日刊大衆TOP コラム

パンチ佐藤 高校野球・甲子園地方予選編vol.1

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

1isii1

パンチ佐藤の「野球が一番!」
第18回 高校野球・甲子園地方予選編vol.1


7月になります。いよいよ、夏の甲子園大会・地方予選が始まりますね。高校生にとっては大事な一戦。特に、3年生は今大会が高校野球最終戦になる可能性もあります。

「甲子園」……確かに、高校生にとっては誰もが憧れる聖地です。ところが、この聖地に対する「意識の差」が野球人としての資質に大きく関わります。

「甲子園に行けたら良いなあ」――そう思って練習している高校生と、「甲子園で活躍して大学やプロへ行くんだ」――という将来を見据えて練習に励んでいる選手は、この3年間で明確な「差」が生まれます。「甲子園は通過点」と目的意識を持っている高校球児が揃っている学校は強い。負けないです。

僕は神奈川・武相高校の出身。神奈川といえば、横浜高校、横浜商業、法政二高、桐蔭、東海大相模など、強豪校が勢揃い。甲子園に行くのは、容易ではなかった。

僕は中学3年の時、法政二高と武相から声をかけて頂きました。練習環境など考え、武相を選択。が、僕の頭は「その先」……高校卒業後を常に意識していました。

当時、高校卒業後、地元・川崎市水道局で軟式野球を続けるつもりだったんです。何しろ、川崎市水道局は軟式野球の日本一。僕はそこ(川崎市水道局への入団)を頂点に野球に励んでいたんです。

一方で「甲子園→プロ野球」の“エリートコース”については横浜高校に進学し、その後、プロ入りした先輩を知っていた。その先輩は「甲子園のレベル」「プロのレベル」を計るにはもってこいでしたね。まあ、プロ入りなど頭の片隅にもなかった中学3年時の佐藤和弘には、あまり現実的ではありませんでしたが……。
とはいえ、「あの先輩のようになりたい」と思い、練習に臨むか、およそ2年半、何の目的も持たず、ぼんやり練習をするのとでは、大きな差が生まれます。

2年半を長いと考えるか、短いと考えるか……。「長い」と思っている選手は論外。「短い」と考える選手は、一日も無駄にできないハズです。

選手だけでなく、指導者、監督が選手にキッチリ教育できて、その考えが浸透している高校は強い。選手、指導者、監督……三位一体が形成されているからです。

喫煙、飲酒、万引きといったつまらない誘惑はもちろん、ケータイやDSなどゲームに勤しんでいる時間もない。いまや全国区になっている強豪校などは、携帯電話の保持すら禁止されています。

時代に逆行していると思われるかもしれませんが、高校球児はそういう気持ちで野球に取り組んでほしい。

不思議なモノで、野球というのは私生活がプレーに出ます。3年間、コツコツ努力をする選手は、止めたバットにボールが当たって安打になる。それも、その安打が決勝タイムリーになるなど、肝心なところで結果が出るんです。

逆に、いい加減な気持ちで野球に取り組んでいると、9回裏にイージーゴロを失策。これが決勝タイムリーエラーとなり、戦犯的な扱いになったりする。

長嶋茂雄さんが常々、語っている「野球とは人生そのもの」は名言。まさに、その通りだと思いますね。
投手が制球を乱している時に「オイ、ピッチャー、何やってんだよ!」と思うか、「頑張れ、頑張れ!」と思うか――これが大きい。

前者の場合は得てして、自分のところに難しい打球が飛んでくる。これは、僕もプロ時代に体験していています。2軍の時、僕のところに捕れそうで捕れない打球が飛んできた。案の定、捕り損ねてコーチから「パンチ、しっかりしろ!」という檄が飛んだ。

後者の場合、難しい打球に身体が上手く反応。ファインプレーをして投手を盛り上げる。しかも、これで投手が生き返り、このワンプレーがチームの勝利に貢献。ヒーローになったりするんです。ホント、面白いですよ。

あとは道具。イチローはよく「道具を大切にしよう」といいます。その通りで、グローブやバットを丁寧かつ大切にしている選手は、グローブとバットが「ここ一番」で応えてくれる。これも事実です。

次回はもう少し、高校野球に踏み込んでいきたいと思います。

やっぱり「野球が一番!」。


パンチ佐藤(ぱんち・さとう)プロフィール

1964年12月3日生まれ
亜細亜大学から熊谷組を経て、オリックスにドラフト1位で入団。プロ野球時代、トレードマークのパンチパーマと独特な発言で人気者に。引退後はタレントとしても活躍し、2015年シーズンからBCリーグ『武蔵ヒートベアーズ』の宣伝本部長に就任した。

パンチ佐藤 高校野球・甲子園地方予選編vol.1

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.