日刊大衆TOP 芸能

追跡調査! あの人気女子アナたちの現在[フリー失敗編]

[週刊大衆06月29日号]

"30歳定年説"などは今や昔、退社後もフリーとして活躍する女子アナが後を絶たない。フリー転身後に大躍進した滝川クリステル(37)や夏目三久(30)、そして高島彩(36)のように出産後すぐに仕事復帰する女子アナも増えている。
そんな華やかな世界がある一方、陰に潜むのは名前も姿も見なくなった女子アナ。かつての人気者たちは今、どこで、何をしているのだろうか。徹底追跡した。


かつては、松坂大輔の妻となった柴田倫世(40)のように結婚を機にテレビから遠ざかる女子アナが主流だったが、最近はそうではないという。女子アナ評論家の高島恒雄氏が言う。
「以前は女子アナ退社の8割は寿退社でした。働かなくても夫が金持ちである場合が多いですし、女子アナはストレスがたまる職業ですから、無理に続けたいとも思わないんでしょう。しかし最近は、独身のまま辞めてフリーに転身する野心家も増えているんです」

その先駆け的存在なのが、元NHK山形放送局の古瀬絵理(37)ではないだろうか。
いや、"スイカップ"と言ったほうがピンとくる読者も多いだろう。

地方局の女子アナだった彼女は03年に、その類まれなる巨乳で全国区に。
04年4月にNHKとの契約が切れ、フリーに転向する。以降、情報番組や男性誌グラビアを中心に活動していたが、いつの間にか姿を消してしまう。
「実は"巨乳を売りにしたくない!"というかたくなさがスタッフから顰蹙(ひんしゅく)を買い、テレビから干されてしまったんですよ。その間は、なんとフリーペーパー『R25』のライターをしており、ほかの記者とともに企画会議にも出席していました。当時、記者仲間が"テレビの仕事は?"と聞くと、"もういいです"と強がっていたとか」(前出の百園氏)

しかし、まだ諦めていなかったようだ。
「11年8月に結婚し、翌年には出産。夫の意向で、しばらくは専業主婦をしていましたが、育児が落ち着いたここ数年は、積極的に局プロデューサー20人以上に、"旅番組に出たい。でも、泊まりはNGです"という逆オファーを仕掛けているそう。ほかにも知り合いの実業家たちに"下着をプロデュースしたい"と言い回っているそうです」(制作会社スタッフ)

最近では同じく巨乳アナとして話題の元NHK沖縄の竹中知華とともに『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日/5月25日放送)に出演し、巨乳について激論を交わしたが、このまま以前の気位の高さを封印していれば再浮上も近い!?
激安ギャラに傷心の久保純子

かつては美形アイドルアナとしてもてはやされた、元日本テレビの魚住りえ(43)。
退社のきっかけは後輩だった森圭介アナとの結婚だが、一方で、
「"女優になりたい"という動機で、移籍先を柴咲コウや北川景子が所属するスターダストに決めた」(日テレ関係者)
というのは有名な話。

「しかし女優にはなれず、結婚生活も破綻してスピード離婚。さらに一時期は"歌もやりたい"と言い、若いアイドルとのユニットを熱望していましたね。レギュラーはほぼゼロ。そんなとき、知人に頼まれたのが中小企業の研修講師の仕事。今はいつの間にか事務所も辞め、独自に『魚住式スピーチメソッド』という話し方教室を開き、ホームページでレッスン生を募っています」(片岡氏)
誰でも申し込みOKだそうなので、手取り足取り、レッスンを受けたい人は応募してみては!?

同じく国民的人気アナだったクボジュンこと元NH Kの久保純子(43)も、近況を聞かなくなって久しい。
「彼女の夫は電通マンですが、今年、国際スポーツ部部長に昇進したよう。東京五輪もあり、活躍が期待される部署です。久保さん自身は11年に夫の米国転勤に同伴し、すべてのレギュラー番組を降板して以降、13年に帰国してからはあくせく働かず、優雅に仕事をしている印象です」(前出の丸山氏)

しかし一方で、こんな声も上がっている。
「渡米前の全降板は唐突だったそうで、迷惑に思っていたスタッフは多いんです。現在、レギュラーはMXテレビ1本ですが、出演料が数万円という噂。この価格は民放各局にも伝わっているそうで、安く見られていることに本人はプライドが傷ついているようです」(キー局ディレクター)

夫を大事にするしか、道はないかも!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.