日刊大衆TOP 芸能

紫雷イオ インタビュー前編「姉の美央がいたから辞めずにこれた」

紫雷イオ インタビュー前編「姉の美央がいたから辞めずにこれた」

女子プロレス団体・スターダム。そのリングにおいて10回連続でベルトを防衛、さらに5代王座を獲得し、団体初のグランドスラムの偉業を飾るなど、スターの座を不動のものとしている紫雷イオ。「コアなプロレスファンではない一般の読者へ向けて、スターダムの魅力を伝える」というテーマを想定していたが、あの事件に関することからベルト論まで“逸女”ならではの至言が連発し、結果的に団体そのものの本質に迫るインタビューとなった。

高校生だった少女がスターダムを駆け上がった8年間とは、果たしてどんなものだったのか。いま最も注目される女子プロレスラー紫雷イオのインタビューをお届けする。


デビュー当時はプロレスの“プの字”も知らない女子高生でした

――高校在学中にプロレスラーとしてデビューした紫雷イオですが、どういった経緯でプロレス界に入ったんですか?

紫雷イオ(以下、イオ) 私にはプロレスラーの姉(紫雷美央選手)がいるんですけど、彼女が先にプロレス会場で「練習に来ない?」って誘われてたんですよ。まだ高校生だったんですが、その話を横から聞いてたらなんだか面白そうになっちゃって、「私もついていく!」って姉と一緒に練習見学に行ったんですよ。ちょうどずっと続けていた器械体操をやらなくなっていた時期だったんで、運動不足解消くらいの、ちょっとカラダを動かすかぁ~、みたいな軽いキモチで。

――新弟子は全員トライアウトを受けるものと思っていましたが、プロレス界にもスカウトがあるんですね。

イオ 姉妹でデビューさせたら注目されそうだから的なノリですよ。だって、誰かれ構わず、女のコに声を掛けていたらしいですからね。それが高校一年生の終わりの頃で、私は16歳でした。

――それまでにプロレスを見たり、やった経験はあったんですか?

イオ テレビでチラって見たことはあるって程度で、プロレスの“プの字”も知らない女子高生でしたよ。だって、実際にプロレスって意味がわかんなかったですもん(笑)

――意味とは?

イオ なんで相手をロープに振ったら戻ってくるの? みたいな。いわゆる初めてプロレスを見る人の疑問を全部持ってましたね。なんで、技を受けるの? よければイイじゃん! 相手を殴るときにわざわざ遠くへ走って反動つけるのはなんで? 直接、殴ればいいじゃん! そういうレベルでしたね(笑)

――そんな状態のまま、すぐにリングに立たされたというイオ選手ですが、最初の試合は覚えてますか?

イオ そうですね、“どインディー(インディー=いわゆる独立団体)”での試合がデビューだったんですが、週3回、3時間の練習をたった3ヶ月しただけで、ヒドイもんでしたね~。だって、ルールすら知らなかったんですもん。両肩がマットに着いて3カウント取られたら負けとか、そういうプロレスの基本的なことも知らないままリングに立ってしまった。いま考えると、すさまじいデビュー戦ですよね。

――じつはデビューしたてのイオ選手の試合を見たことがありまして、新宿FACEでの美央選手とのタッグでの試合だったのですが。

イオ ヒドかったですよね……?

――ムーンサルトプレスとかの飛び技を出して、技そのものはキレイだったのですが、どこか軽いというか、観客に対する説得力がまだ出来てないというか、そういった印象でした。

イオ ですよね。何をしたらいいのか、何をすればお客さんが喜ぶのか。そういうことが一切、わかってなかったんですよ。飛び技もただハデに飛べばいい、みたいな。恐ろしい話ですよ、あれでデビューしてしまったのは(笑)

――だからスターダムの頂点にまで駆け上がったいまの姿が、その頃のイオ選手と重なりにくいんですよ。

イオ 辞めなくて良かった~! 継続は力なりだとホント実感しちゃいますね。
美央とのタッグをやめたとき、プロ意識が芽生えた

――高校生でプロデビューを果たして、生活のペースもガラッと変わったと思うんですが、その辺りはどうでした?

イオ そうですね。平日は学校に行って、日によっては練習をして、週末は試合。今だから言えますけど、普通の高校生がやるようなバイト感覚というか、お小遣い稼ぎというか。プロレス自体にまったく身が入ってなかったんですよ。だから、そのままデビューしちゃってからが辛かった。わからないことが多すぎて、めちゃくちゃいっぱい失敗するんですよ。で、当然ですがヤジとか浴びて恥をかきまくるわけです。

――やっぱり普通の高校生のバイト感覚とは違いますよ。

イオ デビューしてから1年、2年は、もう何十回泣いたかわかんない。試合で恥ずかしい思い を味わって。ヤジをとばされて。そのころのことは試合で失敗したことしかほとんど覚えていないんです。その場では泣かなかったけど、家に帰ってから毎日泣いてましたもん。

――デビュー当時のイオ選手には、若さゆえのふてぶてしさがあったので、そんな姿はまったく想像出来ませんでしたが。

イオ いや、もう、家族にだけは絶対バレないように。風呂場でこっそり泣いてましたね(笑)。ホントは辞めたかったんですよ……。でも「どうせオマエら姉妹はスグにプロレス辞めるんだろ?」みたいな空気が会場まわりに流れてたんですよね。ちゃんとした団体にも所属していない、フリーみたいな立場だったし、そもそも礼儀もなってないし、チャラチャラもしてたし。何も出来てないヤツらだから、スグに辞めるだろう、って思われてたんですけど、そこで辞めたらそれこそ「アイツら、なんだったの?」って思われちゃうじゃないですか。だから「辞めたいけど辞めちゃいけない」って必死で喰らいついていったんです。

――辞めなかったのは意地だけ?

イオ やっぱり姉が一緒だったからですね。それが本当に心強かった。一人だったら、心折れてたかもしれないですけど、姉がいたから、先輩レスラーに無視されても、姉と喋ってればいいか、って。それが支えになってたし、だから乗り切れたんだと思います。じつは私、もともとメンタル弱いんですよ。本来は“豆腐メンタルのスーパーネガティブ女”なんですよ(笑)。

――失礼ながら、リングでの堂々とした姿があるし、そういうイメージまったくゼロですよ!

イオ いや~、めっちゃ弱いんですよ~。自分に自信持てないし、気も弱くて、言いたいことも何ひとつ言えない子だったんですよ。けっこう、ず~っと、二十歳過ぎるまで。思ったこと、何ひとつ言えなかったんですよ、本当に。

――その当時はお姉さんがずっと横にいたから、たとえアピールできなくても「妹だからしょうがないよね」というキャラとして観客からは見えてましたね。

イオ あぁ、それはありましたね。周囲の声に甘えていた部分はあります、ゼッタイに。

――それが現在のようなバリバリのプロ意識を抱くようになったのはいつ頃でしょうか?

イオ そうですね、紫雷美央とのタッグをやめたとき、です。姉妹ゲンカとかではなく、私自身が“紫雷姉妹”と言うブランドを捨ててでも勝負したいと思うようになったんです。自我が芽生えたんですよね、紫雷美央の妹っていう隠れミノから抜け出そうって。“紫雷イオ”として、一人のプロとして行動してみようと思ったんです。
とにかくスターになりたかった

――それでフリーへと転身し、その後のスターダムへの道につながっていったと。

イオ そうですね。

――そのスターダムという団体ですが、イオ選手がそこを目指した動機というのはなんだったんでしょうか?

イオ 私、スターになりたいんです。とにかく、スターになりたい。それはフリーになったころから現在までずっと変わらず持っていて。色々なプロレスを見てきて、その当時あった団体のほとんど全部のリングに上がったんですけど、そんなときに出会ったスターダムに「ここはスターになれる場所なんじゃないか」って感じたんです。当時の女子プロレスって、スターがいなかった、というか、どの団体を見ても誰もスターになろうとも思ってなかったと思うんです。

――対世間とかを意識していない、大会を開いてちょっとでもお客さんが来ればいいか、みたいな閉じた世界だったように思います。

イオ そうですよね。でも、私がスターダムという団体に魅力を感じたのは、本当に可愛らしい見た目の女の子がイッパイ集まって、彼女たちが本気でボロボロになりながらリングに立ち続けている姿。で、その子たちがスターになろうって必死に切磋琢磨している姿だったんです。

――はい。

イオ でも、そのとき私がフリーでいろいろな団体に上がらせていただいていたときは……正直なところ、何のモチベーションも無かったんですね。興行に出て、何の意味もなく勝って、何の意味もなく負けるという繰り返しで……面白くもなんともなかったんです。申し訳ないですけど。ハタチ過ぎの頃ですかね。

――高校を卒業して“職業”としてプロレスを選んだのに、そういう状況に?

イオ でも、スターダムを見てたら、選手のひとりひとりが、勝って喜びを爆発させたり、負けたら悔し泣きしたり……。そんな姿を見せられたらいつの間にか、自分もココで闘いたいって思って。

――そしてスターダムの門を叩いたと。

イオ そしたらもう、負けたら悔しいし、勝ったら嬉しいし楽しかったんですよ! やっぱり、闘っている本人が楽しくなきゃ、お客さんだって楽しくないですよね! 

――そうですね。

イオ 私、スターダムでの初めての試合で負けているんですよね~。愛川ゆず季に。ひじをケガしたうえに負けちゃって。しかも王座に挑戦しての負けで……、すっごく悔しかったんです。私はスターダム初戦に意気込んで「自分はこの団体でノロシを上げるんだ」って挑んだのに……、ボロ負けですよ。それ以前に、王座に挑戦表明したのに、どこの媒体にも『愛川ゆず季』って名前しか載らないんです。どこにも紫雷イオの名前は無い……、なにひとつ。それが試合前だったらまだしも、試合後のどの媒体にも私のことには触れられていない。それがすごく悔しくて!

――相当悔しい思いがあったんですね。

イオ でも、そういう感情を芽生えさせてくれたのがスターダムという団体で。それは、それだけスターダムでの勝敗に価値があるってことなんだなって思うんですよね。

――フリーだったころにはそういう価値観は無かったと。

イオ 無かったですよ。だって、それ以前に何の媒体にも載らないし、マスコミも食いつかないですから。

――それが、愛川ゆず季という選手には媒体が食いついたと。

イオ もともと芸能人としての知名度というのはあるでしょう。でも、スターダムでの彼女の活躍を見たら認めざるを得ないものがあって。だからこそ自分でスターダムの道を選んだからこそ、のし上がって……、って出鼻はくじかれちゃいましたけど(笑)

――例えばの話、あの一戦で愛川さんからベルトを獲っていたら?

イオ チョロいぜってなって、今とは違う感じの私だったと思う。だから逆に良かったんだなあって思ってますよ。けどボロッカスに負けて。しかも、いくら年上とはいえキャリア的には私のほうが5年近く先輩なわけで、それをね……。



取材◎ライターゐりゑ


インタビュー後編「王者になってもしばらくは腰にベルトを負けなくて、ずっと肩に担いでた」はhttps://taishu.jp/16512.php


profile
紫雷イオ
1990年5月8日、神奈川県生まれ。2007年3月に実姉・美央とともに「紫雷姉妹」としてデビューを果たす。数々の団体にフリーとして参戦後、2012年よりスターダムに所属。器械体操の経験を活かした華麗な空中技を武器とし、スターダム初の5大王座を制覇。ニックネームは「天空の逸女」。

■7月26日に後楽園ホールで行われる「STARDOM×STARDOM2015」大会で姉・紫雷美央との3年ぶりのタッグマッチを発表。
チケットなどの詳しい情報はオフィシャルサイトへ!
http://wwr-stardom.com/

紫雷イオ インタビュー前編「姉の美央がいたから辞めずにこれた」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.