日刊大衆TOP 娯楽

「あの時ヤメておけば…」と後悔しないためのパチンコ『ヤメ時』講座


レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第19回 ヤメ時のタイミングは2つだけ!


年間収支プラス50万。要領を押さえた立ち回りで小銭を稼ぐパチンコライター森本レオ子がパチンコのコツを伝授する本コラム。今回のお題は、パチンコ初心者がまず最初に陥る罠!! 「ヤメ時について」です。

「あの連チャンの後、すぐにヤメていれば勝てた」
「ヤメた直後に他の人に当てられた。あの時ヤメていなければ勝てた」
「いつヤメれば良いのかわからない……」
これらのセリフはパチンコを初めたばかりの人、しかも勝てていない人たちからよく耳にします。

連チャン直後が出玉のピークかもしれませんし、ヤメずに続けていればもう一度大きい連チャンがやってきてさらに出玉が増えるかもしれません。いつヤメるのがベストなのか。これは難しい問題に感じますよね。

でも意外と答えはシンプル。
実は、「ベストなヤメ時なんてものは存在しない」んです!! 

例えば、年間に何百万……最高峰の方なら一千万以上もパチンコで稼いでいるパチプロたちは、大連チャンしようが大ハマリを喰らおうが、顔色ひとつ変えることなく丸一日黙々と打ち続けています。一日単位で見れば、大ハマリは絶対に避けなければ勝てませんし、連チャン直後に即ヤメすればその日の最高出玉で終われるかもしれない。

しかし、その日限りでパチンコを引退する人ならさておき、みなさんはきっとまた次の休み、もしかしたら明日にでもまたパチンコを打ちに行きますよね? 今後もパチンコに費やす時間のことを考えれば、長い目で見て収支がプラスになるかどうかが肝心で、その日一日の出玉のピークなんてさほど重要ではありません。

すなわち、もしも勝ちやすい調整の台をつかむことができたなら、ヤメ時を意識せずに、時間が許す限り打ち続けるのが最良なのです(ダメな台を打ち続けては最悪ですが……)。

ヤメ時を意識し過ぎてその日一日の勝ち負けに振り回されるか、目前の勝ち負けにこだわらず長期的な収支を意識できるかは、勝ち組になれるか否かの決定的な違いといっても過言ではありません。

しかし、厳密に言うなれば実のところ、「ヤメ時で注意すべき点が2つ」存在します。逆に言うと、この2つのポイントにさえ注意していれば、その以外でヤメ時なんて気にする必要なし。むしろ、勝ちを重ねるためには気にしていてはいけないのです!
そして、肝心の注意すべきポイント2つとは「閉店時間」と「潜伏確変」。

まずは「閉店時間」。
地域によってパチンコホールの閉店時間はバラバラですが、ほとんどの地域が23時閉店かと思います。厳密に言えば、22時40分くらいがデッドライン。店員さんから「終了ですよ」と声をかけられてしまったら、例え10万ツッこんでようやく手にした確変が連チャン中だとしても、問答無用で試合終了となってしまうのです。

無慈悲に感じるかもしれませんが、それがルールなんですよね……。すなわち、閉店ギリギリまで粘り続けてしまうと、大損をしてしまう可能性が極めて高い! せっかく大当たりを手にしても無意味になっちゃいますから……。

そうならないためには、打つ機種のスペックや交換率にも左右はされますが、21時くらいの時点で連チャン中じゃないなら、ヤメちゃって良いかと思います。遅くとも22時には完全撤収したいですね。

そして「潜伏確変」。
出玉のない大当たりを引いて内部的には確変状態。でも電サポがつかないので追加投資が強いられる場面ですね。例えば、『北斗の拳6』で言うところの「断末魔モード」の一部(確変状態でないことも多いですが……)がそれに当たります。

この場合は当たるまで絶対にヤメちゃダメ! 
そういうと楽勝に感じるのですが、この潜伏確変ってヤツはチョ~やっかい。私は大っ嫌いですね(苦笑)。

何がやっかいかって、液晶演出だけでは、確変状態なのかそうでないのかを見分けるのが難しいんですよ。

実際は確変状態に入っていなかったのに、「レオ子がヤメるなって言ったから」と打ち続け、ズブズブ追加投資してしまっては真っ逆さまに堕ちるDESIRE状態、片●愛之助もビックリの泥沼へと一直線。

そうならないためには、潜伏確変か否かをしっかり見極めましょう!! 
それぞれの機種の潜伏確変の見抜き方をここでお教えすることはできませんが、ふだんはパチンコ攻略雑誌を読まないような方でも、この情報だけは調べておくことをオススメします。
基本的に、潜伏確変がある機種はどんな台でも、演出モード移行時にラウンドランプが点灯したり、セグが特定の形を示せば潜伏確変ゲットとなります。

セグ
ラウンドランプやセグは台の右下か左下にあることがほとんど。写真は『北斗の拳6』のセグで、台の左下にある。ちなみにこの場合は、4ラウンドのセグが表示されているので、内部的に確変(潜伏確変)当選となる。たいていの台は当選した時(モード突入時など)に表示され、その後消えてしまうため、見逃しは厳禁!!



ということで、以上の2点にさえ気をつければ、パチンコはどんなタイミングでヤメてもオーケー。

「この台退屈だな」「つまらないな」と感じた瞬間がベストのヤメ時といってもよいかもしれません。いつヤメるかにあまり振り回されずに、マイペースで楽しんでいただけたらと思います。

それでは、皆さんが勝てますように!! GOOD LUCK☆

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2007版権許諾証YDA-108 (C)Sammy


■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。




「あの時ヤメておけば…」と後悔しないためのパチンコ『ヤメ時』講座

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.