日刊大衆TOP 芸能

ジェロム・レ・バンナとの思い出 チャクリキ代表・甘井氏のコラムがスタート

チャクリキ代表 甘井もとゆきのファイティングスポーツはサイコー!
第1回「ジェロム・レ・バンナのこと」




はじめまして。ドージョーチャクリキ・ジャパンの代表をしております、甘井もとゆきと申します。

ドージョーチャクリキは格闘技に詳しい方ならご存知のように、初代K-1王者のブランコ・シカティックや「20世紀最強の暴君」ピーター・アーツ選手を輩出したことで世界最高のジムとの評価を得て有名になりました。その後もノブ ハヤシ、ロイド・バン・ダム、バタハリなど国籍を問わず多くの優秀なファイターをトム・ハーリック会長は育ててきました。

2010年にチャクリキにとってひとつの事件が起こります。

前年2009年にピーター・アーツ選手がドージョーチャクリキに電撃復帰。

「限界説」も囁かれていたピーター選手ですが、少年時代からの師匠、トム会長の元で自らの再生に着手し、エロール・ジマーマン、グーカン・サキなどを次々と撃破し奇跡の大復活を遂げました。

ピーター選手の再生を横目で見ていた「K-1の番長」ジェロム・レ・バンナ選手はこれだけのトップスターでありながら、チャクリキへの入門を決意し、翌2010年にチャクリキに入ってきました。このニュースをトム会長から聞いた私は耳を疑いました。これまでジェロム選手はチャクリキにとって対角線上に居るのが当たり前の選手だったからです。しかし、素直にトム会長の元で自らの再生を懸けたいというジェロム選手の気持ちには感銘を受けました。

前述通り、チャクリキにとってジェロム・レ・バンナという選手は対角線コーナーに居るのが当たり前の選手で、当時は対戦も多かったが、強く怖いというイメージ通りで、あまり話す機会もありませんでした。後で聞いたら若い頃には出稽古でよくチャクリキ本部に足を運んでいたとか。これも意外でした。

現在チャクリキ・ジャパンでは天田ヒロミ選手のマネージメントを行っておりますが、天田選手もK-1 JAPANでいつもノブ ハヤシ選手の対角線に居た選手であり、最初はなかなかジェロム選手や天田選手がチャクリキの仲間である事に慣れませんでしたね(笑)。

実際に接するようになって、ジェロムの持つ怖さや強さは、そのまま「男気」であると解りました。ズレている所も多々ありますが面倒見の良い奴で、まさに番長です。

ジェロム選手が来日時に号令を掛け、ノブ選手と天田選手を川崎のインスパイヤードモーションに集合させ合同練習を行った事もあります。(インスパの山本アキラ代表はチャクリキOBでもあります)合同練習に参加はしましたが、天田選手は数日前の試合で激しくヒザを痛めており、ジェロムにも「今、ヒザが悪いから、ゴメンネ」と伝えておりました。

ジェロムは「OK! OK!」と返しており、それ以上に同じ大会にジェロムも参戦しておりましたから解っている筈なのに、熱を帯びてくるとそんなもの忘却の彼方です。天田選手に激しいローキックを叩き込み悶絶させました。

チャクリキでトレーニングを開始してからジェロム選手のローキックは凄いものになりましたね。フランスの大会ではローキックでKO勝ちを収めたりもしています。しかしここで天田選手にそこまでやる必要は無いでしょう。天田選手も「ジェロムの野郎!」と苦笑いしていました。
若手選手にも熱心に指導致します。あるチャクリキ・ジャパンの若手選手にアドバイスを開始したジェロム。「お前は映画『ロッキー』を観た事があるか?」横で聞いていた私は「んんん、何言ってるのジェロム?」です。

お構い無しにジェロムは続けます「ロッキー2で○○のトレーニングシーンがあるだろう? あれが○○で○○で…」と、ずっと映画『ロッキー』の話をしておりました。アドバイスが正鵠を射ているかどうかは解りませんが、ジェロムが『ロッキー』を大好きな事だけはよく解りました。

2011年の年末には、現在の奥さんであるメリッサさんにタイでの試合後、リング上からプロポーズしたというジェロム。きっと気分は「エイドリアーン!」だった筈です。


基本的にフランス人なのでロマンチストですよね。

ある時にジェロムと奥さんとノブ選手と私とで一度、南麻布の「鉄板焼acalli」という店で食事をしました。この店はトム会長のお気に入りの店でもあります。ノブ選手の白血病が快方に向かっている事をジェロムは大変喜んでくれ、その後、年末のGLORYではノブ選手がジェロムのセコンドを務める流れとなりました。

食事後、ホテルに戻るジェロムと奥さんのために私がタクシーを止めようとすると、ジェロムは「ノン!」と言いました。

聞き取り辛いジェロムの英語に耳を傾けると「今夜は月がとっても綺麗だから、彼女と二人で月を観ながら歩いて帰る」という、恐らくそういう意味の言葉を残し、奥さんと手を繋いで帰ってゆきました。

ノブ選手と「いやぁ、ジェロム、ちょっとかっこいいですね」「ああ、かっこええなぁ。せやけどホテルかなり遠いで。大丈夫かな?」という話をしながらノブ選手と私も帰路につきました。

数日後に聞いたら、ジェロムもホテルまで思ったより遠いのに気が付いて、やはりタクシーを拾って帰ったそうです。結局、恰好付けなんですけど、憎めない好漢です。

昨年7月、ジェロム・レ・バンナ選手はチャクリキ・ジャパン古河代表、相澤宏使師範と大森ゴールドジムにて定期トレーニングを行っておりました。身体の大きい相澤師範はジェロムやピーター選手のミットパートナーとして重宝されております。

練習後、大森駅へ向かって横断歩道を歩いていたジェロムと相澤師範の目前で、駅から逆方向に横断歩道を渡っていたおばあさんが転んでしまいました。それを見たジェロム選手はおばあさんに一目散に駆け寄り、「ダイジョウブ? ダイジョウブ?」と何度も聞き、手を繋いで、自分の行く方向とは逆側に歩き出し、おばあさんを目的の歩道までエスコート致しました。



これを見ていた相澤師範が慌ててスマホで撮った一枚がこの写真です。この写真がゴング格闘技のTwitterで紹介されると大反響を呼び、フジテレビの「めざましテレビ」でも紹介されました。ジェロム・レ・バンナの「男気」を端的に示すエピソードです。

また、忘れられないのが、数年前にジェロムが地元フランスでの興行に特別ゲストとしてシルベスター・スタローン氏を招いた事です。

これには奥さんのメリッサさんが結婚前にハリウッドで仕事をしていた事が切っ掛けとなったようです。メインイベントでジェロムは強豪相手に見事王座を防衛。スタローン氏にベルトを巻いてもらう姿が世界中に配信されました。

この大会後にジェロムが来日した際、「ジェロム、お前とロッキーを写真で見たぞ!」と声をかけると「オー、イエス、イエス、イエス、グレイト!」と少年のような満面の笑みで返してきたジェロム選手。やはり筋金入りのロッキーファンでした。

本当にジェロムの事を書き出すとページがいくらあっても足りません。それほど愉快で男気がありエピソード盛り沢山の好漢です。また機会を見てジェロムのこと、書いていきたいと思います。

甘井もとゆき
PROFILE
1967年4月22日生まれ。ドージョーチャクリキ・ジャパン株式会社 代表取締役。オランダ・アムステルダムを本拠地とする格闘技道場の名門ドージョーチャクリキの日本代表。日本人選手のマネージメント、外国人選手の招聘、自主興行の開催などを通じ、ファイティングスポーツの世界に携わっている。
ドージョーチャクリキ・ジャパンHPhttp://www.chakuriki.jp/
フェイスブックhttp://www.facebook.com/motoyuki.amai

ジェロム・レ・バンナとの思い出 チャクリキ代表・甘井氏のコラムがスタート

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.