日刊大衆TOP 芸能

フジ報道番組の「横暴な取材態度」批判がTwitterで話題 「中の人」に直撃インタビュー

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

フジ報道番組の「横暴な取材態度」批判がTwitterで話題 「中の人」に直撃インタビュー

6月16日、実話雑誌『BLACKザ・タブー』(ミリオン出版)の編集部がTwitterで、フジテレビ報道部のディレクターを名指しで批判し始め、togetterのリアルタイムランキングで1位に入るなど、Twitterで大きな話題を呼んでいる。

ツイートによれば、編集部で書籍を出した障害者スポーツで頑張る女性に対し、フジテレビの報道番組が“本の紹介を条件”にノーギャラで取材を申し込んできたという。

しかし、取材途中で「やっぱり本の紹介はできないかも」「もっと彼女の過去の悲惨な写真ないのか」 などと言い出したため、取材を中止することを提案すると、突如態度を翻して下手に出てきたという。

しかし、『BLACKザ・タブー』編集部はなぜ今、批判を開始したのか?
その本意を編集長・梁瀬敦氏にうかがった。

「フジテレビ報道部のディレクターは最初から高飛車な態度でびっくりしましたね。女性やご家族も取材に対して困惑していましたが、編集部としてはとにかく書籍が売れて、印税を少しでも多く彼女に渡したいという気持ちで、取材を受けました。取材をしてくれたことには感謝しています。

しかし、『いい絵を撮る』ためなら何でも許される、という大手メディアの態度に疑問を持ったのが、今回連続ツイートしたきっかけです。
短時間でフォロワー数が数千人増えるなど、ネット上で大きな話題になって、逆にビックリしました。

彼女が不慮の事故から立ち直って、障害者スポーツに取り組む様子を、我々はずっと見守ってきました。
障害者を扱う以上、時間をかけて会話を重ねて信頼関係を築くのは当然のことだと思いますが、『これがTV報道の実態か』と正直、失望しました。
フジテレビの報道ディレクターは、彼女やご家族に対しても失礼な発言を繰り返し、リハビリの先生たちにも説教をする、『やらせ』ともいえる過剰な演出を指示するなど、疑問に感じる行動を繰り返しました。
また、競技中も出番の直前までずっと至近距離でカメラを回していました。

視聴者は映像を観て感動するかもしれないけれど、一方でその撮影によって様々なストレスを抱えるという事実も存在するんです。

そんな状況下でありながら、国体で優勝した彼女は素晴らしいと思います。
我々は小さな雑誌メディアであり、どれだけ誌面に書いてもなかなか広くは伝わらない。
大手メディアの取材報道の裏にある実情は、明らかにされるべきだと思ったのです。

騒動後、様々な意見も数多く寄せられましたが、批判は甘んじて受けます。我々としてはとにかくこの本を読んで判断していただきたいですね」(梁瀬氏)


『Colors~片脚を失った元読者モデルが一念発起して パラリンピックを目指す彩りある人生の話』(百萌子/ミリオン出版)

「思うところがあって、これからはいろいろな暴露話を投下していきます」

と語る梁瀬氏。
これからも雑誌『BLACKザ・タブー』の動向に注目していきたい。

BLACKザ・タブー編集部公式アカウント
@the_taboo_

問題となった複数のツイートはtogetter(http://togetter.com/li/835480)にもまとめられているが、次頁に抜粋したのでご一読いただきたい。
BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
フジテレビの報道番組が弊社で書籍化した障害者スポーツで頑張る女性を密着したいと言ってきた。本の紹介をしてくれるならと了承してノーギャラでOKを出した。2ヶ月も密着したあげく「本の紹介は約束できない」「もっと彼女の過去の悲惨な写真ないのか」と言い出してきたので(つづく)

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
彼女の何を映したいの? 頑張る今を映したいんじゃないの? と言うと「は? だって東京オリンピック出られんの? ぶっちゃけ真面目な話より悲惨な話っすよ。ただ書いて終わりの出版社と違って動画なんすよw 2ヶ月撮ったけどまだ5分も放送できないすわw」とHディレクター(注:ツイートでは実名)が言うので(つづく)

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
俺は「あ、そう。じゃ、ここで撮影中止にしましょ。本の紹介がいわゆる唯一のギャラじゃん。それもできない、ヤラセはしたい、だったら放送してもらわなくて結構w」と切り捨てて帰ろうとした。ディレクターは「え? やめる? な、何百万人が見るんすよ……?」俺「うん、もう結構」(つづく)

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
「あんたディレクターでしょ? 最終的にプロデューサーの判断をあおぐでしょ? 俺はね全ての決定権持ってるの。動画の方が偉いのか知らないけど、立場は俺の方が上なんだよ?w じゃね」間髪入れず「だぁーっ、入れます、本の紹介を入れまーす! すみません! 撮らせてくださーい‼︎」(つづく)

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
俺「ほう、約束できるの? あとになってやっぱ無理でしたとかなしよ?」H(注:ツイートでは実名)「入れます入れますからあ。もう色々物事動かしちゃったし金もかけてるのでぇ…」俺「口のききかた気をつけてね」H(注:ツイートでは実名)「……」 そんなこんなで密着は続いたが彼の暴挙はまだまだ続く。フジテレビの報道なんてこんなもんである。

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
あとHディレクター(注:ツイートでは実名)と最初に名刺交換した時、めちゃくちゃ態度がデカかったんだが、俺の名刺の肩書きを見て急に敬語になった。俺「あ、外注のディレクターさんなんですね?」と聞くと「いや局付のディレクターです」と答えた。いや、それを外注って言うんだろが、とは突っ込まなかったけどさ(笑)

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
彼からは「俺はフジテレビの報道で仕事しているんだ(外の制作会社のディレクターだけど)」という尊大な態度がすごくて苦笑しか出来なかったが、まあちゃんと放送してくれりゃいいやと気にはしていなかった。でも取材対象とコミュニケーション取れないし、嫌われるから、全く良い画が撮れてないし、

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
障害者だって、自分たちが同情の目で見られてることは分かってるし、無理して普通な振りして接してくれなくてもいいよって思ってるって。みんな人間なんだから中身は同じじゃんか。障害者=潔白でもないわけだしワガママも言うだろうし。自分を作らずに有りのままで接すりゃいいんじゃないの?

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
そのHディレクター(注:ツイートでは実名)が「宣伝してやらねえよ」と言った本は『Colors』http://goo.gl/AGZh3C という本なんだけど、彼女はよくこんな酷いことをされても我慢してくれたなあって思う。国体では自分の出番の直前まで至近距離でカメラに撮られていたのに、優勝したんだよね。

フジ報道番組の「横暴な取材態度」批判がTwitterで話題 「中の人」に直撃インタビュー

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.