日刊大衆TOP トレンド

心臓病・糖尿病に効果あり! 海苔の持つスゴイ実力

心臓病・糖尿病に効果あり! 海苔の持つスゴイ実力

おにぎりに巻いたり、ざるそばの上にふりかけたり、ラーメンのトッピングにしたりと、毎度おなじみの海苔である。日常的に目にする機会が多いので、何気なく食べている人も多いかもしれない。

ところが、海苔にはとてつもない成分が含まれている。まずは食物繊維。海苔の3分の1は食物繊維でできている。野菜の食物繊維より柔らかくて、胃腸の壁を傷つけずに穏やかな整腸作用がある。便秘にも効果があり、腸をきれいにする。

そして、タンパク質も多い。海苔1枚に卵の5分の1個分、牛乳の5分の1本分のタンパク質が含まれている。

ビタミン類も豊富。ビタミンA、ビタミンB1、B2、B12、ビタミンC。ビタミンCはミカン1個の1.5倍もある。普通のビタミンCは熱に弱いが、海苔に含まれているビタミンCは熱にも強い。

さらに、カルシウムや鉄分もあり、貧血予防になる。
タウリンも含まれていて、悪玉コレストロールを減らし、血管障害、脳血栓、心筋梗塞、心不全の予防。その他、慢性肝炎や糖尿病にも効果があるのだ。

ちなみに、海苔1枚の大きさは、タテ21㎝×ヨコ19㎝が標準。これを全型(ぜんけい)という。半切(はんさい)または2切は、全型を半分に切ったもの。3切(さんさい)は3枚、4切(よんさい)は4枚に切ったものである。

これだけ優れた食べ物なら、おやつ代わりにそのまま食べたり、カップ麺にちょっとのせたりして食べてもいい。
まさに、いいことづくめ。海苔のパワーで、暑い夏を乗り切ろう!

心臓病・糖尿病に効果あり! 海苔の持つスゴイ実力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.