日刊大衆TOP トレンド

中年の宿命!? 本当に注意すべき「不整脈」とは?

中年の宿命!? 本当に注意すべき「不整脈」とは?

「最近、動悸が激しい。もしや……」

――本格的に中年に足を踏み込むと、心臓まわりの不安にかられることが多くなる。心臓病や心筋梗塞、心不全……病気だって挙げればキリがない。

なかでも目立つのは「不整脈」。

脈が速く打ったり、反対にゆっくり打ったり、あるいは不規則に打つ状態を指すが、一般的に脈が1分間に50以下を「徐脈」、100以上を「頻脈」、脈が飛ぶことを「期外収縮」と呼ぶ。胸が一瞬ドキッとしたり、ドーンと太鼓を叩くような鼓動を感じれば、まさに不整脈だということだ。

原因は加齢だったり、ストレスや睡眠不足、疲労など。心臓病や血管のつまりなど、他の症状が引き金になることもある。ただ、基本的には年齢を重ねると少しずつ増えていくと考えたほうがいい。

歳を取れば疲れはたまりやすくなるし、身体にだってガタはくる。脈とは心臓から押し出される血液の拍動のことだが、心臓は心筋にわずかな電流が流れることで動く仕組み。家電がそうであるように、心臓だって酷使すれば故障する。

すなわち、不整脈とは電気の異常や流れがうまく伝わらないなど、心臓の電気系統トラブルを指すのだ。ちなみに、心筋梗塞は血管の病気であり不整脈とは無関係。事実、加齢や体質など、心臓病に関係しないことが原因としてもっとも多い。中年だと少なくとも毎日起きているそうで、ある程度は仕方がない。

不整脈は血液の流れに異常が起きるのだから、ひどい場合だと、意識がなくなったり、めまい、激しい息切れ、吐き気や冷や汗といった症状が起きてしまう。転倒することで骨折するなど、二次被害も多くみられる。

とりわけ注意したいのは、次のようなケースだ。
●『突然、動悸に襲われる』:頻脈が原因で、症状が改善しないなら服薬治療も
●『急に失神状態になる』:急な頻脈が原因。できるだけはやく受診すること
●『脈拍が減り、息切れを感じる』:徐脈が原因。心不全だとペースメーカー治療も


一方で、不整脈だからと言って、必ずしも過敏になる必要はない。そもそも、病気に由来するケースとそうではないケースがあり、運動や精神的興奮、発熱で脈が速くなるのはあくまで生理的な現象だからだ。過呼吸でなることもある。

たまに脈が飛ぶ、自覚症状のない徐脈も心配しないでいい。もちろん、他の病気との関連もあるので、一度検査することが望ましいが、普段の生活で気にし過ぎてはストレスがたまり逆効果になってしまう。要は、怖くない不整脈もあるということだ。

しかしながら、ならないのが一番。基本的な予防方法も挙げておこう。

・暴飲暴食を避ける
・規則正しい生活を心がける
・適度な運動
・適度なストレス発散


基本的にいえるのは、身体に悪い行動・習慣を持たないこと。そもそも、不整脈が起きるということは「中年カード」を突きつけられるようなもの。ライフスタイルを改善するきっかけと捉えればいいのだ。

中年の宿命!? 本当に注意すべき「不整脈」とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.