日刊大衆TOP コラム

第36回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯




美和 梅雨の季節ですが、梅雨が明けると海開き!子供の頃待ちどうしかったですよねぇ。

宗男 北海道は「梅雨」が無いので、大学生時代の東京生活の中で、初めて梅雨を知りました。これだけでも北海道の良さ、素晴らしさを感じたものです。当時は、カラッとした北海道の気候が無性に恋しかった思い出があるなぁ…。

vol.36-1


美和 さて、今回のお題ですが「水族館のイルカ」問題です。WAZA(世界動物園水族館協会)からJAZA(日本動物園水族館協会)へ、和歌山県太地町の追い込み漁で捕獲したイルカの入手・飼育に関して禁止するよう勧告があり、JAZAがそれに応じる。という問題がありました。将来、イルカショーが見られなくなるかもしれません…。

宗男 イルカ…。イルカが“希少”ならば勧告を受け入れても良いと思うが、実はそうではないんです!現在、イルカやクジラが増えて、小魚を食べ過ぎて生態系が変わってしまうと言われているくらいなんです。イルカ1頭が1日100kg200kgもの小魚を食べてしまうんですよ。マッコウ鯨などは1日1トンも食べるんですから!

vol.36-2


美和 人間が果たして生涯でどのくらいの魚を食べるのか…? クジラは、たった1日で1トン!?

宗男 生態系が崩れてるんです。それなのに短絡的に「動物虐待だ」という見方されたら困ります。それに、イルカ漁やクジラ漁は昔から続いている日本の文化なんですよ。そして水族館ではイルカを大事に扱って、お客さんにショーを見せたりしてる。これもひとつの“産業”または“資源活用”としてやっているのです!

美和 ある程度の量は捕獲して、水族館へ。で良いと?

vol.36-3


宗男 今、増えすぎて困っているんですから。我々が、魚を食べれなくなりますよ!

美和 北海道でも深刻な問題ですか?

宗男 イルカ・クジラだけでなく、アザラシやトドもです。これらは海のギャングですよ。漁網は壊される、魚は食われてしまう。大変な被害だと思います。死活問題ですよ!

美和 宗男先生のところにも、漁民の皆さんから陳情とかがあるんですね?最近のことですか??

宗男 昔からたくさんあります。話は変わりますが、今日本は鹿の食害が凄いですよ。木は食べられるし、農作物も被害にあうし。猪も同様です。

美和 住宅街にも出てきたりするようですね。

宗男 鹿の繁殖力は大変なものなんですから。舛添知事の繁殖力より強いですよ!(笑)

vol.36-4


美和・編集 (爆笑)

vol.36-5


宗男 いやぁ、本当に桁違いですから。それを「鹿は可愛いいから獲ってはいけない」とか。馬鹿な発想ですよ!

美和 WAZAやJAZAって、保護団体とかなんですか?

編集 WAZAは世界動物園水族館協会でJAZAはそれの日本版の組織ですね。

宗男 WAZAの人たちは、全体を見て言っているというよりも、“一部分だけに注目して”判断するからフェアでないのです。

美和 一部分しか見ていない。「イルカがかわいそう」で、生態系全体を見ていないと?

宗男 捕鯨反対もそうですよ。「鯨を捕るのは野蛮だ」と言う。オーストラリアなんかは、ヘリコプターからライフルでカンガルーを撃つ。食べるのでなく、ただのレジャーとしてですよ! アメリカなんてベリーレアの血がしたたる肉を食べるのに、なぜ鯨を食べる日本人のことを野蛮と言えるかですよ。冗談ポリバケツにしろ!!

美和 その表現(笑)。

宗男 つくづく“頭に虫の入った”判断は困るなと思ってます。

vol.36-6


美和 彼らの論点は2つあって、「イルカやクジラは知能が高い」。それを食用にしたり捕獲するのはかわいそうだと。

宗男 じゃあ牛はどうなんですか?ダチョウは??みんな“生き物として同等”ですよ!

美和 もう1つは「イルカの追い込み漁」という“手法”が問題になっているという。

宗男 太地町の伝統ですから。生活、生きる生業ですからね。それに“無理やり”でなく、湾に入ってきたものを上手く追い込んでいるのですから“最もイルカを傷付けない”方法ですよ。それに、政府が許可を出している捕獲方です。

美和 生きるためにやっている。

宗男 なぜ手法が問題になっているのか?頭ごなしに「知能が高いから、人間に近いからダメ」と決め付けているんじゃないですか??
美和 ところで、宗男先生は昔、クジラとか食べてらっしゃいましたか?

宗男 大好きです。

美和 私たちも給食で食べましたね。私は、あまり好きではなかったですが…。

宗男 鯨のベーコンなんて酒のつまみには美味しいと思うしね。鯨の缶詰は今でもあるのかなぁ?スーパーでは秋刀魚や鯖の缶詰や他の魚のものはあるがね。

美和 宗男先生は「クジラもイルカも普通の魚と同じ」という考えですね?ところで、WAZAの言っている事は、法的効力とかあるのですかね?

宗男 ないですよ! このような「退会勧告」とかあって退会させられると、世界中の水族館や動物園との連携から外れてしまうので、稀少動物の融通し合いや、研究成果の共有が出来なくなるのでJAZAは折り合いをつけた。

編集 JAZAの中でも“動物園側”が、そういった理由で退会したくない意向が強いようですね。“水族館側”は、また違う思いでいるようですが…。

美和 将来的には、イルカショーなどはなくなってしまうのでしょうか?

宗男 なくなるのは仕方ないと思いますよ。ただ、イルカショーがあるからといって特別優位性があるとは思いませんね。イルカショーがどうなるかは、そこまで深刻な話ではない。イルカは多いんですから、一定量は捕獲した方がいいんです。何より生態系が崩れるのが心配です。

vol.36-7


美和 イルカは“法律に基づいた方法”で捕獲され、それを古くから生業にしている人々がいる。水族館なども買ってくれて、子供たちも喜ぶ。なんかいい事ずくめなようですが…。そして何よりも宗男先生は、イルカやクジラが増え過ぎると生態系が崩れてしまう事の方を懸念していらっしゃるようです。


宗男・美和 ズバッと一刀両断「ムネオ先生に訊け!」

キメ




※当企画では、日刊大衆読者のみなさんの日頃の悩みのご相談だけでなく、宗男先生にズバッと斬ってもらいたい事も大募集しております。佐野美和さんを通して鈴木宗男氏に相談したいことやくだらないこと、どんなことでも全然OK! ご応募お待ちしております。

>宛先はコチラ<



佐野 美和(さの みわ)プロフィール
1966年12月16日生まれ
政治キャスター。伝説の番組「オールナイトフジ」にオールナイターズとしてレギュラー出演。92年度ミス日本受賞。1995年28歳で、八王子市議会議員当選。<美人すぎる市議>として脚光を浴びる。
2002年より政治キャスターとして国会議員にインタビュー。
現在はustream「会いに行ける国会議員みわちゃんねる突撃永田町!」で政治キャスターを務める。国会議員へのインタビューは、のべ400人以上。TV、ラジオの広告代理店㈱チェリーブロッサムの経営も手掛ける。

鈴木 宗男(すずき むねお)プロフィール
1948年1月31日生まれ
政治家。北海道出身。拓殖大学政経学部在学中より、故・中川一郎元衆議院議員の秘書を務める。1983年に自由民主党より出馬し、衆議院議員に初当選。防衛政務次官、外務政務次官などを務める。
また1997年には国務大臣として北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官を歴任。2002年に自民党を離党。
2005年には新党大地を結成。代表となり、その年衆議院議員に返り咲く。防衛・外交の論客として鳴らす一方、その人情味溢れ、愛されるキャラクターは、歌手の松山千春をはじめとしてシンパが多数。ムネオの愛称でも知られる。
娘は衆議院議員の鈴木貴子。

第36回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.