日刊大衆TOP 芸能

横浜DeNA中畑清監督 オモシロすぎる「絶好調!!」キヨシ語録

[週刊大衆06月01日号]

常に明るく、思ったことはズバズバと言って、決してあとに引きずらない。人心を引きつける名将の言葉の秘密!

「やってて楽しいね。こんなんでいいのかと思うくらい。日替わりのヒーローが出てくるってことが、メチャいいね。最高です!」
横浜DeNAベイスターズの中畑清監督(61)が、こう満面の笑みを浮かべたのは、5月13日の中日戦後のことだった。

チームは6対3で勝利し、首位をキープ。さらに、監督通算200勝に到達したのだから、その喜びもひとしおだったのだろう。
「……やったー(小声で)小さく喜ぼうね。別に大した……大したことですよ、僕にとっては。200もできるまでやらしてもらって、ありがとうございました! (脱帽して一礼)。はい、おめでとうございました!」

球場を後にする指揮官の足どりは軽やかだった。
熱烈な横浜ファンで、『ウルトラセブン』のアンヌ隊員役などで知られる女優のひし美ゆり子さんも、
「毎日が楽しくてしょうがない。このまま優勝なんてことになったら、寿命が10年は伸びちゃう」
と相好を崩すほどの快進撃を続けているDeNA。

「指揮官として最も重要な能力のひとつが、選手のやる気をかき立てること。何気なくかける言葉や試合後のコメントに選手は鋭敏に反応する。中畑さんは、それが抜群にうまいんです」(専門誌記者)
スポーツ紙を彩ってきた「キヨシ語録」と、チームの躍進には密接な関連があったのだ。ということで、改めてキヨシ監督の「絶好調!!」語録を詳しく見ていこう。

余談だが、"キヨシ監督"という呼称について、ご本人が『夕刊フジ』のインタビューで、「うれしいね。プロ野球80年の歴史の中で、(下の)名前で呼ばれる監督が他にいたか? 本名で呼ばれるのはオレしかいないと思う」
と語っているので、本誌も折に触れて"キヨシ監督"と呼ばせていただく。

さて、今季のDeNAは、1番石川雄洋、3番梶谷隆幸、4番筒香嘉智、5番ロペス、6番バルディリスら打撃陣が絶好調。そこに、リリーフ山口俊の先発転向、ドラフト1位ルーキー・山﨑康晃の抑えでの起用が大成功し、チーム力が飛躍的に上がった。

3月23日、ファンミーティングの席上で、山﨑は抑えに任命されている。
中畑「ショートイニングでいい球を投げる。抑えをやりたいか?」
山﨑「やりたいです」
中畑「OK、やってみろ。どうせやるなら厳しいところでな」
山﨑「開幕からストッパーで活躍します」
中畑「おまえ、責任取れよ」
というやり取りに会場は爆笑に包まれたが、山﨑は5月14日現在で16セーブと大活躍。

「本人がツーシームと言う落ちる球は、見ていて打てる気がしない。与田剛の新人最多セーブ記録31を塗り替える可能性は高いですね」(前出の専門誌記者)

投のニューヒーローが山﨑なら、打で開花の時期を迎えたのが筒香だ。
かつて、日本代表の小久保裕紀監督に対し、「一番推薦したい。筒香、どう?」と報道陣の前で"公開売り込み"をかけたこともある中畑監督だが、今季はさらにエスカレート。
「今シーズン、もう筒香と心中するつもり。そのくらい期待しています」と宣言したのだ。

その期待に、筒香は5月14日現在、打率2位、本塁打2位、打点1位と"準三冠王"の働きで応えている。3月28日に巨人の西村健太朗から放った第2号は、東京ドーム右翼の『へーベルハウス』看板を直撃。賞金100万円、と聞いたキヨシ監督は、
「絵に描いたようなホームランだった。子供たちに見せてあげたい。カッコイイよ。思わずサインしてほしいくらい。100万円の領収書にサインしようか?」
と、勢いと謎にあふれたコメントを残している。

「以前、横浜スタジアムで試合を観ていたら、筒香が打ったのよ! 私、ものすごく興奮して、過呼吸になっちゃって。タクシー呼んでもらって途中で帰った。それぐらい興奮するの、筒香が打つと!」
と、前出のひし美さんが語るように、見る者を魅了する筒香の打撃。今季から23歳の若さで主将を務めるが、そこには指揮官の深謀遠慮があった。

取材歴40年のベテラン野球記者の江尻良文氏が言う。
「昨季までの石川から筒香への主将の交代は、上り調子の筒香に自覚を持たせて、中心打者に育てようという意図があります。それと同時に、石川を主将の重圧から外し、打撃に専念させるという"一石二鳥"を狙ったものでした」
当初は辞退したが、「ゴウ、やってみろ」との中畑監督の言葉に、重責を承諾。その結果、両者の好成績となっている。

強いチームにはベテランも欠かせない。
「開幕投手は34歳の久保康友が務め、41歳の三浦大輔も5月5日に初登板初勝利を記録しました」(前出のスポーツ紙デスク)

試合後、中畑監督は
「大輔にとっても大事な試合だった。なんとか白星をつけたいと、みんなが一つになった」
と、ねぎらっている。
「辰っちゃん、ありがとう!」

キヨシ監督自身の大事な試合というと、やはり巨人戦になるだろう。
昨季、原巨人に13勝11敗と勝ち越し、今季開幕前のインタビューで、
「巨人に唯一、勝ち越したのがウチだもんな。グフフ……本当に選手のおかげ。ジャイアンツコンプレックスのない若い選手たちが取り返してくれた」
と喜んでいる。

前述のファンミーティングで、原辰徳監督に「ジャイアンツの大型三塁手と言えば、長嶋さん、中畑さん、原辰徳、岡本です」と名前を挙げられ、大喜び。
「長嶋さんを引用しながら俺の名前も入れてくれて……うれしかったね。辰ちゃん、ありがとう!」

さらに、原監督がインフルエンザで休養すると、
「治し方を教えようか? 部屋の中でジッとしているしかない」
と、監督1年目のキャンプ中に隔離された"先輩"としてアドバイスを送った。

さらに続けて、
「今日は川相が指揮を執る? ワザと、うつしたんじゃないか?」
と、原監督より先にインフルエンザで休養していた川相ヘッド犯人説まで披露するなどノリノリだった。

「メディアに対しても、常に中畑さんはサービス精神旺盛。全監督に見習ってほしいですよ」(テレビ局関係者)

ちなみに、14年のDeNAの観客動員数は156万4528人。中畑監督就任前年、11年の110万2192人と比べて、実に46万人も増えている。
「勝敗にかかわらず試合後のインタビューに応じ、お客様とも常に笑顔で接している。監督のそうしたサービス精神が、球団とともにファンサービスという面で、観客動員に結びついていると思います」(横浜DeNAベイスターズ広報)

まさに「絶好調」なキヨシ監督だが、球団広報からは意外な真実が……。
「絶好調、は監督ご本人はおっしゃらないですね。選手時代の口癖なので……。ただ、今年のスローガン『導(みちびく)』は監督ご本人が考えた言葉で、選手とファンがお互いに優勝を目指して導きあっていく、という思いが込められています」

4月9日、阪神戦に勝利して単独首位に立ち、
「首位? 住みにくいんだよね。あそこのポジションは。落ち着かないね」
と語った中畑監督。しかし、シーズンの最後に、ふさわしい場所になっている可能性は大いにある。

かっ飛ばせ、キヨシ~燃えろ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.