日刊大衆TOP トレンド

快眠外来20 こんな歯科医は、要注意!


その噛み合わせ、大丈夫?


001



まさか不眠が歯科治療のせいとは! 歯の治療を受けるたびに、噛み合せがどんどんズレていき、その結果、不眠、頭痛、肩こり、腰痛……など全身に不調が及んでいく――。
前回紹介した衝撃の事実。眠りの女王ヒサコがいま通っている歯医者さんは、だいじょうぶかしら~!?

002
篠原裕之/しのはらひろゆき

「篠原長寿歯科」(大阪市)院長。歯学博士。1960年、内科開業医の長男として生まれる。’87年朝日大学歯学部卒業、91年同大学院(顎顔面外科学)修了。大学院時代に病気と戦う現場を経験し、「延命」について考える。2003年、須磨厚夫氏より、ヒトのあるべき噛み合わせを伝授される。歯科医療の現実を憂い、『歯科医が病気をつくる』(あさ出版)を上梓したばかり。日本抗加齢医学界認定医、日本口腔外科学会、日本口腔ケア学会、日本癌学会正会員。

「噛み合わせは、どの歯医者さんも一応、確かめます。赤い紙を噛んでください、と言われるでしょう」と篠原先生。

「カチカチカチ……と噛んでください」って言われるやつですね。

「そうです。この咬合紙の厚さは、たいてい30~50ミクロンを使っています。でも人間の感覚は20ミクロンくらいまでは、噛んだかどうかわかるのです。だからこの厚さでは、アバウトな噛み合わせしか確認できない、精度が低いのです。私は12ミクロンを使っています。今度、カチカチカチとやられたときに、“何ミクロン?”と聞いてみてください」

えぇ……? ちょっと聞きにくいです……。

「どうしてですか? 自分の体が調べられているんですよ? カバンを買うときに、これ何の皮?と聞いても、だれも怒らないでしょう? ぜひ、一度聞いてみてください」

は、はい。がんばって聞いてみます。

「あと、この咬合紙を片側の歯列だけに入れていませんか?」

たしか、片方にしか入れてなかったような……。

「それだと、入れてないほうは当然、浮きますよね。左右の歯列に同時に1枚ずつ入れて同じ高さにしないと、正しく噛み合わせをチェックすることはできません」

篠原先生が以前働いたことのある何軒かの歯科では、「噛み合わせは、少し低めに」というのが、常識になっていたといいます。

噛み合わせは少し高いと、ほかの歯よりも、ほんの少し早く当たる。するとそこだけ負担がかかります。患者さんから「少し当たる」「違和感がある」「痛い」ということになる。だから、そう言われないように、少し低めの噛み合わせにしておくのが賢い、というわけです。

「もちろん、ジャストがいいに決まっているのですが、片側だけに紙を入れてチェックしているから、よけいわからないのです。だから患者さんに“どうですか?”“どうですか?”とやたらと聞くんです。私はほとんど聞きません。だって見ていればわかるんですから。でも、患者さんは聞かれるのが普通になっているので、むしろ聞かれないと不安に思ってしまうのです」

ああ、なんだか全部、当てはまります。ちょっと不安になってきました……。

「総入れ歯を作り直したときに、“そういえば、私はこんなふうな面長だった”と言われることがあります。丸顔になっていたのは、歯の位置が低くなっていたせいだったのです」
歯は歯の問題にとどまらない

「噛み合わせが低くなると、口の中の空間が狭くなってきます。すると咀嚼したり、飲み込んだりする力も衰えてしまう。充分な咀嚼ができなくなれば、消化吸収にも影響して、健康にも問題が出てきます」

口を充分に使わないと、顔の筋肉も衰え、噛む力もさらに衰え、滑舌が悪くなり、シワが増え……、やがて認知機能にまで影響するといいます。

「おおげさな、と思うかもしれません。65歳で寿命が終わる時代は、それでよかったかもしれません。しかし、80、90、100……と生きる時代に、歯科医は歯と歯茎を診ているだけではダメなんです。歯の数を守ること以上に、飲み込む、笑う、話す……これらの機能が大事なんです。WHOもそう提言しています」

高齢化社会に向け、健康寿命を延ばすためには、口腔機能をしっかり診られる歯科医が育たないといけない。そうすれば、胃ろうも絶飲食も、寝たきりも減らせる。認知症ももっと防げる!

全国の病院、老人施設などで、嚥下リハビリテーションの啓蒙、普及活動をしている篠原先生は、声を大にします。

「老人病院では、胃ろうや絶飲食が蔓延していますが、多くは口から食べられるのです。好きなお酒をひと口、好きなオレンジをひと口食べたら、俄然、本人もやる気になるんです。ご家族も明るくなる。それなのに、家族がちょっと水を飲ませただけで、医師や看護師から叱られる、死にますよ、なんて言われる。それが医療でしょうか。年をとって肺炎になると、すぐに口から食べさせない、となりますが、私たちが肺炎になっても薬だけ飲んでいればいい、とはならないでしょう。しっかり食べて栄養をつけなければいけない。なのになぜ、年寄りの肺炎だけ、食べ物を取り上げるんでしょうか?」

口から食べるようになったら、それまでまったく意思疎通できないと思っていた人が、笑うようになった。寝たきりだった人が立って歩けるようになった。脳腫瘍であいさつできなかった人が、目であいさつできるようになった。自宅での外泊ができるようになった。そして施設に戻った晩に、「寂しい」とハラハラと泣いた……。人間の感情を取り戻した――。

口から食べる、飲むことの計り知れない効果を、目の当たりにしてきた篠原先生。

歯は歯の問題にとどまらない。不眠や肩こり、頭痛、腰痛…の不調にもとどまらない。口から食べるということは、健康の根幹であり、いのちの根源、いのちの尊厳にかかわることなのですね。

「どうぞ、長寿社会を見据えた歯科治療を受けて欲しい。本当は歯科医こそ、もっと目覚めて勉強しないといけないのですが……。自分の身は自分で守る、強い意志を持って、歯科医を選んでほしいと思います」

ほかの病気と同様に、治療に疑問や不安を抱いたら、セカンドオピニオン、サードオピニオンを受けて欲しい、と篠原先生。そのときは、「歯科口腔外科専門医」の受診がオススメ。一般の歯科医師とは違った見地で、体全体を視野に入れて、不具合の可能性を探してくれるといいます。

日本口腔外科学会のサイトでは、「口腔外科専門医」のリストを公開しています。医師名と都道府県名しか公開されていませんが、信頼できる医師を探す参考になりますよ!

日本口腔外科学会 http://www.jsoms.or.jp/


篠原裕之・著 『歯医者が病気をつくる』1404円(税込)あさ出版

頭痛、肩こり、腰痛、冷え、不眠、うつ…心身の不調が、歯科治療によってもたらされているかもしれない。寝たきりや胃ろうを減らし、最後までイキイキと暮らすための「口腔ケア」の必要性を訴える。今の歯科治療に警鐘を鳴らす、一冊。



(取材・文/眠りの女王ヒサコ)

快眠外来20 こんな歯科医は、要注意!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.