日刊大衆TOP トレンド

握力により心臓病や脳卒中の危険性が分かる!?

もしも、将来の病気の発症リスクが簡単に分かる方法があるとしたら?  実はこのほど、英医学専門誌「ランセット」に、ある画期的な研究結果が報告され、それが夢物語ではないことが分かってきた。

その報告によると、カナダのマクマスター大学が主導した国際研究チームは、世界17カ国で35~70歳の患者14万人近くを対象に、4年間健康状態を調べ、ジャマー型油圧握力計で患者たちの筋力を測定した。

ちなみにこの実験では、各患者の年齢、身体的特徴、教育水準、職業的地位、タバコや酒の摂取度など、健康に影響を及ぼす要因を考慮して統計処理を行ったという。  

この大規模で地道な実験の結果、握力が5kg低下するごとに、何らかの原因による死亡のリスクが16%も増加する関連性が認められ、心臓発作のリスクは7%増、脳卒中のリスクは9%増だったという。
さらに、最高血圧よりも握力から検知した方が、死亡リスクに対する有意な予測因子であることが判明した。
同大学のダリル・レオン助教は、心臓発作や脳卒中の発症リスクを安価で簡単に判定できる手段として、握力検査を用いることができる可能性を示唆している。つまり、手を固く握りしめるというごく簡単な行為が、健康のバロメーターになるというのだ!  

一方で、糖尿病や呼吸器系疾患、転倒による外傷や骨折などと握力との関連性は認められず、握力の強さが各人の民族や体の大きさなどによって異なる可能性も否定できないため、さらなる研究が必要だ。  

しかし、今後の研究によって、病気のリスクをより簡単に早期に発見し、改善に向けての対策がより早いうちにできるようになれば、こんなに素晴らしいことはない。今回の報告によって、その夢も遠くはない、と思えてきた。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.