日刊大衆TOP トレンド

「化粧品」と「薬用化粧品」どっちがナニに効果的?

「化粧品」と「薬用化粧品」どっちがナニに効果的?

最近は、男性用化粧品も増えてきた。しかし、「化粧品の知識がないので、何を買ったらいいのかわからない」という人も多いようだ。

化粧品には「薬用化粧品」と表示されているものがある。普通の化粧品とどう違うのか。

「化粧品」は、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つ、などの目的で使用される製品。 一方の「薬用化粧品」は、化粧品としての効果に加え、肌荒れやニキビを防ぐ、美白、デオドラント、殺菌などの効果を持つ有効成分が配合されているもの。薬事法によって厚生労働省が判定・許可するのである。

薬用化粧品は、「医薬部外品」という範疇に入る。つまり、医薬品ではない、ということだ。

「医薬品」は治癒を目的とするが、「医薬部外品」は治療ではなく、予防が目的となる。したがって、効果効能が穏やかであり、すべての人の肌荒れやニキビに効果があるとは限らないということだ。
とはいえ、美白効果やニキビ予防などの有効成分が薬事法に準じて配合されているので、製品を選ぶときの目安にはなる。
薬事法改正で、化粧品は全成分の表示が義務づけられた。しかし、医薬部外品は全成分の表示は義務づけられていない。
極端にいえば、肌に良くない合成香料や合成色素が配合されていても、表示しなくてもいい。

体質的にかぶれやすい、敏感肌などの人は、自分がどの成分に反応するかを知り、自分に合う化粧品はどれなのかを見つけるのがいいだろう。

女性は外出する前に化粧に時間をかける。
これからは男性も、外出の前には鏡の前に座って化粧に時間をかけ、外出先でも、トイレに入るたびに顔をチェックする時代になるのかもしれない。

「化粧品」と「薬用化粧品」どっちがナニに効果的?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.