日刊大衆TOP トレンド

わかって飲んでる? カフェオレ、カフェラテ、コーヒー牛乳の違いとは

わかって飲んでる? カフェオレ、カフェラテ、コーヒー牛乳の違いとは

喫茶店やコーヒーショップで何気なく注文しているカフェオレやカフェラテ。甘くて飲みやすいことから、コーヒーが苦手でも、カフェオレかカフェラテなら飲めるという方もいるかもしれない。
しかし、カフェオレとカフェラテの違いは何なのだろうか?

まず、カフェオレもカフェラテもミルクが入っていることは共通している。違いは、入っているコーヒーの種類だ。

カフェオレには普通のコーヒー、カフェラテにはエスプレッソが入っている。エスプレッソは深煎りの豆を使った、濃くカフェインの少ないコーヒーのことで、小さなカップで飲む。

つまり、普通のコーヒーをミルクで割るとカフェオレに、エスプレッソをミルクで割るとカフェラテになるのだ。

味も、カフェオレはマイルド系、カフェラテは少しほろ苦い味となる。飲み比べてみると、カフェオレとカフェラテの違いはすぐに分かるかもしれない。
そして、コーヒー系飲料にもう一つ存在する類似飲料が、銭湯の自販機でよく見かけたコーヒー牛乳。こちらは、カフェオレやカフェラテとどう違うのだろうか?

カフェオレやカフェラテが、コーヒーを牛乳で割ったものに対し、こちらは牛乳などの乳製品にコーヒー及び砂糖などで味付けをしたものである。砂糖を大量に使用しているのでかなり甘く、子どもが好きそうな味だ。

カフェオレとカフェラテ、そしてコーヒー牛乳の違いが一応はっきりしたところだが、実は2003年、飲用乳の表示に関する公正競争条約により、生乳100%のものしか「牛乳」と表記できなくなった。

そのため、現在は「コーヒー牛乳」という名称は使われていない。旧・コーヒー牛乳は、成分はそのままで「カフェオレ」や「コーヒー」などの表記で売られているのである。

わかって飲んでる? カフェオレ、カフェラテ、コーヒー牛乳の違いとは

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.