日刊大衆TOP 芸能

吉高、長澤、北川etc、芸能美女「酔いどれ酒豪伝説」

[週刊大衆06月22日号]

吉高、長澤、北川etc、芸能美女「酔いどれ酒豪伝説」

飲んでハジけて男をパクリ! 海千山千の猛者が集う芸能界、杯を重ねて作った猛者たちのギョーテン逸話を徹底暴露!!

梅雨入り前から真夏日が続いた日本列島。今年もビールのうまい季節がやって来た。アルコールが大好きな芸能美女の飲みっぷりを覗いてみることにしよう。
酒にまつわるエピソードの多さで群を抜いているのが吉高由里子(26)。アルコールなら何でもござれの彼女だが、
「ビールの一気飲みを繰り返してから、ハイボールに突入というのがいつものパターン。周囲に"どんどん行きましょうよ~"とガンガン酒を勧めるのが吉高流です」
と、芸能ライターの織田(おりた)祐二氏が解説する。

「飲んでる間は終始、ハイテンションで、ミニスカのまま大股開きをして、男性スタッフや共演者に"あ~っ、今、私のパンツ見たでしょ~? 絶対見た見た~、キャハハッ"と絶叫して喜んでるそうです。そうかと思えば、男に"おまえ、最近、いつセックスした? しなきゃダメだよ~。私はもちろんやってるよ!"と絡み出すこともあるとか」

昨年の吉高はNHKの朝ドラ『花子とアン』に主演し、暮れには『紅白歌合戦』の紅組司会とフル回転。本人の希望もあって今年は仕事をセーブしているが、酒をセーブしている気配はない。
「彼女は大勢でワイワイやるのも好きですが、一人で飲むのもいけるクチ。赤坂の居酒屋にフラリと入ってきて、隣のオヤジに話しかけながら"ウイッ"と、出演したハイボールのCMさながらに飲んでる姿も目撃されています」(女性誌記者)
オヤジフレンドリーな吉高と一緒に飲みたいというお父サン方も多いはず。

一方、長澤まさみ(28)の酒もひたすら明るく、ハイテンション。
「ワインやシャンパンをぐいぐい飲んでも平気な顔をしてますね。下ネタも得意で、ドラマの打ち上げで、"このドラマに出演して一皮も二皮もムケることができました。男の人はよくわかると思いますけど"と挨拶して、バカ受けしたこともありましたね」(制作会社スタッフ)

芸能評論家の三杉武氏は次のように話す。
「長澤はオヤジキラーなんですよ。リリー・フランキーが彼女のことをかわいがっていて、一時期、よく一緒に飲んでましたね。酒席で屈託なくふるまう彼女はオヤジたちのハートをわしづかみ。なかなかの小悪魔ぶりですよ」

酒を飲むと思いっきりハジケるのはローラ(25)。
12年末には『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の忘年会で泥酔して顰蹙(ひんしゅく)を買った彼女だが、飲みっぷりは今も変わらない。
「ローラの飲み友達だったSHELLY(シェリー)いわく、"彼女は飲むと普段の10倍キャラが凄くなる。突然、奇声を上げたり、お店に大迷惑。もう、アンタとは飲みません!"だそうです(笑)」(前出の織田氏)

一方、酒量はそれほどでもないが、酒好きなのが北川景子(28)。飲めば陽気になるのは他の美女優と同じだが、
「神戸出身の北川は飲むと関西弁になるんです。ノリがよくて、飲むと色っぽい彼女と一緒に飲みたがる関係者は非常に多いですね。映画で共演して以来、仲のいいドランクドラゴンの塚地武雅と飲むときは"オイ、この豚野郎!"と叫ぶこともあるそうですが、これは塚地に"豚野郎と呼んでほしい"とリクエストされたのに応えただけなんだとか」(前出の三杉氏)

最近、熱愛中とされるDAIGOとのツーショットが六本木で目撃されたが、
「北川はDAIGOを背後から何度もハグ。2人の熱々ぶりが伝わってきましたね」(芸能記者)
問題(?)はDAIGOが下戸なこと。本人も「酒はあまり飲まない。むしろ苦手」と明かしている。
それでも酒席ではウーロン茶を飲みながら何時間でもつきあう心優しさを持っているDAIGOのこと。そのうち、彼が酔っ払った北川を介抱する姿が見られるかも!?

放送中のドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジ系)も好評な沢尻エリカ(29)も酒がらみの武勇伝が多い。
「クラブで泥酔して、おっぱいポロリのままで踊っていたこともありましたね。酔った彼女がエイベックスの松浦社長にビンタした事件も有名です」(芸能記者)

エリカ様と呼ばれたのも今となっては昔のこと。最近の彼女はかなりおとなしくなったそうだ。
「もっとも飲むときはめちゃくちゃ飲んでますけどね。大好きな高級シャンパンの『ヴーヴ・クリコ』が次々に空になっていく様は壮観ですよ」(同記者)
深田恭子は酔うと甘えん坊に

以前に比べればおとなしくなったのは深田恭子(32)も同じだ。かつては「お疲れさまビールは欠かせません」「毎日、シャンパンを飲んでます」と豪語。夜な夜な六本木、西麻布、新宿二丁目に出没し、朝まで飲むことも珍しくなかった深キョンだが、最近は"家飲み"が増えたらしい。

「2年前に別れた五十嵐麻朝は調理師の免許を持っていて、毎日、彼女のためにカロリー計算をした手料理を作っていたそうです。そのおかげで深キョンは家飲みの良さに目覚めたといいますね」(女性誌記者)
酔うと「恭子はね~」と甘え、男をメロメロにしてきた深キョンも、そろそろ無理のきかないお年頃になったということか。

離婚騒動の渦中にある米倉涼子(39)も、今は酒どころではない心境だろう。
かつてはイケメンを侍らせて"女王様飲み"していた彼女だが、昨年12月に2歳年下の会社社長と結婚。そのわずか3か月後に離婚危機が浮上したとあっては、外に飲みに行く気にもなれまい。
「米倉は小泉今日子率いる小泉会の中心メンバーですが、さすがに今は顔を出していないようです」(スポーツ紙記者)

今年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』のヒロイン、井上真央(28)も視聴率が一ケタ台まで急落。ワースト記録を更新中とあっては酒どころではないはずだ。
「彼女はもともとイケるクチで、少し前には"最近は家でしっぽり飲むことが多いですね"と話していた。噂の松本潤と自宅で、しっぽり飲んでるものとばかり思ってたんですが……」(織田氏)

5月中旬、都内のビアレストランでジョッキを空ける井上の姿が写真誌に激写されたが、思いつめたような表情からは「飲まなきゃやってらんないわよ、プハ~ッ」という彼女の気持ちが痛いほど伝わってきた。

一方、ウワバミ級の酒豪として知られる芸能美女もいる。
夫のいぬ間の火遊びが原因で離婚を余儀なくされた矢口真里(32)は、その代表格と言えるだろう。
「一晩で日本酒の一升瓶を空にしたなんてのは序の口。テキーラ30杯を、シャンパンをチェーサーにして飲み干したなんて話もあるくらい。一緒に飲んだ男をお持ち帰りすることもあったようです」(夕刊紙記者)
居酒屋の激安タイムを狙って

榮倉奈々(27)も芋焼酎のロックが好きという酒豪。
本人いわく「飲んだら記憶が飛ぶんです」だそうで、「気がついたら服を脱いでいたなんてこともあったようです」(女性誌記者)

栗山千明(30)も根っからの酒好きだ。
「自宅で一人酒するときは鳥刺し、焼鳥、白子、あん肝を肴に、日本酒や焼酎を飲むのが好きとか。休みの前日はとことん飲んで、寝て、夕方に起きてまた飲むそうです」(織田氏)

赤ちょうちんで一杯やるのも大好きというから、そこらのオヤジ顔負けだ。大島優子(26)も"中身はオヤジ"と評されるだけあって、かなりの呑ん兵衛。
「以前、日本アカデミー賞の授賞式に出席したときは前田敦子と日本酒を10杯以上もクイックイッと飲んでましたね」(芸能記者)

人気グラドルで女優の中村静香(26)も酒好きだ。
「時間があるときは開店直後の激安タイムを狙って夕方4時、5時から居酒屋に行くというから本物です。ビールを飲みながら趣味のあやとりを始め、マネージャーに"これ、な~んだ? 答えはおちょこ~。熱燗いっちゃいま~す"とかやってるらしい(笑)」(織田氏) テレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』では飲むしぐさを競う『飲みカワアイドルNO.1』なる企画で3連覇を達成している。

主演ドラマ『ドS刑事』(日本テレビ系)の視聴率が好調な多部未華子(26)も酒は強い。ワインなら普通に1本空けられるそうで、以前、共演した三浦春馬が「彼女は飲んでもあまり変わらなかった」と証言しているほど。
「先日、多部と交際中の俳優・窪田正孝との居酒屋デートが激写されましたが、2人はしっかり飲んでから彼のマンションへ消えていったそうです」(芸能記者)

芸能美女にとっても、酒は男女の貴重な潤滑油になっているようである。

吉高、長澤、北川etc、芸能美女「酔いどれ酒豪伝説」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.