日刊大衆TOP コラム

第39回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯




美和 暑いですねぇ。私は暑いのには滅法強いのですが、それでも宗男先生の元気さに負けそうです。

宗男 私は、寒いのも強いけれど暑いのはもっと得意ですからね! 極寒の北海道、足寄の寒さの辛さに比べれば、この暑さも何のそのですよ!!

vol.39-1


美和 そう言ってお年寄りたちは冷房をつけないで、熱中症になったりしますよね。あっ、もちろん宗男先生は、まだギラギラの現役ですが(笑)。

宗男 もちろんですよ!さて、今日のお題は何かな?

美和 先頃発表になった「日本を訪れてた外国人」ですが、上半期の累計が前年同期比 46%増の 914 万人に達して、これまで過去最高だった 2014 年上半期 の訪日外国人客数 626 万人を 288 万人余り上回ったそうです!

宗男 ほぅ。

美和 で、やっぱりその中で目立つのは中国人観光客ですよね? ちょっと高級なお店にいくと、そこにいるのは中国人ばかり! 日本人は何処へ行ったんだ? という光景は、もう数年前からですが、最近はホットヨガやエクササイズなどに行っても中国人がチラホラ。すごい情報のアンテナを巡らせているなと、感心しています。そんな話にからめて、ずばり日中関係・日韓関係についてが今日のお題です。

宗男 コレは、巡りあわせなんですよ。隣国という“お互い引っ越し出来ない関係”なんです。ここはお互い折り合いをつけながら、未来志向で仲良くやっていく。

美和 中国人観光客の「爆買い」はいかがですか?

宗男 これなんかは、ありがたい! 東京だけでなく、地方でもどんどんお金を使っていただきたい。かつて世界では、日本人の団体観光客のことを「ノーキョー」と言われたんですよ。50年位前から、日本はオリンピックが終わって高度成長で一息ついた頃。ジャルパックがスタートした頃で日本人の団体を見れば外国人が「ノーキョー」と呼んだんですよ。今、中国人が「行儀が悪い」と言うけどね、日本人もかつてそう言われたんですから。私は広い心で見た方がいいと思う。

vol.39-2


編集 そういう風に考えると、バブルの頃の日本もニューヨークとかのビルをたくさん買っていたのと同じかもしれないですね。

美和 たしかにその頃日本人の女子は、パリのルイ・ヴィトンに行って「爆買い」していましたものね(笑)。入場規制されたにもかかわらず、店の外に列を作って並んでいるニュースも流れていました。

vol.39-3


編集 中国人観光客の「爆買い」だけじゃなくて、中国資本が日本の会社や土地も買ったりとかの話も…。

宗男 それもまた自由経済だから仕方ないですよ。“ルールに則って”手に入れたんだから。それを「けしからん」というのは、逆にけしからん。“頭に虫が入ってる!”

美和 出ました「宗男節!」宗男先生、考え方が柔軟ですよね。北の広大な地に生まれ育ったからでしょうかね(笑)?

宗男 私は“臨機応変”“折り合いをつける”というのがポリシーです。「昔はこうだったから」とかは通りません!

美和 中国系の資本が日本に進出して、土地を買っていたり、ビルを買ったり、企業を買ったり。更に問題になっているのは、富士山周辺の水源地を買っているとか。これはある意味“経済的な侵略”ではないか?と。

宗男 水源地…。富士山周辺とかの?

vol.39-4


美和 そこの土地を中国人が買っているという。

宗男 じゃあ「富士の天然水」が使えなくなるのか!?

美和 宗男先生は「爆買い」はありがたい。という話だったのですが、富士山の水源にまで至ってくると心配ですか?

宗男 私は何も心配していません!日本だって、バブルの時にニューヨークのマンハッタンを買いにいったんですから。そういう時代もあったんだから、何も気にする話じゃない。

美和 逆にウェルカム?

宗男 自由経済を標榜している以上は当然ですよ!日本だって、中国でビルを買ったりしてるでしょ?

美和 今後、日本はどうやって再び経済力をつけていけばいいんですか?

宗男 ロシアと組むことです!

vol.39-5


美和 日本とロシア、組むのは民族性の違いとかないのですかね?

宗男 この国際化の時代。もう“国境線がない”時代じゃないでしょうか? 地球はひとつ。アメリカとロシアが喧嘩していても、宇宙船の中では仲良くやっているじゃないですか!私はこれが平和の象徴だと思いますよ。それともうひとつ大事なことは、歴史文化なんですよ。ロシア人が一番警戒する民族はどこか?こういうのを今の政治家は勉強していないし、わかっていませんね!

美和 はぁ…。

宗男 ロシアは中国を一番警戒しているんです。それはなぜかというと、国境線が4,000キロもありますから。その国境線の中国側には1億1千万人いる、ロシア側はたった700万人しかいない。何かあってドッと入られたら終わっちゃうんです。だからロシアは中国を警戒しているんです。ロシアのひとつの価値観なんですね。ロシアの国民性というのを、日本の政治家はあんまり理解していない。併せて日本がダメなのは、ソ連=ロシア、と思っている人がいる。ソ連共産主義と、自由と民主のロシアは違うんですよ。それをみんな一緒くたにしていますね。これはいけません。

美和 ロシアと組んで、具体的にはどんなことをしていけばいいのですか?

宗男 日本のウイークポイントはエネルギーなんですよ。アメリカに依存しているから、アメリカの従属国家と言われるんですよ!しかし、世界で一番エネルギーを持っているのはロシアなんです。

美和 強いですね、そこと組んだら日本も。

宗男 だから、そこと組むことが日本の国益だということを今の政治家は“頭に虫が入っていて”わかっていない!

vol.39-6


編集 リスクヘッジという意味で、ロシアと組んだりエネルギーの確保をするのはいいと思うんですけど、ロシアに依存してしまうと、ある意味交渉や脅しのカードに使われたりという心配は?

宗男 それも私に言わせれば“頭に虫の入っている”人の考えなんです。勉強していないんです。天然ガスのバルブ止められたのはウクライナだけです。じゃあなぜウクライナはバルブを止められたのか?それは借金を払ってないからですよ。

美和 ロシアに対しての?

宗男 ロシアだってちゃんと契約通り金を払えば(エネルギーを)流すんですよ。

美和 中国人の「爆買い」は、ありがたく受け入れる!土地や会社が買われたって、それは自由経済だからしょうがない。時代が変われば日本人だってそうだった。また、ロシアと組めばエネルギーの確保もできて、日本の経済力もまた復活すると!

宗男・美和 ズバッと一刀両断「ムネオ先生に訊け!」

キメ




※当企画では、日刊大衆読者のみなさんの日頃の悩みのご相談だけでなく、宗男先生にズバッと斬ってもらいたい事も大募集しております。佐野美和さんを通して鈴木宗男氏に相談したいことやくだらないこと、どんなことでも全然OK! ご応募お待ちしております。

>宛先はコチラ<



佐野 美和(さの みわ)プロフィール
1966年12月16日生まれ
政治キャスター。伝説の番組「オールナイトフジ」にオールナイターズとしてレギュラー出演。92年度ミス日本受賞。1995年28歳で、八王子市議会議員当選。<美人すぎる市議>として脚光を浴びる。
2002年より政治キャスターとして国会議員にインタビュー。
現在はustream「会いに行ける国会議員みわちゃんねる突撃永田町!」で政治キャスターを務める。国会議員へのインタビューは、のべ400人以上。TV、ラジオの広告代理店㈱チェリーブロッサムの経営も手掛ける。

鈴木 宗男(すずき むねお)プロフィール
1948年1月31日生まれ
政治家。北海道出身。拓殖大学政経学部在学中より、故・中川一郎元衆議院議員の秘書を務める。1983年に自由民主党より出馬し、衆議院議員に初当選。防衛政務次官、外務政務次官などを務める。
また1997年には国務大臣として北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官を歴任。2002年に自民党を離党。
2005年には新党大地を結成。代表となり、その年衆議院議員に返り咲く。防衛・外交の論客として鳴らす一方、その人情味溢れ、愛されるキャラクターは、歌手の松山千春をはじめとしてシンパが多数。ムネオの愛称でも知られる。
娘は衆議院議員の鈴木貴子。

第39回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.