日刊大衆TOP 芸能

WWE公演直前 ロック&ブライアン&ワイアット特別ニセ座談会!

WWE公演直前 ロック&ブライアン&ワイアット特別ニセ座談会!

いよいよ公演が間近と迫ったWWE。それに先駆けて先日「語れ!WWE」というガイドブックがベストムックシリーズより発売となった。

選手紹介や芸能界のユニバース(WWEファン)へのインタビューなど、読み応えのある特集が組まれたこのムックから、今回は特別に長年スパスタたちのコスプレを続けている3人のユニバースたちの座談会を掲載させてもらった。


002

左から)
康治(ブライアン)◎ブライアンやザック・ライダーなど、多彩なキャラのコスプレを行なう。西の方在住。
いんちき番長(ワイアット)◎様々なスパスタのコスプレを行なう、いんちき玩具コレクターであり、ライター。
代々木ロック(ザ・ロック)◎本人とも対面を果たした、WWEコスの世界では誰もが知ってるレベルの有名人!


やるんだったら徹底的にマネしたほうが絶対楽しいですよ!

──WW日本公演には欠かせないといってもいいコスプレ・ユニバースのみなさんですが、やっぱりお気に入りの選手のコスプレをするものなんですか?

いんちき番長 基本的に選手のことは好きなんですけど、コスプレする人のタイプにもよりますね。好きが高じてっていう人もいますけど、それだけじゃなくて。僕はジョン・シナも好きなんですけど「俺がシナやってもな」と(笑)。自分に合う選手のコスプレをするというか、「この選手、俺がやったら似てるんじゃないか?」っていうところから入ったり。今日のブレイ・ワイアットもそうですね。

康治 あとは人とかぶらないことも大事ですね。みんながみんなトップ選手のコスプレをするだけじゃなくて。

番長 去年かぶったもんね(笑)

康治 兄もコスプレしてるんですけど、日本公演前に「今年はエル・トリートでいく」って宣言してたんですよ。なのに、コスプレ仲間でほかにもエル・トリートがいて。何も、この選手でかぶることないだろうって(笑)

番長 「それはマナー違反だ」って説教しましたよ(笑)

代々木ロック 僕はずっとロック様なんで、そういうことはないんですけど……。ロック様がWWEにいない期間っていうのはしんどいものがありましたね。やっぱり出ていない選手なので、レジェンドとはいえ。試合コスチュームじゃない、「ハリウッド俳優」としてのロック様のコスプレをしたこともあるんですけど、それだとみんなピンとこないみたいで。

──じゃあ、レッスルマニアのゲストホストに決まった時には……。

代々木 最高でしたね。やっと戻ってきてくれたかと。

番長 でも代々木ロックっていう存在は我々の象徴みたいなところがあるんで、ブレないところがいいんですよね。

代々木 (ロック様の表情を作ったままで聞き続ける)。

康治 こういうところとかもですよね(笑)

代々木 いや、ロック様なんだからやらないと。ただコスチュームをマネするだけじゃ面白くないじゃないですか。

康治 あぁ、確かに。アメリカにも、コスプレしてる人はいますけど……。

番長 なんかユルい人もいるもんね。売ってるグッズを身につけてるだけ、みたいな。でも、どうせやるんだったら徹底的にマネしたほうが絶対に楽しいんですよ。

康治 コスチュームだけじゃなくて表情とかポーズとか、そういうところまで思いきりなりきるのが大事ですよね。

──実際、みなさんかなり凝ってますよね。ワイアットの腕のタトゥーも再現されてて。ブライアンのコスチュームも完全再現してますよね。

康治 基本、手作りなんでなかなか難しいんですけどね。肌色のストッキングをはいてそれっぽく見せたりとか、そういう細かいところも考えますね。 

番長 小道具とかも、日本ではなかなか売ってなかったりもしますしね。

──このワイアットのランプも、似たようなブツを見つけるとなると大変でしょうね。

番長 そうなんですよ。たとえばアンダーテイカーがかぶってる帽子にしても、日本だとどこで買えばいいのか分からないですよね。だから出張で海外に行くと、いろいろお店を見たりしますね。通販で探したりとか。

──じゃあ、テレビを見ながら「あれはどこで買えるんだ?」って考えたり。

番長 ありますね。最近はWWE見ながら僕がスマホ見てると、家族が「買わないでね、買わないでね」って言ってきますから(笑)。コスプレしたくなってるのがバレてるんですよね。

代々木 そういう意味では僕は楽ですね。もうロック様で固まっちゃってるんで。さっき言ったみたいに時流に合わないっていう時期もありましたけど。




代々木ロック、ついに本家ロックと対面!

番長 ただ、ロック様をやり続けたことで、ついに本人とご対面を果たしたわけですからね。

代々木 そうなんですよぉ! ホンットに感激しましたね。ロック様が主演映画のプロモーションで来日した時に、スタッフの方に呼んでいただいて。

康治 本家ロックと代々木ロックの夢の顔合わせが、ネットでも拡散しましたからね。

代々木 苦節10年。やり続けてよかったですよ。実は、WWEの地上波の番組に来ないかっていうお話もあったんですよ。でもそれはお断りして。それは僕の中でちょっと違うというか、やっぱり「偽ロック」なので。

──それでも本人たちに会えるっていうのがいいですよねぇ。スーパースター自身も、みなさんのコトを知ってるんですかね?

番長 けっこう見てくれてますね。ツイッターにコスプレした写真を上げるじゃないですか。それが拡散して、本人のところにも届くっていう。ほかのスーパースターが「お前のマネしてるユニバースがいるぜ」って本人に教えてくれることもあったり。

代々木 そういうところは、スーパースターってノリがいいんですよね。

──ツイッターを見てても、かなり自由ですよね。

代々木 僕のことフォローしてくれたりねぇ。ホントにユニバースでよかった、コスプレしててよかったなと…。

番長 ツイッターで知ってもらって、最終的に日本公演で僕のことを見つけて「お前かぁ!」みたいになったり(笑)

──「知ってるぞ」と。

代々木 日本公演の会場だと、バイトのスタッフさんがWWEに詳しくないこともあるじゃないですか。だからコスプレしてる僕たちを見て「選手の方はこちらです」ってバックステージに通してくれそうになったりもしますね(笑)

番長 こんなちっちゃいスーパースターいないだろっていう(笑)

康治 スーパースターとの接触でいうと、僕はもともとザック・ライダーが好きでコスプレしてたんですけど、そのおかげで本人にサングラスをもらったんですよ。

──それはユニバース冥利に尽きますね!

康治 去年、日本公演の前にケインがサイン会をやったじゃないですか。その時もブライアンのコスプレで行ったんですよ。そしたらスタッフの人に呼んでもらって、一緒に写真を撮ってもらえて。

──期せずして「チーム・ヘル・ノー」が実現したという。もはや公認ですね。

康治 そういうイベントって、普通は撮影禁止なんですよ。サインしてるところを撮るのはいいけど、ツーショットは時間かかっちゃうんで。そういうところで僕だけ撮らせてもらえたのは、コスプレしてるおかげですよね。

代々木 打ち上げに呼んでもらった時もありますし。そういうのはホントに嬉しいですね。そこで「体毛もちゃんと剃らなきゃダメじゃないか!」ってダメ出しされたこともあるんですけど(笑)

──アドバイスまでもらってしまったと(笑)




番長 あとは大会当日、会場に選手のバスが入ってくるじゃないですか。その時にコスプレでいると、スーパースターが窓から僕らを見てゲラゲラ笑ってるんですよね。そういう時は「やったな!」と思いますよね(笑)

──スーパースターたちが自分を見てウケてるぞと。

代々木 本人たちから反応があるのは嬉しいですよね。

康治 スーパースターに喜んでほしいっていうのはありますね。

番長 僕はいろんなコスプレをするんですけど、それはスーパースターへのメッセージじゃないですけど、それに近いところもあるんですよ。

──というと?

番長 せっかく来日してくれたんだから、喜んでほしいなっていう。そういう意味で、あえてトップどころじゃない選手のコスプレをして、「日本にも俺のファンがいるのか!」って思ってもらいたいなと。そういうところもスーパースターとユニバースの交流じゃないかと思ってますね。

康治 コスプレする時は、その大会に何かしら関連してるっていうのも大事かなと思いますね。ブライアンが来日してない時でも、さっき言ったみたいにタッグパートナーだったケインがいるから「チーム・ヘル・ノー」になるよな、みたいに。

──そうすると今年の日本公演はどうなりますか?

康治 今年もブライアンは来れないですけど、奥さんのブリー・ベラが来ますから。

──確かに(笑)

番長 日本で夫婦のツーショットが実現するかもしれない(笑)

──ところで、みなさんは日本のプロレス団体も見に行かれるんですか?

代々木 見に行く時もありますよ。

番長 昔の全日本プロレスって、WWEにもつながるところがあると思うんですよね。

代々木 やっぱり外国人のレスラーが好きっていうところはありますよね。

──昔の全日本は豪華外国人が目玉でしたからね。

番長 あと、僕は埼玉プロレスも見てましたね。

──また、ずいぶん毛色が違いますね(笑)

番長 でも、共通する部分もあるんですよ。キャラクターの魅力っていう。

──なるほど。WWEとはスケールが違うけど、個性豊かなキャラクターが楽しめるという部分はありますね。

番長 そこをもっと掘り下げると、子供の時の原点にキン肉マンがあるんですよね。

康治 あぁ〜。キン肉マンはありますよね。

番長 WWEのスーパースターも、レスラーであると同時にキン肉マンの超人みたいな部分があるっていうか。現実離れしたカッコいいキャラクターとして見てますね。だからコスプレしたくなるんだと思います。



※座談会全文から前半部分のみ抜粋、つづきは「語れ! WWE」本誌でお楽しみください。




過去に活躍したスター選手の名鑑や、WWEに欠かせないディーバたちの特集、さらには「スーパースター総選挙」なる企画まで、世界最大規模を誇るプロレス団体であるWWEに関する知識、歴史、が網羅されたマニア必見のムック。「語れ! WWE」(ベストムックシリーズ)は大好評発売中!



WWE公演直前 ロック&ブライアン&ワイアット特別ニセ座談会!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.