日刊大衆TOP トレンド

食中毒のふしぎ? ノロウイルスにかかりにくい血液型がある!?

食中毒のふしぎ? ノロウイルスにかかりにくい血液型がある!?

じめじめと蒸し暑い季節が到来。怖いのは食中毒だ。梅雨どきから夏にかけて、毎年のように食中毒の発生がニュースになる。

昨年は7月26日に、静岡市の花火大会の露天で売っていた冷やしキュウリを食べて508人が発症、115人以上が入院するという事態になった。原因はO-157だった。

厚労省の調べによれば、日本では年間2万人ほどが食中毒になり、そのうち10名前後が死亡している。たかが食中毒と、あなどってはいけないのだ。

食中毒は細菌によって引き起こされる。厚労省はO-157やサルモネラ菌など、16種類の細菌を主な食中毒原因菌に指定している。
防ぐ方法は、ともかく清潔にすること。とくに生の肉にはすべてといっていいほど細菌がついているので、触ったら手を洗い、包丁やまな板もよく洗う。
そして、加熱して食べる。中心部まで75℃以上で1分以上加熱すると、多くの細菌が死ぬ。

不思議なのは、同じ細菌に汚染されたものを食べても、その発症に個人差があること。ある調査によれば、O-157を食べて70%が発症、30%は無症状だった。
また、発症した人でも軽症の人もいれば、入院するほど重症の人もいた。一般的に、抵抗力の低い幼児や高齢者が重症になりやすい。

野生動物や鳥類の中には、腐った肉を食べても平気なものもいる。強力な胃酸で細菌を殺し、有毒な細菌にも耐える体質を持っているからともいわれているが、詳しいことはわかっていない。

人間はそこまで体質を変えることはできないが、ヨーグルトを食べて腸の中の善玉菌を増やしたり、睡眠を十分にとり、ストレスをなくして免疫力を高めるのがいい。

さらに、血液型も食中毒に関連性があるという。ノロウイルスのノーウォーク類似型は、B型の人には感染しない。ただし、この型のノロウイルス限定なのでご注意を。

食中毒のふしぎ? ノロウイルスにかかりにくい血液型がある!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.