日刊大衆TOP 芸能

「新日本vsUインター対抗戦」その舞台裏を明かす特別鼎談

[新シリーズ 逆説のプロレス]

“マット史上最大のヒット興行”と言われるのが、1995年10月9日、東京ドームで行われた「新日本プロレスvsUWFインターナショナル 全面対抗戦」だ。人物の背景には、両団体フロント間の数年に渡る遺恨の存在があった。その内実を、いま当事者たちが語る。
新日本プロレスの黄金時代には、まだ明かされていない真実があった……。重要人物たちのインタビューで当時のプロレスを徹底検証する双葉社ムック「新シリーズ 逆説のプロレス」より、三人の鼎談を一部抜粋してお届けする。
新日本プロレスvsUインターの、はじめて明かされる20年目の真実とは!?


■鈴木健
すずき・けん●1953年生まれ。高田延彦公認のファンクラブを結成し、精力的な活動を展開。91年、Uインターのフロント代表としてプロレス界に入った。現在は、世田谷区用賀でやきとり居酒屋「市屋苑」を経営。

■安生洋二
あんじょう・ようじ●1967年、東京都杉並区生まれ。高校卒業後、UWFに入門し、91年、Uインターに参加。取締役として、団体経営に携わり、帰国子女の経験から、外国人レスラーとの折衝にあたった。

■永島勝司
ながしま・かつじ●1943年、島根県生まれ。専修大学卒業後、東京スポーツで敏腕記者としてならし、88年に新日本に入社。89年の東京ドーム初進出や、00年の新日本vs 全日本など、数々のビッグイベントを仕掛けた。


※特別鼎談、前半の内容はコチラhttps://taishu.jp/16147.php


―両団体には、山崎一夫参戦をめぐるトラブルもありましたね(95年7月)。

永島 うん、あれ、俺が引き抜いたんだ。俺自身が山崎に興味あったの。食品会社にいた共通の知り合いに「紹介してよ」って言ってね。

鈴木 思い出した! 全面対抗戦の交渉時に、山崎さんの引き抜きのこと、「じゃあ、700万で解決でどう?」って永島さんに言われたの。でも、そのお金、まだ貰ってないよ!

永島 その後すぐ、全面対抗戦になったからな。

鈴木 こっちの方が大事だろって、お互いに忘れちゃったんだよね。

安生 山崎さん、練習まったく来なかったですからね。団体にいたというイメージが僕にはないんですよね。若手の練習みるわけでもないし。道場派からすると、「何でこの団体にいるんだろう?」みたいな存在ではありましたよね。

―そして、全面対抗戦への流れに。

鈴木 もともと、自分から新日本に電話をかけたんですよ。新日本がなんか、経営的にヤバいらしいという情報もあったし。

永島 北朝鮮興行(95年4月)での借金な。

鈴木 UWFというのも新日本から出てきたものだし、そういう意味で、若手の対抗戦を打診したんですよ。お互いの将来のために、向こうもウチもいい若手がいたし。新日本さんが元気ないとプロレス業界は潰れますから。

永島 美しく言い過ぎなんじゃないの?

鈴木 いやいや本当に。それで、永島さんと全日空ホテルで会うことになった。

永島 俺がその時、健ちゃんに言ったのは、「若手じゃツマンナイよ。頭(トップ)から行こうよ」と。

鈴木 僕はUインターにその話を一旦持ち帰ったんだけど、その夜には永島さんから電話が。「全面対抗戦で行くぞ」と。

永島 まあ、北朝鮮の借金の件もあったし。これ返さないと、どうしようもない感じだったから、1発当てたい気はあった。

鈴木 比べて、こっちは本当に純粋な気持ちだったから、交渉はスムーズでしたよ。ただ、永島さんが宮戸の存在を気にしてたね。

永島 宮戸の考えは、〝プロレス観〟とは言えなかったからね。長州が嫌ってたし。俺もだけど。

鈴木 俺とも少し違ってた。宮戸はガス燈時代のプロレスに戻したがってて、俺はさっきの若手対抗戦じゃないけど、新しいものを生み出したかったからね。

永島 東京ドーム前哨戦の「長州、永田vs安生、中野」ってあったじゃない?(95年9月23日・横浜アリーナ)。あれが無茶苦茶、面白かったから、これは絶対行ける! って、長州と喜んだの覚えてる。

―安生さんは永田さんと、お互い顔面を腫らしあっての攻防となりましたね。

安生 膝が入っちゃったんですよね。タックルにローキックが合って。

鈴木 最寄の病院に行ったら、同じ待合室に永田選手もいたんですよ。で、安ちゃんと離れて座って。ちょっと、面白い光景でしたよね。

安生 でも、永田って、もともと、顔見知りだったんですよ。Uインターに入りたがってた時期があって、よく会場に観に来てましたからね。

永島 実際にあったんだよ。「Uインターに行きたい」って、永田に直訴されて。長州に言ったら、「勝手にしろ馬鹿!」って。ZERO―ONE 旗揚げの時もそうだったけど、永田は非常に好奇心が強い。新日本のマッチメイカーは、俺の後はアイツが適任だったんだけどなあ……。

安生 でも、Uインターに来てたら面白かったでしょうね。

永島 10・9の全面対抗戦の時は、最初5000万円で契約したよな。

鈴木 違うよ、5500万。でも、チケットがバカ売れしてたから、8000万にしてくれた。

永島 だろ? 俺が倍賞鉄夫や坂口泰司に話して、そこまで上げてやったんだよ。

鈴木 ところが、永島さんも知らない話があるんだな。決戦の2日前に、俺、倍賞さんに電話かけて、「やっぱり、1億円もらわないと出ない!」って言ったんだよ。軽いジョークのつもりだったんだけど、でも、倍賞さん、「う~ん、ちょっと待ってて下さい」って。意外と払いそうだったよ(笑)。

永島 倍賞の野郎! そんなこと一度も言わなかった!

鈴木 いや、あの時、ウチに来た招待券が10枚もなかったのよ。ドームでだよ? だから、相当売れてると思って、探りたかったんだよね。

永島 でも、あの時、俺は100万しか貰ってないんだ。

鈴木 俺は0だよ!(笑)

―そして、10・9の当日を迎えます。

鈴木 あくまで個人的な考えとしては10・9、俺は全部負けてもいいって気持ちはありましたよ。プロレス界が盛り上がるなら。

安生 うん、健さんのそういう思いは聞いたことある。

永島 なに美談にしてるんだよ! 団体として、それはあり得ないだろう!

鈴木 いや、極論としては、新日本さんを信頼していたということですよ。

永島 それはお互いさまだな。高田vs武藤の試合前、武藤は俺に聞いたよ。「大丈夫かオヤジ?」って。「大丈夫だ。向こうもプロだ」って答えたけど、1度目の足4の字が解けた時は、正直、ヒヤリとしたね。

鈴木 いやあ、やっぱり高田さんの方が3センチくらい強かったよ。

永島 ちょっと待て! 敬司が弱いってことは絶対に……。

安生 まあ、どちらも元は新日本育ちなんだし、いいじゃないですか。

永島 ふふふ、そうだ。新日本と言えばさ、垣原vs健介ってあったじゃない?(垣原が勝利)。あの試合について、俺が健介を事務所に呼んで、試合についての考えを言ったら、健介は青い顔してさ。しまいには泣き出すのよ。俺は「いいか健介、リングに上がる前に終わるなよ」と言ったんだけど、リングに上がる前に終わったような顔だったよな。俺は試合後、控え室で怒ったよ。「てめえプロか! この野郎!」って。反面、安生vs長州は本当に面白かった。

安生 ラリアット食らってね。記憶飛びますよね、ありゃ。僕も豪快に吹っ飛んじゃって。

永島 安生はゴルフやった時、グリーン上で受け身とってたくらいだからね。

安生 豪快な受け身、得意なんですよ。

鈴木 永島さんとゴルフ、やったねえ。10・9が終わって、11月くらいかな? 試合に納得行かないから、「グリーン上で決着をつけよう」と。その時、俺、ホールインワンやったんですよ。

永島 ありゃあ凄かった。

鈴木 ドームの借りをグリーンで返したんですよ。

※取材全文から一部分のみ抜粋、全編は「逆説のプロレス」本誌でお楽しみください。

取材◎瑞佐富郎

まだ明かされていない真実があった……。新日本プロレスの黄金時代のスキャンダルを徹底検証した「逆説のプロレス」絶賛発売中!
「新シリーズ 逆説のプロレス」(双葉社スーパームック)より引用

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.