日刊大衆TOP 芸能

天龍が見た新日本プロレス「猪木さんは夢を語る人、未来に向けての話しかしない人」

[新シリーズ 逆説のプロレス]

天龍が見た新日本プロレス「猪木さんは夢を語る人、未来に向けての話しかしない人」

2015年2月9日。プロレスからの引退を発表した天龍源一郎。39年間、闘い続けてきた天龍が、外敵として乗り込んだ新日本プロレスを語る。
新日本プロレスの黄金時代には、まだ明かされていない真実があった……。重要人物たちのインタビューで当時のプロレスを徹底検証する双葉社ムック「新シリーズ 逆説のプロレス」より、天龍の証言を一部抜粋してお届けする。
“ミスター・プロレス”は、新日本との抗争、そしてその選手たちについてどう思っていたのか?


■天龍源一郎
1950年、福井県生まれ。13歳の時に二所ノ関部屋に入門。76年に力士廃業、全日本プロレスへ入団。90年SWSに移籍、92年にWARを設立。98年からはフリーとして活躍。プロレス界の「生ける伝説」。


―WAR時代の後、フリーとなってからは、橋本さんを中心に、蝶野さんや、後年は武藤さん、いわゆる闘魂三銃士を相手にするようになりましたが。

天龍 橋本は見ての通り、ガンガンくるスタイル。突然、挑戦表明をしだしたから、なんで俺がコイツとやらなきゃいけないのかと思ったんだけど(苦笑)。彼は当時くすぶってたから、そこからの脱却を求めてたんだろうね。蝶野は最初はノラリクラリだったけど、後で仙台でやった時、俺が殴ったら、鉄拳でガンガン殴り返してきたんだよね(2004年9月16日)。「おっ、コイツ、骨のある奴だなあ」と思った。さすが昔ワル(不良)だったことはあると(笑)。ただ、俺の中では(闘魂三銃士では)武藤がズバ抜けてたよね。武藤に引っ張り上げられての三銃士だと思うよ。家長が武藤で、他は扶養家族。あくまで俺の印象だけど。

―どの辺りで高評価を?

天龍 臨機応変に対処できるというか、ミスがあってもすぐフォローできるタイプ。ハプニングを演出して、自分で直す感じ。だってファンはそのハプニングを見たがってる部分もあるんだから。後のことになるけど、武藤と福岡でやった時、「これはベストバウト獲れる」と確信したくらいだからね(99年5月3日・福岡国際センター。同年の東スポプロレス大賞・ベストバウトを受賞)。

―とはいえ、武藤さんは、その福岡の試合後、天龍さんを「やっぱりあの人、ミスター・プロレスだよ」と評してますが。

天龍 いや、それは後年のことでね。最初のうちは、「何で俺があんなオッサンとやらなきゃいけないんだよ」って言ってたみたいだよ(笑)。天才というか、物怖じしないタイプだよね。俺があの福岡の試合で雪崩式フランケンシュタイナーをやったのも、「このくらい度肝を抜くようなことやらないと、武藤の上手さに太刀打ち出来ない」と思ったからだし。

―福岡の試合の7カ月後には、その武藤選手を倒して、IWGPヘビー級のベルトを巻きました。

天龍 「してやったり」って感じだったね。大会場でできることを含めて、対新日本に関しては、レスラー冥利に尽きるという部分はありましたよ。

―新日本側はイリミネーションマッチなど、手を変え品を変え天龍さんを攻めてきた印象もありましたね。

天龍 俺は全日本で、いわば〝右vs左〟の試合しかほとんどしてなかったから、逆に新日本という団体の果てしなさとしぶとさを感じましたね。

―団体対抗戦となった10人タッグの3本勝負では、まったく同じ誕生日(50年2月2日生)の木戸修選手とも当たりましたね(93年2月16日・両国国技館)。

天龍 木戸選手は、プロレスが大好きなんだけど、でも、冷めてる人という感じだったね。馳浩もプロレスが大好きな奴なんだけど、彼は逆に気楽なタイプ。世間では馳は上手いって言われるけど、俺の中では、ちょっと違うイメージだった。試合で自分のやりたいことだけやって帰る感じだったね。

―今回の本『逆説のプロレス』掲載の永島勝司さんインタビューでは、新日本との交渉役として、天龍さんの奥さん(まき代さん)を高評する声もあったのですが。

天龍 うん、まき代がやってましたね。ウチ(WAR)の自由も新日本の自由も通してくれた。じつを言って、交渉上手だったと思いますよ。

―94年の1月4日には、宿願の猪木さんとの一騎打ちを迎えます。

天龍 猪木さんとは、じつは89年にロスでお会いしてるんですよ。間に入った人が、「猪木さんきてるから、会ってみる?」って。話したのはただの世間話だけど、「夢を語る人だなあ」という感じだった。未来に向けての話しかしない人。当時、俺は全日本所属だったから、地に足の着いた現実的な馬場さんと、将来に急ぐ猪木さんとの違いを、まざまざと感じましたよ。

―試合内容は、猪木さんのシビアな攻めが目立ちましたね。

天龍 今思うと、よく受けてくれたと思うんだよね。元全日本プロレスのジャイアント馬場の弟子である男の挑戦を。自分の先輩(馬場)が育てた男を相手にするっていうのは、すごい度胸だと思う。それに、当時の猪木さんなら、なんやかんや理由をつけて逃げることもできたと思うんだよね。それをしなかった猪木さんの気持ちに、逆にこちらが圧倒された部分はなくもないよ。実際、腕ひしぎの時に、俺、指を脱臼させられてるからね。「あんちゃん、俺の方がすべて上なんだよ」という感じできたね。俺が失神したスリーパーにしても。そういうスタンスに反発する気持ちで、突っ張りを出したのを覚えてる。対新日本で一番印象に残るのは、猪木戦だね。俺は今年引退するけれど、猪木さんは引退興行もよかった。余談だけれど、船木(誠勝)がヒクソンに負けて、すっぱりと「引退します」と言ったのも、俺には凄く印象深い引退だったね(00年5月26日)。

(15年3月、品川・ホテル東京インターコンチネンタルにて)

※取材全文から一部分のみ抜粋、全編は「逆説のプロレス」本誌でお楽しみください。

取材◎瑞佐富郎

まだ明かされていない真実があった……。新日本プロレスの黄金時代のスキャンダルを徹底検証した「逆説のプロレス」絶賛発売中!

「新シリーズ 逆説のプロレス」(双葉社スーパームック)より引用

天龍が見た新日本プロレス「猪木さんは夢を語る人、未来に向けての話しかしない人」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.