日刊大衆TOP トレンド

熱中症・熱射病・日射病はそれぞれどう違う?

熱中症・熱射病・日射病はそれぞれどう違う?

全国各地で35度以上の猛暑を観測というニュースが流れる季節となった。
先日など、群馬県館林市では39度超えを記録。埼玉県熊谷市も猛暑で有名だ。

この時期に増えるのが、熱中症。総務省消防庁によると、4月下旬から7月半ばにかけて10人以上が死亡した。

熱中症になるのは炎天下の屋外と考えがちだが、実は屋内でも危ない。屋外、屋内を問わず、高温多湿の環境の中で体温調節がうまくいかなくなって起こるのが熱中症だ。

大量の汗をかくと体内の水分や塩分が不足し、内臓や脳をめぐる血流が減り、めまいや立ちくらみの症状が出る。この初期段階で、水分や塩分を補給することが重要だ。しかし、放っておくと頭痛や吐き気、倦怠感が出てくる。この状態を熱中症という。

さらに症状が進むと、熱を体外に発散できなくなって体温が上昇し、内臓の障害が出てしまう。意識を失ったり、多臓器不全になったりして、死亡することもあるのだ。
熱射病や日射病という言葉も耳にするが、2つとも同じ熱中症を引き起こすものながら、その原因は微妙に違う。
熱射病は、体の熱を発散できず、熱が体内にこもって体温が上昇、先に挙げたような障害が出るもの。

一方、日射病は、炎天下で体の水分が不足して心臓に戻ってくる血液が少なくなり、心臓がパクパクと空打ちのような感じになってしまう症状だ。

どちらも命の危険があるため、十分に気をつけたい。

熱中症にならないための対策は、とにかく水分と塩分の補給。これでほぼ熱中症は防げる、と専門家は言う。

暑いことをボヤいても仕方ないが、くれぐれも熱中症には気を付け、夏を乗り切っていただきたい。

熱中症・熱射病・日射病はそれぞれどう違う?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.