日刊大衆TOP 芸能

筧美和子「思春期の頃は自分のカラダが恥ずかしくて…」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆08月17日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

筧美和子「思春期の頃は自分のカラダが恥ずかしくて…」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

その豊満ボディで男性誌のグラビアを席巻する一方、女の子受けする華やかな容姿で女性ファッション誌の専属モデルを務める筧美和子さん。最近は女優やCMタレントとしての活躍が目立つ彼女が、仮面ライダーの劇場版に出演するという。しかも、演じるのは美人すぎる警察署長? もう、逮捕しちゃってくださ~い!

――おお~。美人警察署長の出勤ですか! しかも、「一日警察署長」のタスキまでビシッと掛けて。

筧美和子(以下=筧) )似合ってます?

――はい、とても。でも、その制服って、後ろめたいことがなくても、なんかドキドキしちゃいますね。

筧 ウフフ。出演させていただいた映画『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』の衣裳なんですよ。

――ほう。今回の映画は主人公のライダー、泊進ノ介が指名手配されるストーリーということですが、筧さんの役は、まさかライダーを逮捕する役ですか?

筧 いえいえ(笑)。一日警察署長を務めるアイドル・花咲未来役なんです。

――そうですよね~。こんなに若くて美人の警察署長がいたら、逮捕希望者が続出しちゃいますもんね。

筧 ありがとうございます(笑)。実際に、鎌倉で一日警察署長をさせていただいたこともあるんですよ。でも、こういう格好って、めったにさせていただけるものじゃないので、とても貴重な体験でした。

――そうですよね。ちなみに、これまで仮面ライダーをご覧になったことは、あったんでしょうか?

筧 高校生のときに、4つ下の弟と、よく一緒に見ていましたね。

――特に印象に残っているライダーはいますか?

筧 『仮面ライダー龍騎』……ですね、よく見ていたので。それと、水嶋ヒロさんがライダーを演じた『仮面ライダーカブト』も思い出深いですね。

――イケメンですしね。ちなみに、筧さんが考えるライダーの魅力とは?

筧 変身ヒーローなんで、男の子向けの印象もあったんですが、実際に見ると、物語がちゃんとしているので、女子の私が見ても面白いんです。それに、ヒロインもかわいい子ばかりで、憧れでもありましたね。

――そんな憧れのライダーからオファーをもらったときは、どう思いました?

筧 そもそも劇場映画への出演も憧れだったんですが、それが私が見ていた仮面ライダーで、しかも歴史ある作品の映画版に出られるというのは驚きでもあり、喜びでもありました。

――筧さん自身は、ライダーへの変身願望はなかったんでしょうか?

筧 ウフフ。そこまでは期待してなかったですね。ただ、レギュラーメンバーの方たちと、以前、クイズ番組でご一緒させてもらえる機会があって。「あのメンバーに加われるんだ」って、ワクワクしました!

――それは、うれしいですよね。ちなみに、役作りのためにアイドル研究とかされたんでしょうか?

筧 特にしませんでした。柴﨑貴行監督からの指示は"ザ・アイドル"でお願いします、ということだったんですが……。

――ザ・アイドルですか? 分かるような、分からないような注文ですね(笑)。

筧 私も、そうリクエストされて迷ったんですが、想像を膨らませてやるしかないなって、自分に言い聞かせて頑張りました。

――演じた花咲未来は、どんな女性なんでしょう?

筧 空気が読めない天然チャンです。みんなが焦っているときも、一人だけフワフワしているところがあって。最初に台本を読んだとき、「この子、おもしろいな」と思いました。

――筧さん自身と重なる部分はないですよね?

筧 ありませんよ、たぶん(笑)。他人から言われたことを勘違いして、真逆の意味に勘違いしちゃうシーンがあるんですが、そんな子、そういなくないですか?

――確かに。自分とまったく違うキャラクターだからこそ、演じ甲斐があったんじゃないですか?

筧 そうですね。新鮮でしたし、最初は恥ずかしい部分もあったんです。

――恥ずかしい?

筧 いわゆる"ぶりっ子"……じゃないけど、そんな一面が彼女にはあって。でも、私の新たな部分を表現できたんじゃないかなって思っているんです。

――今回の撮影で苦労したシーンはありますか?

筧 最初に撮ったシーンですね。うれしさを体全体で表現しなきゃいけなかったんですが、それが全然うれしそうに見えなくて。私としては、うれしさMAXで演じたつもりだったんですが、ごく普通のテンションに見えたらしいんです。
男の人との生活は新鮮でした

――大変でしたね。

筧 でも、そんなとき、ゲスト出演している柳沢慎吾さんからアドバイスをいただいたんです。そしたら、すごく演じやすくなって。

――柳沢さんは、どんなアドバイスを?

筧 回るなどのアクションを大きめにしてみたら? などのアドバイスをいただきました。あと、休憩時間に一緒になることが多くって、面白い話をたくさん聞かせてくださったんですね。

――面白い話とは?

筧 ライダーとは関係ない話ばかり(笑)。あのお店だったら、○○が絶品とか。

――その光景、何となく目に浮かびます。柳沢さんの存在自体がアドバイスになったということですか?

筧 そうですね(笑)。

――ちょっと話は変わりますが、筧さんと言えば、一昨年放映されたリアリティバラエティ番組『テラスハウス』が大ブレイクのキッカケでした。この番組に出て、自身の中で何か変化はあったんでしょうか?

筧 それまで住んでいた実家を出て、仕事をして食べていかなきゃ……って考えていたときのお仕事だったんで、結果的に、心身ともに自立できたかな~と。

――それまでと環境がガラッと変わったんですね。

筧 そうですね。やはり他者との共同生活を通じて、人との繋がりの大切さを実感できたし、みんなから刺激を受けて、私も仕事に対する取り組み方がより前向きになりましたね。

――番組では約半年間、男女で共同生活を送ったわけですが、男性を見る目に何か変化はありました?

筧 男性とあんなに近い距離で生活するって、学生時代にもなかったんですね。だから、新鮮でしたが、それほど見る目は変わっていないと思いますよ。ただ、女友達に話すように、男の人とも何でも普通に話せる友達関係になることができるんだ、ってことは、新たな発見でした。

――ということは、番組以前は、男性に対して構えることがあったんですか?

筧 ありましたね(笑)。

――なるほど。男性との距離感は徐々に変化しているということなんですね。また、最近は女性誌の専属モデルをされるなど、仕事も変化し続けていますね。

筧 女優の仕事とモデルの仕事って違うようで、"表現する"という意味では、そんなに変わらないんじゃないかなって。共通するのは、"事前の準備の大切さ"もあると思います。

――事前の準備?

筧 映画なら何度もセリフを練習して、こうやって演じようって考えるし、女性誌なら、この服でこのページをオシャレに格好よく見せたいから、ダイエットを頑張ろうとか、肌をもっとキレイにしようとか。頑張ると、思っていた以上の評価を得ることもあるんで、準備って大切なんだなと。最近は、準備すること自体も楽しいですし。

――さすがです。ちなみに表現と言えば、昨年はカラダで表現する初写真集『ヴィーナス誕生』が話題になりました。男子としては、どうしても立派な胸に目が行っちゃいます。でも、胸が大きいことがコンプレックスだったとか?

筧 思春期の頃は洋服を着たときに、胸が大きすぎてキレイに見えなかったりとかして、恥かしいって気持ちがあったんですね。

――最近もそういった恥ずかしさはあるんですか?

筧 もう恥ずかしさはないですね。隠すというより、ちゃんとケアしていこう、キレイに見せようって努力するようになりました。

――プロの鑑ですね。また胸の形を維持するため、一時期、キャベツをずっと食べていた……との話も聞いたことがありますが……。

筧 あ~その話はですね、ダイエットでキャベツを食べていた時期があって、その頃にキャベツにそういう作用があるらしいよって言われて「じゃあ、そうなのかもね」って話になっただけで、胸のために食べたわけじゃないんです。

――そうか~。確かに、必要ないですもんね。では、最後になりますが、今後、挑戦されたい役柄は?

筧 CA(キャビンアテンダント=客室乗務員)。時代劇もいいですね。

――コスプレ系ですか?

筧 コスプレに憧れているわけじゃないんですよ。CAは恰好いいなって思っていた時期があったので、役でできたら幸せだな~って思っているんです。

グラドル、ファッションモデル、そして女優……。多方面で活躍する筧さん。仕事への真摯な姿勢は「素晴らしい」のひと言です。女優として、オンナとして、さらなる飛躍を遂げること間違いなし。今後の活躍に注目しましょう!


●ポラロイドプレゼント●
筧美和子さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください。
応募する
※会員登録が必須となります。

筧美和子 かけい・みわこ
1994年3月6日、東京都生まれ。T164‐B87W60H85。2011年、友人と訪れたファッションショーでスカウトされ、13年「ワンライフモデルオーディション」で準グランプリを受賞。同年放送の『テラスハウス』(フジテレビ系)で注目を浴びる。昨年より女性ファッション誌『JJ』の専属モデルを務める。出演の映画『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』は8月8日公開。

筧美和子「思春期の頃は自分のカラダが恥ずかしくて…」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.