日刊大衆TOP 芸能

天龍源一郎が語る棚橋、中邑、オカダ「三沢と比べて見ちゃう俺がいる」

[新シリーズ 逆説のプロレス]

天龍源一郎が語る棚橋、中邑、オカダ「三沢と比べて見ちゃう俺がいる」

2015年2月9日。プロレスからの引退を発表した天龍源一郎。39年間、闘い続けてきた天龍が、外敵として乗り込んだ新日本プロレスを語る。
新日本プロレスの黄金時代には、まだ明かされていない真実があった……。重要人物たちのインタビューで当時のプロレスを徹底検証する双葉社ムック「新シリーズ 逆説のプロレス」より、天龍の証言を一部抜粋してお届けする。
〝ミスター・プロレス〟は、新日本との抗争、そしてその選手たちについてどう思っていたのか?


■天龍源一郎
1950年、福井県生まれ。13歳の時に二所ノ関部屋に入門。76年に力士廃業、全日本プロレスへ入団。90年SWSに移籍、92年にWARを設立。98年からはフリーとして活躍。プロレス界の「生ける伝説」。

インタビュー前編はコチラ https://taishu.jp/16144.php


―98年にWARは一旦活動を停止するわけですが、天龍さんはその後、越中さんと組む形で平成維震軍入り。同軍団の象徴だったハカマもはかれましたね。天龍さんにとって、トランクス以外は、ほぼ初めてのコスチュームだったと思うのですが。

天龍 俺は相撲取りだったから、あんなものは屁でもないですよ(笑)。

―そういえば、WARの初期には、黄色のトランクスを着用されたこともありましたね。

天龍 1試合か2試合ね。あれ、冬木にあげたら彼は試合ではいて(笑)。黄色のトランクスは結局、冬木のトレードマークになったよね。

―当時の新日本は、小川直也さんの勢いが目立ちましたが、天龍さんも00年の「第2回メモリアル力道山」で、小川さんとも絡んでますね(3月11日・天龍、ビッグバン・ジョーンズvs橋本真也、小川直也)。

天龍 全然印象ないですね。あの時は試合前、橋本が村上に襲われたとかで。俺のパートナーはよく知らない外人で。「なんだよ、これは。俺がここにいなきゃいけないのか?」っていう感じだった。

―04年には、上井(文彦・元新日本プロレス取締役)さんのマッチメイクで、再び新日本に上がることになった天龍さんですが、いわゆる〝第3世代〟と現在の新日本を支えるニューフェースとの対戦が中心となりました。

天龍 最初は中西が相手だったんだけど、パワーに頼り過ぎる面はあったね。また、それが相手に通じちゃうから始末が悪いんだけど。対して、永田は上手いタイプなんだけど、突き抜けるほど上手くはなくて。自分のカテゴリーから出ないタイプだね。言い方を変えれば、〝安全パイ的な上手さ〟かな。

―当時の〝新・闘魂三銃士〟(柴田勝頼、中邑真輔、棚橋弘至)ともシングルで対戦してます。

天龍 柴田とはよくシングルでやって。やんちゃで生意気な奴だったけど、俺との殴り合いがお客の共感を呼んでいた実感はあったね。中邑は器用だったけれど、線が細かったね。その当時の彼は、自分を上手に見せようという気持ちが先走ってたかな。今のキャラクターのようなものが出たのは、やっぱり彼自身がふてぶてしくなってからですよ。棚橋は、「体力のない選手だなあ」が第一印象。俺、戦う前、彼を「器用な選手」って聞いてたんですよ。ただ、俺の中での器用イコール、三沢レベルの選手ってなっちゃうんですよね。そういう意味で言えば、「あ、下手だな」っていうのが正直な気持ちでしたね。中邑は、まあ、「中くらい」という感じだった。まあ、あくまで04年当時の話ではあるけれど。

―逆に言えば、天龍さんにとって、三沢さんはそれほど上手かった?

天龍 うん。はじめてやる相手を、どうしても、「三沢と比べてどうか?」って見ちゃう俺がいるんだよね。もう、基準が三沢なの。彼は若手時代から驚くほど器用だったのよ。あきらかに新人離れしてたよ。俺個人で断言させてもらえば、器用さで三沢を越えた奴はいないね。

―現在の新日本プロレスでは、天龍さんと肌を交えてないオカダ・カズチカ選手がトップの一角をなしていますが。

天龍 辛辣な意見になるかもだけど、彼に関して言えば、トップの気持ちになりきれてないね。それは、彼が真の意味でのトップになったことがないから。本当の部分で天下を取ってないから、天下を取った人の気持ちがわからない。

―具体的には?

天龍 俺たちは、トップと言われる選手たちを、最初は遠くから見てる。で、徐々に近づいて行くことで、「こんな自負があるんだ」「こんな苦労があるんだ」とわかっていく。オカダはその過程がなく、いきなりトップに上がってしまった感じがするね。今の彼の言葉は、ただのファンが感想を喋ってるのと同じ言葉に感じますね。今後、プロレスというビジネスが身に染みてわかってきた時、彼の言葉は全然違うものになって行くはずですよ。

―改めて、新日本のプロレスを振り返ると?

天龍 全日本だと、例えば鶴田とかが余裕を持って戦うスタイルだったけれど、新日本は、そういうのを許さないプロレスだったね。もし余裕を持ってやってたら、帰った控え室で山本小鉄や星野勘太郎にどやされるような。「それはお客に対して失礼だろう」という意味の真剣さですよね。

―その新日本は、ここ数年、盛り返してきた印象があります。

天龍 変わったね。見ててわかりやすいプロレスになった。昭和や90年代との違いを感じる人もいるかもだけど、でも、それでお客が入るから今のスタイルになっているわけで。昔のスタイルをやってお客が入らなければ、困るのは選手だよ。今のお客が求めるスタイルを新日本がやっているからこそ、ひいてはプロレス界全体を盛り返すことができているんだということは、忘れずにいたいね。

(15年3月、品川・ホテル東京インターコンチネンタルにて)

※取材全文から一部分のみ抜粋、全編は「逆説のプロレス」本誌でお楽しみください。

取材◎瑞佐富郎

まだ明かされていない真実があった……。新日本プロレスの黄金時代のスキャンダルを徹底検証した「逆説のプロレス」絶賛発売中!

「新シリーズ 逆説のプロレス」(双葉社スーパームック)より引用

天龍源一郎が語る棚橋、中邑、オカダ「三沢と比べて見ちゃう俺がいる」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.