日刊大衆TOP 芸能

原監督勇退!? 巨人「今オフの大リストラ」全貌すっぱ抜き

[週刊大衆07月06日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

原監督勇退!? 巨人「今オフの大リストラ」全貌すっぱ抜き

若手の育成を怠り、札束で有望選手を次々と獲得……。球界一の金満球団に、ついにそのツケが回ってきた!

7勝11敗、12球団中11位――。今年の交流戦、巨人は文字通り、惨たんたる結果に終わった。
だが、球界の盟主の"苦闘"は、今に始まったことではない。

シーズン開幕から自慢の打撃陣は湿りっぱなしで、通算チーム打率はリーグ5位の.238(数字は6月18日時点=以下同)。投手陣の踏ん張りで、かろうじてセ・リーグ首位をキープしているものの、勝率はようやく5割を超える程度。最下位の広島までゲーム差4.5と、まったく油断できない状況だ。

野球解説者の江本孟紀氏は、こう言ってあきれる。
「他球団が、それ以上に悪いから目立たないだけ。今の巨人の状態は最悪で、首位にいるのが不思議なぐらいですよ」

こうしたチーム状況に、指揮官を務める原辰徳監督(56)も、心労が絶えない様子だという。
「常にマスコミに注目される巨人軍監督を10年にわたり務め、疲れ果てている。原さんは今オフで2年契約が満了します。仮にV逸すれば、批判が巻き起こるでしょうから、潔く身を退く可能性が非常に高いですね」(巨人軍関係者)

問題は、原監督去りし後の監督人事。巨人の"中枢"たる渡邉恒雄巨人軍最高顧問(88)および長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(79)は「次は松井秀喜新監督」を切に望んでいるというが、当の松井秀喜氏(41)の気持ちは、というと……。
「松井氏は外の世界を見たい気持ちが強く、まだ巨人の監督を引き受ける気はありません。引退後、ミスター直々の打撃コーチ就任要請も断ったほどですからね。結果、現在の最有力候補が江川卓氏。過去、ナベツネさんは"江川をコーチとして呼ぶが、監督にはしない"と発言していたと清武英利元GMに暴露されましたが、松井新監督案が凍結となり、状況が変わりました。江川さんはヤル気十分のようですよ」(同関係者)

つまり、巨人がリーグ制覇を逃せば、原監督勇退が濃厚な情勢。この監督交代劇が起こると同時に、今オフ、巨人にさらなる激震が走ることは間違いなさそうだ。
「今年の巨人は、給料の高い選手ほど故障したり、不振に陥ったりしています。FAで他チームから人材を獲得し続けたツケが、ここにきて噴出している。若手の台頭がなければ、Bクラス転落の危険すらあります」(スポーツ紙デスク)

その「巨人軍高齢化問題」を強く印象づけたのが、6月半ばに札幌ドームで行われた日本ハムとの交流戦。
「3連戦を通した先発メンバー10人の平均年齢が、7歳も違っていたんです。日本ハムの24.6歳に対し、巨人はなんと31.9歳。これは生え抜きの若手が育っておらず、新陳代謝が進んでいないことの証拠にほかなりません」(前同)

もっとも、すべてのベテラン選手が悪いわけではない。今季の巨人は、若手の力不足を移籍組が穴埋めしているのは紛れもない事実だ。巨人OBで野球評論家の関本四十四氏もこう言う。
「井端や相川がいなければ、今どうなっていたか。考えただけで、ぞっとします」

今オフ、"リストラ"の対象になるのは「働かない高給取り」たち。その筆頭が、ダメ助っ人たちだ。
「1億5000万円ももらいながら、21打数でヒットなしのセペダ。1億4000万円で18打数3安打のフランシスコ。見事なポンコツぶりで、2人とも解雇必至です」(スポーツ紙巨人担当記者)

また、原監督の勇退余波をモロに受けそうなのが、同じ東海大出身の久保裕也(35)。昨年、怪我から復帰して4勝4敗11ホールド、防御率4.73という成績を残しながら、今年はここまで1軍登板がゼロ。
「久保は02年ドラフトの自由獲得枠で入団した"エリート"ですが、35歳と投手陣最年長で、11年には肘の故障でトミー・ジョン手術を受けている。年俸5000万円はもらい過ぎですし、原監督の後ろ盾がなくては厳しいでしょう。また、年俸4000万円でFA移籍した金城龍彦も危ない。90打数21安打、打率.233では、代打の切り札は厳しい」(同記者)

こうしたリストラの大ナタは、さらにチームの核心部にまで振るわれるようだ。
「一部上層部のみで構成される"奥の院"では、金食い虫の大物斬りが、真剣に検討されているとも」(巨人軍関係者)

現在、巨人で1億円以上の高額年俸を手にしている日本人野手は、5億1000万円の阿部慎之助(36)、3億円の村田修一(34)、2億2000万円の坂本勇人(26)、2億円の長野久義(30)、1億5000万円の高橋由伸(40)の計5人。驚くほどの高年俸だが、その金額に見合った働きをしている選手がいったい、何人いるのか……。

年俸5億を超える阿部の今季の成績は、107打数30安打、打率.280、本塁打2本。
「とても、年俸に見合った活躍をしているとは言えません。首が痛いとかなんとか言ってますが、そんなことは言い訳にはなりませんんよ」(前出の江本氏)

チーム事情もあって、二度とかぶらないはずだったマスクを開幕直後からかぶったが、6月6日のソフトバンク戦でファールチップをそのマスクに受け、再び首を痛めてしまった。
「怪我から戻れば、負担の軽い一塁のポジションで、打撃に専念することになります。そこで、思うような成績をあげることができなければ、もう選手としてはダメです。阿部にとっては、ここが正念場でしょう」(前出の関本氏)

今オフ、2年契約が切れる阿部。巨人軍生え抜きエリートである男が簡単に切られることはないはずだが、こんな話も聞こえてくる。
「阿部は近い将来、必ず指揮官になる監督候補生。順序は(高橋)由伸の次と言われていますが、たとえばコーチとして先に指導者経験を積むという約束手形が切られれば、引退もありうる」(前出のデスク)
杉内は防御率の悪化が仇に?

その高橋は打撃コーチ兼任選手として、ここまで107打数22安打、打率.237の成績。選手としての数字は厳しいと言わざるをえない。
「選手兼任コーチなんて、日本にしかありません。コーチに早く専念させるべきでしょう」(江本氏)
一部では次期監督の声もある高橋だが、まずは打撃コーチが順当。仮に今年いっぱいで辞めても、仕事に困ることはない。

意外にも、3年契約の2年目を迎える村田修一にも危機が迫っているという。
ここまで131打数32安打で打率.244、本塁打は3本のみと、確かに"年俸泥棒"選手の一人。
「村田は調子にムラがあり、実は首脳陣の評価は低い。さすがに今年クビを切られる可能性は低いですが、外様に冷たい巨人の体質からいえば、来季オフにトレードなどもあるかもしれません」(スポーツ紙デスク)

投手陣では、内海哲也(33)が4億円の年俸ながら、今季は登板1試合、防御率13.50と散々な結果。
「ただ、4年契約が来年まで残っていますし、鍛え直せば、まだできる選手。それよりも巨人投手陣最大の問題は、年俸5億の杉内ですよ」(巨人担当記者)

11年オフにFA移籍してきた杉内俊哉(34)は、ここまで5勝3敗、防御率3.39。そこまで悪い数字ではない気もするが……。
「杉内は、今年が4年契約の最終年。3年連続2桁勝利を挙げているが、近年、被本塁打が増えて防御率が悪化し、首脳陣の信頼度は低下しています。そもそも、やんちゃな性格が紳士たる巨人軍にそぐわないと上層部は考えている。今オフ、減俸は確実ですが、本人がそれを受け入れない場合は、放出も考えられます」(同記者)

はたして今オフ、何人が栄光の巨人軍を去るのか。注目が集まる――。

原監督勇退!? 巨人「今オフの大リストラ」全貌すっぱ抜き

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.