日刊大衆TOP 社会

1984年グリコ・森永事件 元刑事・北芝健が読み解く「未解決事件現場」後編

[増刊大衆07月26日号]

元刑事・北芝健が読み解く「迷宮入り事件」の真相 あの未解決事件現場を歩く

度重なる警察の失態で犯人を取り逃がした事件――だが、未解決となった裏にはもっと深い闇が潜んでいた

グリコ・森永事件
1984年から85年にかけて、連続して食品メーカーが狙われた一連の企業脅迫事件。 兵庫、大阪、京都、滋賀と複数の都道府県で発生したことから、全国の警察が協力して捜査に当たる警察庁広域重要指定事件114号となった。
事件の発端は84年3月18日の江崎グリコ社長誘拐と身代金要求。それを皮きりに、グリコ本社及び関連子会社に放火し、青酸ソーダ入り菓子を送りつけるなどして脅迫すると、標的を丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋と次々に変えて脅迫した。森永脅迫の際は、実際に青酸ソーダ入り菓子を小売店にバラ撒き、日本中を騒然とさせた。
しかし、それぞれ現金を要求するも、犯人が指定した受け渡し場所には一度も現れず、事件は未解決になった。

日本の犯罪史上、きわめて異常な展開を見せた「グリコ・森永事件」。"かい人21面相"を名乗る犯人は、数々の食品会社を脅迫し、誘拐、恐喝、放火、毒物混入などの悪事を、約1年半にわたって繰り返した。また、警察やマスコミに挑戦状を送りつけ、報道されることを意識した立ち居振る舞いから、劇場型犯罪と呼ばれ、衆目を集めた。
しかし、「終結宣言」のあと、その動きはピタリと止み、結局、犯人が捕まることはなかった。

未解決になった原因の一つは、警察体制の不備に根深い問題があったことだと、北芝氏は指摘する。警察は犯人グループを、ある程度のところまで絞り込んでおり、不審人物に出くわす機会もあったが、あと一歩のところで逃げられているのだ。これにより、広域捜査における自治体ごとの連携の脆弱さや封建的な組織体制の弊害が露呈した。

だが、原因はそれだけではないと、北芝氏は言う。この事件には、さらに深い闇が潜んでいるというのだ。元刑事・北芝健が昭和の闇をえぐり出す!

『未解決事件の現場を歩く 激動の昭和篇』¥833(税別)双葉社
封印された「タブー」の真相を独自のプロファイリングで徹底検証。
科学の時代となった現在、いまだ謎残る惨劇の舞台を訪れてはじめて解き明かされる昭和の暗部、そして真犯人――。


深層 1 "精鋭集団"による複数犯の可能性も

「この事件の本質は、すべてグリコにあると思うんですよ」
北芝氏は、事件の性質がグリコのときと、それ以外のときで異なると言う。
「グリコだけ、過激だと思いませんか?誘拐、アベック襲撃など、武装した人間が出てくるのはグリコのときだけです。それに、塩酸や放火など、強烈な怒りが表れていますよね。長年、グリコに恨みを抱いていた者の犯行なんじゃないでしょうか」(北芝氏=以下同)

反対にグリコ以外は、メモを至る所に隠して探させるなど、脅迫を面白がっている印象すら感じ取れる。
「保護された江崎社長が、幹部と話したあとに口をつぐんだのも気になります。そもそも、全裸で誘拐されて衰弱した社長が自力で脱出なんて不可能ですよ」

それゆえに、当時から裏取引があったのではないかとマスコミは騒いだ。犯人からハウスへの脅迫状でも
「グリコ 6000万 ださんで 6億ではなし ついた」
と記している。だが、もちろんグリコは、この説を否定した。
「もし裏取引があって、警察の上層部がそれを察知していたのなら、逮捕に消極的なのも、わからなくはない。警察幹部が事実を不都合と判断して隠そうとしても、最前線の捜査員が真相を知ったら、犯人を逮捕したとたん、裏取引が白日の下に晒されてしまいますからね。人の口に戸は立てられない」

しかし、それなら江崎社長が解放された時点で脅迫は終わっているはず。その後、放火や毒入り菓子などにエスカレートしたのは、なぜだろうか。
「裏取引があったらの話ですが、一度口約束はしたものの、それを反故にしようとしたり、条件を渋ったりしたんでしょう。"俺らは本気だぞ"という脅しです」

ほかにも、グリコへの怨恨があったとする根拠がある。一つは江崎社長が誘拐されたときの状況だ。
「誘拐で江崎家に侵入した際、犯人は部屋にいた長女に"Mちゃん、静かにしろ"と、名前を呼んでいるんです。一緒に風呂に入っていた二女との区別がついている。つまり犯人は、江崎家の事情に詳しい人物です」

さらに、江崎氏が救出された際に着ていたコート。一部では、このコートが、戦前に存在した「グリコ青年学校」で支給されたものだと言われている。
そしてもう一つ、最も気になるのが、捜査関係者の間で「53年テープ」と呼ばれているテープの存在だ。
「78年(昭和53年)にグリコの常務宛に送られてきた脅迫テープです。初老の男性の声で、ある過激派が江崎氏の誘拐、グリコ放火、青酸入りグリコ製品のバラ撒きと引き換えに3億円を要求しようとしていると言って、仲裁に入るから1億7500万円よこせといった内容の取引を持ちかけているんです」

そして、この"予言"は6年後に現実となった。
「残念ながら、このテープの送り主や、事件との関連を示す証拠は何も出てきませんでしたが、関連性はあると思います。これらを見る限り、この事件は長い間、入念に計画されていたものである可能性は非常に高いでしょう」

このテープの存在からわかることは、長い時間をかけて緻密に練られた計画というだけではない。
「テープの声の主は、事件を企てているのは自分ではないと言ってますよね。まあ、真偽のほどは確かめられませんが、自分たちの組織に、グリコを狙っている別のグループがあると言っているようにも取れる」

つまり、犯行は単独ではなくグループによるもので、その背後に巨大なネットワークが存在している可能性があると言うのだ。
「ネットワークが巨大だからこそ、こういった情報漏洩があったんじゃないでしょうか。だから、このテープが送られてから6年も時間を空けている……ほとぼりが冷めるまで待っていたのかもしれません。それゆえに、今回の犯行は情報が漏れるのを防ぐために、おそらく短期間で実行に移されたはずです」

この一味とは、いったいどんなグループなのか。
「犯人は1つのグループだけではないと思います。最低でも、3つから4つのグループが集合して加担している。そこで、それぞれの精鋭が1つにまとまり、一致団結して役割分担を決めている印象があります」

オリジナルのメンバーが、そこまで粒が揃っているとは考えがたいと、北芝氏。どういったところが精鋭なのか。犯人グループの横顔に迫ってみよう。
「まず、誘拐やアベック襲撃を行った実行犯。これは相当な手練でしょう。おそらく銃器の扱いもできたでしょうし、元自衛隊員の被害男性をねじ伏せるなど、かなり腕力に自信のある人物でないと、こうはいきませんから。軍隊の訓練か何かを受けた経験のある人物かもしれない」
深層 2 グリコに強い恨みを抱く者の犯行か?

似たような特徴で言うと、ハウス脅迫の際、不審車両が狭い道をすり抜けて滋賀県警のパトカーを振り切ったのも然り。相当な運転技術と土地勘のある人物がいたことも想像できる。
「頭脳のある人間もいます。挑戦状や脅迫状の機知に富んだ文面は、かなり文才のある人物だと想像できます。また、あのコンビニで防犯ビデオに映った男の仕草。あれは、学者や医師、教師などの仕草に似ているんですよね」

北芝氏が着目したのは、お菓子の棚を覗き込む態度だ。商品を探すために棚を覗く場合、普通なら前屈みになるのが自然だが、
「体をのけ反らせて覗いてるでしょ。あれは、社会的地位の高い、いわゆる"先生"と呼ばれる人間に多く見られる動作なんですよ。もちろん、そうでない社会層にも、こういった動作をする人はいますが、無意識の場合に現れる心的姿勢と言えます」

さらには、脅迫電話の子供の声。これは犯人グループに未成年がいたという確証でもある。
「子供なんて、口止めできないでしょ、普通。つまり、相当密接な親子の絆を持つ家族もグループにいた可能性が高い」

そして、もう一つ驚くべき推測も成り立つ。
「警察無線の傍受もそうですけど、実は、犯人が現金の受け渡し場所に指定したのは、どこも無線が未整備の地区だったんです。それに、県を跨った犯行が多い。犯人は県警ごとの連携ができないのをわかっていたんじゃないか。特に、ハウスのときは滋賀に行ってますよね。合同捜査本部で最も発言力の弱い滋賀県を選んだ。彼らは、警察内部の構造や力関係をも熟知していた可能性がある」

つまり、警察内の極秘情報を知る人物もいたのではないかと言う。
「事件当時、警察官は徹底的な身辺調査をされていたので、犯人グループの一員が警察官とは考えづらいですが、そんな情報を入手できるための協力者がいた可能性はありますね」

腕力自慢、運転のプロ、インテリ、絆の固い家族、警察内部の事情通……これだけの精鋭が一つのグループだとは、確かに想像しがたい面もある。
「だから、そこには精鋭たちを、ごく短期間で結集できる"黒幕"も存在しているはずです。その人物がリーダー格なんでしょう」

そんな精鋭を短期間で集められるネットワークとは、いったい何か!?
ここで、北芝氏は驚くべき情報を口にした。合同捜査本部とは別行動で、極秘裏に動いていた警察の部隊があったというのだ。
「ある秘匿捜査部隊の捜査員たちがアジトを突き止めていたんです。そのアジトの隣の部屋を借りて、しばらく行動確認をしていた。ここまで肉薄していたにもかかわらず、その部隊にも、結局"ゴーサイン"は出なかったんです」

つまり、警察は犯人を絞っていたのだ。しかし、合同捜査本部の方針もそうだったように、この秘匿捜査部隊においても、職質には消極的だった。
その背景には、何があったのだろうか。
「先ほども言ったように、グリコへの配慮があったかもしれませんが、もう一つ、相手がそこまで逮捕に慎重を期さなければいけない組織だということもあったのかもしれない。間違いは決して許されない……まあ、そもそも誤認逮捕は絶対に許されないんですが、しくじったら、それこそ警察の根幹を揺るがすような背景があったと考えられます」

だから、捜査が消極的にならざるを得なかった。捜査に二の足を踏まなければいけない圧力があった?まるで刑事モノのドラマでも観ているようだ。
「犯人グループの中心は、グリコに対して非常なるルサンチマン(怨み)を抱えた集団でしょう。それも、かなり前から。たとえば、グリコの社長が先代の頃から、ずっと不遇を受けてきたんじゃないでしょうか」
深層 3 グリコ以外、森永などはカネ目当て

では、それ以降の脅迫に関しては、何を意味しているのだろうか。
「グリコ以外はカネ目当てですよ。まあ、仮にグリコ脅迫において、噂されている裏取引が成立していたのだとしたらの話ですが、ほかの食品企業でもカネを引っ張れるんじゃないかと考えたのかもしれません。特に、森永は狙いやすかったんでしょう。こちらは"製菓"ではなく、"乳業"の話ですが、ヒ素ミルク事件があったでしょ」

森永ヒ素ミルク事件とは、1955年に起きた食物中毒事件のこと。粉ミルクの製造過程で用いられる添加物に多量のヒ素が含まれており、1万3000人以上の乳児がヒ素中毒になり、約130人が死亡した事件だ。実際に、犯人から読売新聞社(週刊読売編集部宛)へ届いた挑戦状には、
「森永 まえに ひそで どくの こわさ よお わかっとるや ないか」
と記されており、この事件がヒントで狙ったとしている。

「この事件だって謎ですよ。単なる事故と言われていますが、もしかしたら、森永に不遇を受けていた誰かの怒りが爆発して、工業用の薬品と食品添加物をすり替えた可能性だってある。そう犯人は考えて、森永もグリコと似たような暗部を持っているはずだから、狙えると思ったんじゃないか」

犯人グループは脅迫状の中で、億単位のカネを要求している。しかも、前述のように、グリコからは6億円で話をつけたとも。これについての真偽のほどは確かめられないが、彼らが莫大なカネを必要としていたのは確かだ。
「端緒がグリコへの怨恨だったとは思うんですが、私が想像するに、リーダー格の人間は別のことも考えていたんじゃないかな。たとえば、こうです。リーダー格の人間は、とある巨大組織の上層部の人物で、その組織の中の一集団がグリコへの報復を計画しているのを知り、それを利用してグリコからカネを引っ張ろうと考えた」

だから、グリコに恨みを持つ集団に、組織内の他の集団から精鋭を送り込んで、何がなんでも報復を成功させようとした?
「それが成功したから、次々と標的を変えて、同じ手法で脅迫を繰り返したのかもしれない」

それほどまでに莫大な資金を必要としたのなら、その真の目的はなんだったのだろうか。
「その巨大組織が、一大事業を抱えていた、もしくは起こそうとしていたんじゃないでしょうか。もしそうなら、バブル期以降に急成長、もしくは急激に潤った企業のバックに、この組織がついていた、なんてことがあるかもしれない」
深層 4 事件を機に警察の捜査能力が大進歩

長い間不遇を受けてきた人たちのルサンチマンに、大企業の闇資金。一方、それに迫りながらも、もう一歩のところで逮捕できない警察、その背景にある無言の圧力……。北芝氏が言った"深い闇"とは、まさに、このことだったのだ。
「一見、アメリカ映画に出てきそうなくらい、ド派手な劇場型犯罪ですが、実は日本のダークサイドが浮き彫りになった、実に陰湿な事件だったんじゃないかと思います。犯行も陰湿なら、捜査側も陰湿な部分を持っていたんです」

戦後日本が長く抱えてきた闇が未解決の原因だとすれば、社会全体の膿みを浮き彫りにした事件とも言えるだろう。社会が変わらなければ、事件は永遠に解決しないのだ。
「でも、この事件で少なくとも警察は大きく変わりましたよ。皮肉な言い方ですが、いい教訓になっている。まず、広域捜査のやり方が変わりました。都道府県警同士の連絡不行き届きは解消されつつありますし、変な縄張り意識も薄れてきています。それに無線も大幅に整備されました。日本の警察は、いまやFBIも評価するほどのコミュニケーション能力です」

さらには鑑識をはじめとする科学捜査の進歩も、これを機に向上したという。
「この事件では、大量の物証があったんですが、つぶしきれずに難航しました。大量消費社会が訪れたばかりの頃ですから、当時の警察も困惑したでしょう。でも、これ以降、科学捜査は飛躍的に進歩しました。いまなら、そこから犯人の特定もできたんじゃないかな。物証が決定的なら、目星をつけた人間を見過ごすこともなかったでしょうね」

だが、警察の捜査能力の向上だけが問題ではない。社会の構造自体を改善していかなければ、こういった事件は繰り返されるだろう。誰もが住みよい環境にし、クリーンな社会を作って、第2のグリコ・森永事件を起こさないことが重要なのだ。それこそが、真の「解決」への糸口なのかもしれない――。

監修/北芝健


北芝健(きたしば・けん)
警視庁の元刑事。捜査一課特捜本部(一課外捜査員)、公安外事警察捜査員を歴任し、退職後は漫画原作者、作家、空手家、犯罪学者として活躍。近著に『刑事捜査バイブル』(双葉社)、『誰も知らない暴力団の経営学』(日本文芸社)、『20歳若返る美肌のつくり方』(ロングセラーズ)など多数。



『未解決事件の現場を歩く 激動の昭和篇』¥833(税別)双葉社

封印された「タブー」の真相を独自のプロファイリングで徹底検証。
科学の時代となった現在、いまだ謎残る惨劇の舞台を訪れてはじめて解き明かされる昭和の暗部、そして真犯人――。




この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.