日刊大衆TOP 芸能

松方弘樹の巨大マグロが184万円! 6時間半の死闘の果てに…

大物俳優の松方弘樹(72)は、釣り師としても有名。08、09年に山口県で開催された「萩クロマグロトーナメント」では、2年連続で優勝した実績を持つ。
その松方が、5月26日の深夜、沖縄・波照間の西で、361㎏のクロマグロを釣り上げた! 夕方7時ごろヒットし、約6時間半かけて釣り上げたという。

そのクロマグロが5月30日、築地市場でセリにかけられ、184万8000円(1㎏当たり6000円)で落札された。
競り落としたのは、『すしざんまい』チェーンを展開する喜代村(木村清社長)。2013年の初セリで、大間のクロマグロ(222㎏)を1億5540万円で競り落として世間の度肝を抜いた、あの人物である。

大物俳優が釣り上げた大物マグロを、これまた話題の人物が競り落とす。ある意味、水産業界での醍醐味といえるかもしれない。
このマグロ、にぎりにすると1万2000貫ぐらいになり、『すしざんまい』で通常の値段で売られたという。なかなか、豪気な話ではないか。

今年の4月9日には、和歌山県那智勝浦港に411㎏のクロマグロが水揚げされたばかり。まさに、モンスター級の巨大マグロだが、これが日本では過去最大とされている。

このニュースは、全国のマグロ釣り師の闘争心を多いに刺激したことだろう。松方弘樹には、ぜひともその記録を塗り替えてほしい。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.