日刊大衆TOP 娯楽

パチスロは「低投資」でも勝てる!? 限られたお金での勝負術とは?

パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ
第28回 「低投資でパチスロと付き合うための心得」


以前、とあるパチスロ番組で「投資上限」を決められて実戦に臨んだことがあります。こんな職業をしておりますし、「打つ」と決めたらトコトン行く僕ですんで、なかなか頭を悩ませました。

とはいえ普通に考えれば、お小遣い制で日々をしのぐ大黒柱の皆様も少なくないわけで、常に投資上限あって当たり前の方々が確実に存在する。そこで今回は、それをテーマに据えてみようと思います。

「投資額に限りがあるパチスロ」
思いつく選択肢ごとに考えてまいりましょう。

■当たりやすそうな所だけ打つ
まずはコレですよね。高設定の期待できそうなノーマルタイプや「ゾーン」と呼ばれる特定ゲーム数を打つ。

具体的な例としては、REG出現率の良好な『ジャグラー』や、『押忍!サラリーマン番長』のゾーン(200~250ゲーム、400~450ゲームなど)手前で空いている台を狙い打つ。

これで初当たりまでの投資が安く済む可能性がグンっとアップします。しかし、この選択肢の最大の欠点は「当たらない可能性がある」ということ。いくら高設定が期待できるノーマルタイプでも、ヒキに恵まれなければ当たりませんし、ゾーン狙いでも当たらなければゾーンのゲーム数なんてあっという間に抜けてしまう。

せっかく打ちに来たのに、なぁんにも当てずに帰るハメになりかねない……というデメリットがあります。

■天井ゲーム数まで近い台を打つ
いわゆる「ハマリ台狙い」ですね。頭上のゲーム数カウンターの数字が天井ゲーム数に近い台を、とにかく当たるまで打つ。こちらの打ち方であれば、当たらず帰るということは避けられる。しかし、ハマっている以上、少なからず高設定の期待度は落ちてしまうわけで、初期投資は上の選択肢より多くなりがち。

それこそ天井直前なんていう、天然記念物ものの空き台を発見できれば別ですけれども。
座る台としては、もちろん天井ゲーム数に近ければ近いほど良いわけですが、ここでクイズを1問。さて、次の2台のうち、天井に近いのはどちらでしょうか。

【1】900ゲームヤメの『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』
(ちなみに天井は1480ゲーム+前兆)

【2】700ゲームヤメの『麻雀物語3』
(ちなみに天井は1500ゲーム+前兆)
簡単な引き算の問題で、ゲーム数的に天井に近いのは明らかに【1】です。しかし、想定しうる天井ゲームまでの投資額的な近さ、つまり大当たりまでの投資額の少なさで考えると、答えは驚くなかれの【2】なのであります。

『ゴッド凱旋』はコイン50枚で回せるゲーム数は約25ゲーム。1000円で50枚と考えれば、天井ゲームまで約2万4000円かかる計算です。

一方、『麻雀物語3』の50枚で回せるゲーム数は、なんと約47ゲーム。同じ考え方でいくと天井まで約1万7000円で到達できるわけです。

もちろん天井ゲームに到達した際の恩恵の違いもあるので、その距離(ゲーム数的な距離であっても投資額的な距離であっても)だけでどちらが得かは比べられませんし、期待できる初当たり確率やゾーン等もあるので、平均初期投資額も単純には比べられません。

しかし、想定しうる最大投資額には、7000円もの差があるわけです。見た目上は200ゲームもゲーム数が浅いのにもかかわらず。

最近『麻雀物語3』や、先日導入された『ドラゴンギャル~双龍の闘い~』(50枚あたり約59ゲーム回る)など、高ベース(=通常時のコイン持ちが良好なこと)なAT機がホールへとデビューしてきております。
これらの台は、当たってしまえばAT機らしい高い出玉性能を誇っているにもかかわらず、通常時のコイン持ちがすこぶる良い。つまり、見た目上よりも天井までかかる投資額が非常に少ないわけです。

しかし当たり前ですが、そのかわり初当たり確率が悪くなっているため、ハマりやすい。わかりやすく言うと、のんびり遊べるAT機といった感じでしょうか。
当たるまでに時間がかかりやすいため、残り時間には注意が必要となってくるわけですが、「2万円以内でどうにかATを1回は当てたい」とか「とりあえず少ない投資金額で一度はスタートラインに立ちたい」とか、そんな願望にはもってこいなわけです。

逆に「当たらなくても投資がかさんでも、スピーディーに決着をつけたい」という願望で打つなら、『ミリオンゴッド凱旋』のような台がもってこいとなる、と。

さらにはこちらも最近デビューした『パチスロ ゴッドイーター』。出玉性能もそれなりに高いAT機で、コイン持ちは50枚あたり約31ゲームと普通ですが、天井が777ゲームとすこぶる近い。その代償として初当たり1回あたりの期待獲得枚数が控えめな印象ですが、こっちも少ない投資額で1回はスタートラインに立てる機種です。


……といった具合に「天井を見据えて」という台選びだけでも、これだけの多様な選択肢が隠れているわけですが、最終的にはそんな中から自分好みの台を選びましょう、と。

冒頭の「投資上限」を決められた番組で僕が辿りついた考えは、負けないように立ち回るのはもちろんのこと、「どれだけ満足して帰れるか」だったわけです。

投資可能な残り金額。遊戯可能な残り時間。そこにさらに自分の好みと気分も入れて、ベストな選択肢を取る。そのために機種のコイン持ちや天井ゲーム数の情報は、必要不可欠なわけです。

今は台の上にそれらの情報が掲示してあったり、台横の冊子に書いてあったりするお店が多いですから、知らない台があったらチェックしておきましょう。そうやっていくうちに、「あれ? この空き台、めっちゃチャンスじゃね?」と気づくスピードと精度も磨かれていくハズです。

少ない投資額でも、少ない時間でも、より楽しんで帰るべし!


松本バッチがパチンコを打つ!? ヒキの強さがわかる第205回!!
パチンコ・パチスロ実戦バラエティー『山口レバーオン!!』


いまや全国区の人気を誇るパチスロ番組のメインMCに抜擢!
yab山口朝日放送で毎週火曜日深夜25:45より放送中!



■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、『パチスロ攻略マガジン』をはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。yab山口朝日放送「山口レバーオン!」(毎週火曜日25:45~)、テレビ埼玉「真王伝説」(毎週土曜日24:00~)ほか、テレビレギュラー出演も多数。

パチスロは「低投資」でも勝てる!? 限られたお金での勝負術とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.