日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】 連勝で初重賞Vを飾った楽しみな一頭

[週刊大衆07月06日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
連勝で初重賞Vを飾った楽しみな一頭


また一頭、楽しみな馬が現れました。
6月14日に東京競馬場で行われたGⅢ「エプソムC」で優勝した快速馬、エイシンヒカリ(牡4)です。

父 ディープインパクト
母 キャタリナ

体質が弱く、デビューは昨年4月と遅れましたが、そのレースを先行抜け出しで勝つと、2戦目以降は逃げに徹し、連勝街道を驀進。
中でも、ノリさん(横山典弘騎手)が手綱を取った5戦目のオープン特別「アイルランドトロフィー」では、最後の直線で内から外ラチ付近まで大きくヨレたにもかかわらず、2着に3馬身半の圧勝。
僕とコンビを組んだ前走、5月16日、年明け初戦のオープン特別「都大路S」でも、レース前からかなりイレ込みが激しく、「大丈夫かな!?」と心配しましたが、レースではまったく問題なし。ひかり号というよりは、のぞみ号のような速さで、あらためてポテンシャルの高さを証明してくれました。

そして、ここがひとつのポイントになると、強い気持ちで挑んだのが、今回の「エプソムC」です。体も気性面も完成途上。ライバルは、連覇を狙うディサイファに、同じ4歳の上がり馬サトノアラジン……と、強烈なメンバーが揃っていました。

――ここを勝つようなら、この秋の楽しみが広がる。
レース前は、期待と不安が五分と五分。パドックで跨がったときは期待が7、不安が3。それが、返し馬を終え、ゲートに入った瞬間、彼なりに落ち着いている姿を見て、期待8.5、不安1.5に変わっていました。

レースはほぼ完勝と言っていい内容だったと思います。これで8戦7勝。自分の勝つカタチをきっちりと持っている彼が、精神的な強さ、タフさを身につけてくれたら……想像の翼はどこまでも広がります。
さらに力をつけて秋のGⅠ戦線へ!

でも、だからこそ、僕からひとつ。僕と快速馬という2つのキーワードから、マスコミの方は、サイレンススズカの名前を使いたいようですが、彼とサイレンススズカは違う馬です。
彼には彼の良さと武器があり、サイレンススズカにはサイレンススズカの良さも欠点もありました。この先、エイシンヒカリというサラブレッドが、どこまで強くなるのか、温かく見守っていただけたらうれしいです。

さぁ、そして今週末は2015年の前半を締めくくる最後の大一番、グランプリレース、GⅠ「宝塚記念」が待っています。
クラシックは、マスコミを賑わすことも、ゴール前、みなさんをアッと言わせる場面もなく、僕自身も寂しい思いをしましたが、今年の緒戦、「フェブラリーS」を勝ったのは、僕とコパノリッキーのコンビでした。

エイシンヒカリとの勝利で、風はまた、いい感じに吹き始めています。今年は、ミルコ(デムーロ)が皐月賞とダービーを。ノリさん(横山典弘)が、春の天皇賞とNHKマイルCをそれぞれ制覇。2人に追いつくのは、やっぱり、武豊です。


■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】 連勝で初重賞Vを飾った楽しみな一頭

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.