回転寿司評論家の米川伸生氏が言う。
「ただ、日本の回転寿司各社もネタの仕入れに独自のルートを開発するなど、企業努力を続けています。くら寿司の新メニュー"みかんサーモン"は伊予柑の皮から抽出した餌を与えることで、みかん風味のサーモンを作り出すことに成功した意欲作。スシローも"国産生本マグロ6貫盛り980円"という、お得なメニューを目玉にしています」

カフェや居酒屋の要素を取り入れた店舗など、新機軸を打ち出す回転寿司チェーンも珍しくない。
「メニューの多極化や高級化など、生き残りを賭けた各社の経営戦略に注目したいですね」(米川氏)

ピンチのあとにチャンスあり!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.