日刊大衆TOP 芸能

モテる大人の遊び方 吉沢明歩「ウイスキーで女の子のハートをつかむ」vol.2

[増刊大衆07月26日号]

モテる大人の遊び方 吉沢明歩「ウイスキーで女の子のハートをつかむ」vol.2

もっと画像を見る

大人のバー遊びと称して"ウイスキーの世界"を探索しちゃう旅の2回目。前回は"バーとウイスキーの基礎知識"を中心に、ウイスキーの代名詞「スコッチウイスキー」についてお勉強しましたが、今回は、まだまだたくさんあるウイスキーの数々と、女の子に進めると喜ばれること間違いナシの飲み方を伝授しちゃいます!
スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本の5大ウイスキー。前回ご紹介したスコットランドのスコッチウイスキー以外も、その国が誇る自慢のお酒です。知れば知るほど、深みがあって面白いですよ。
前回に引き続き、東京・神楽坂のバー『M’s』の店長さんに、いろいろ教えていただきました。特に、甘~いウイスキーの飲み方は、女子にポイント高いですよ。
女の子が思わずドキッとするような"ウイスキーが似合う男"を目指しちゃいましょう!


バーとウイスキーの基礎知識

「バー」とはお酒を提供する場所の総称です。
1杯売りのお店を「ショットバー」、カウンターがあって、バーテンダーのいる本格的なお店を「オーセンティックバー」と呼びます。
こういったバーでは、食べ物はおつまみ程度のメニューがメインなので、2軒目以降に行くのがオススメ。

一見、敷居が高そうに見えますが、銘柄などがわからなくても、バーテンダーさんが教えてくれるので安心です。どんどん質問しちゃいましょう。お酒の話を聞くのって、楽しいですよ。 本場・英国だけじゃない! ウイスキー「ア・ラ・カルト」

ウイスキーの5大原産国であるスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本。前回はスコットランドのウイスキーを紹介しましたが、今回はそれ以外の4つを紹介しアm巣。それぞれの代表選手と特徴を抑えておけば、バー遊びの幅が広がりますよ!

「アメリカンウイスキー」

スコッチと並んで、すごく有名なのがアメリカンウイスキーです。その中でも代表的なのが、トウモロコシを主原料としたバーボンウイスキー。向かいのアメリカ映画で、ガンマンがグイッとショットであおるシーンに出てくるアレです。格式が高いスコッチと違って、かしこまらずに気軽に楽しめるのがアメリカンウイスキーの魅力なんです。
男性に大人気のバーボンは一見、ワイルドなイメージですが、バニラやキャラメルのような甘い香り、軽くてシャープな味わいが特徴で、飲みやすさのせいか「ウイスキーといえばバーボン」と言う人も多いんです。今回は人気3銘柄を飲み比べてみました!

『メーカーズマーク』(バーボン)
冬小麦仕立てで、柔らかい口当たりが特徴です。トレードマークの赤い封蝋(ふうろう)は全部手作業で作ってるんですって。柑橘類との相性がいいと勧められて、ソーダ割りにオレンジピールを入れてゴックン! う~ん、軽やか、バニラとオレンジの香りに癒されます。落ち着いた気分になれる1杯です。

『バッファロートレース』(バーボン)
230年の歴史があるアメリカでもっとも古い"伝統の蒸留所"で造られた代表的銘柄。オススメの飲み方はストレート。ラベルの硬派な感じに怖気づいちゃったけど、飲んでみてびっくる。メイプルの香りが強くて、上品な甘い口当たりなんです。ハチミツみたい! おいしいけど、たくさん飲んだら太っちゃいそう~。

『ジャックダニエル』(テネシー)
このボトルは有名ですよね。"バーボン飲むなら、これしか飲まない"という熱狂的信者も多いお酒です。特にミュージシャンがステージでラッパ飲みする映像なんかを、よく見ますよね。なんだか男っぽい雰囲気だなぁ。かなりがツンと来る独特な味わいです。
「カナディアンウイスキー」

2種類のウイスキーをブレンドして作られていて、5大ウイスキーの中ではもっともライトな飲み口と言われています。味と香りに癖が内ので、カクテルのベースにぽったりなんだそうです。
『カナディアンクラブ』
カナディアンウイスキーの代表選手。あっさりとした味で飲みやすく、値段もお手頃だから、ウイスキーの初心者におススメです。

「アイルランドウイスキー」
歴史的に最も古いのが、実はこのアイルランドウイスキーなんです。優しい口当たりで飲みやすさは抜群。スコッチやバーボンは味や香りにクセがあるからちょっと……なんていう人におススメですね。
『ブッシュミルズ』
"世界最古の蒸留所"として知られているブッシュミルズ蒸留所のお酒です。飲み口はスッキリしていて甘さは控えめ。日本酒、それも大吟醸を凝縮させたって感じかな。ライトだけど、しっかりした味わいです。

「ジャパニーズウイスキー」
朝ドラ『マッサン』で超有名になりましたよね。正統派スコッチをお手本にして作られたウイスキーは、味も香りもまろやかで、とっても上品なのが特徴です。いま、世界中でも人気上昇中なんですよ。
『竹鶴』
日本の軟水がお酒の甘みを引き立たせるので、水割りで飲むのがおススメ。これも日本酒に似た感じでキリッとしつつも、優しい風味。ついつい水のように、グビグビッと飲みほしちゃいました!
女子を落とす変化球はコレ! カクテル&フレーバー

カクテル

ウイスキーのおいしさを再発見できたのは、目からウロコの体験でしたが、強いお酒であることは確かです。特に女の子は、飲みやすいものから始めてみたいなって思うんじゃないでしょうか。そんな人のためにオススメかのがカクテル。お酒が弱い女の子も絶対に喜んでもらえると思いますよ。

フレーバードウイスキー

いろんなウイスキーを紹介してきましたが、最近はやってるのが"フレーバードウイスキー"、ウイスキーにいろんな甘味を加えたもので、驚くほど飲みやすいの。カシスオレンジを卒業したい女の子に人気急上昇だそうです。これは要チェックですよ~。

モテる大人の遊び方 吉沢明歩「ウイスキーで女の子のハートをつかむ」vol.2

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • モテる大人の遊び方 vol.1 吉沢明歩「ウイスキーで女の子を口説く」 モテる大人の遊び方 vol.1 吉沢明歩「ウイスキーで女の子を口説く」

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.