日刊大衆TOP 社会

改造学生服からなめ猫まで! ヤンキーファッション大研究

[有名人101人のタブーなヤンキー&女ツッパリ マル秘伝説]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

改造学生服からなめ猫まで! ヤンキーファッション大研究

ラッパズボンを履くことがヤンキーへの第一歩

「ヤンキー」という言葉が不良の代名詞になったのは、1980年代になってからのことだ。それまでは「ツッパリ」、あるいは単に「不良」などと呼ばれていた。まあ、呼び方はどうであれ、落ちこぼれ……と言って語弊があるなら、ワル連中にとって大切なことは、自らの信念に基づいたスタイルを完遂することであって、呼称の問題ではない。要するに人様にどう呼ばれようが知ったことではないのだ。

しかし、である。どのように呼ばれるかは気にしなくとも、どのように「見られるか」には大いにこだわるのが彼らの気質だ。そもそも、大体が不良だのヤンキーだの言っても、所詮は10代を中心とした思春期の子どもである。言うまでもないが、思春期の男女にとってもっとも優先すべき出来事は、異性にどう見られるか? つまりは、モテるかどうかだ。それゆえに、彼ら(彼女ら)は彼らの間だけで共有する価値観のなかから、一種の独特のカルチャーを生み出して行くことになるのだ。当時、彼らから派生したカルチャーは数多くあるが、まずはファッションから語り始めよう。

前にヤンキーの大多数が10代と述べたが、当然ながら一部のドロップアウト組を除けば、ほとんどが就学生であり、なかでも中学生は義務教育である。そして、日本の中高には制服文化が鎮座している(いまもそうだ)。基本的に反逆児たらんとするヤンキーは、大人の決めごとにはことごとく反発するモノ。そこで生まれたのが、制服の改造という文化であった。

1970年代後半、ヤンキー(不良)たちにとってまず制服の改造すべき部分は、ズボンの裾と上着の長さであった。特に、裾の部分が広がっている「ラッパ」はオシャレ=格好いいとされ、ラッパズボンを履くことがヤンキーへの第一歩とも言えた。むろん、素人にどうこう出来るシロモノではないので、「理解のある」仕立屋に発注するのがオーソドックスであった。さらにラッパの裾部分は、ダブルと呼ばれる折り返しが入っているものが好まれていた。

そして上着。これは、「中ラン」と言われる通常のモノよりもやや長めで、ウエスト部がキュッと締まっているものが定番である。当時の不良を知らない人は、「もっと長い、長ランがいいのでは?」と思う人もいるかもしれないが、長ランは大学の応援団などが着用する作業着のようなモノで、中ランこそが不良のステータスであった。上着の内側には、それぞれ好みの刺繡と自分の名前を入れることが流行っており、絵柄は龍や虎など、和柄の彫り物のようなデザインが人気を集めていた。つまりは、例え真面目な生徒であってもラッパズボンを履いて、刺繡の入った中ランを羽織れば一丁前の不良の完成である。もっとも、その格好で表を闊歩するということは、"喧嘩上等"を宣言しているのに等しく、ましてや喧嘩の戦果として、「制服狩り」が横行しているなかで、なんちゃって不良を気取る度胸があるものはいなかったが。

この日本の不良独自の制服ファッションであるが、1980年代に入ると趣向が一変、上着は短めの「短ラン」、また、ズボンも裾部分を少し絞り気味にし、ウエスト部分にタックを入れて膨らませた「ボンタン」と呼ばれるものが主流となっていく。ここら辺りの変遷は、不良といえども世の風潮にあわせる若者らしい感覚が息づいている。

さらに言えば、不良の制服ファッションとしては、通学に使う皮カバンを薄く潰す、取っ手部分にテープを巻くなどの細分化されたこだわりがあるのだが、そこを追求するとファッションだけで紙幅が尽きてしまうので割愛しよう。

ただひとつ、それらに付随するアイテムとして忘れることが出来ないのが、原宿に店舗があった50年代風ファッションの『クリームソーダ』である。特に、トレードマークのドクロをあしらった財布は地方の不良を中心にブームを呼び、その余波は当の不良たちが"クリソ"ブランドに興味を無くした後も、不良に憧れる若者たちに人気を博したものだ。
なめ猫旋風……ヤンキーブランドが一般にも波及

不良からヤンキーへと呼び方が変わる80年代初頭、一冊の漫画が人気を呼び、後に社会現象にまでなった。きうちかずひろ作の『ビー・バップ・ハイスクール』である。ヒロシとトオルを主人公としたこの作品内容はいまさら語るまでもないが、ヤンキー文化に与えた影響は絶大であった。いや正確に言えば、ヤンキーにではなく、ヤンキー以外の堅気の人々に与えた影響と言ったほうがいいだろう。

正直、ヤンキーとは言っても真面目な人にとってみれば、ワルであり、暴走族との境目すらもわからない。はっきり言えば、迷惑で関わりになりたくない人たちなのである。それが、ヤンキーの日常をややコミカルに描いた『ビー・バップ~』の登場で、少なくとも真面目な人たちとヤンキーの距離感を接近させる効果はあったと言える。この『ビー・バップ~』と同時期に連載が始まった吉田聡の暴走族漫画『湘南爆走族』は映画化もされ、気分的としてヤンキーにシンパシーを感じる(あるいは憧れる)人たちを増やしたのだ。この系譜は、やがて少女漫画にまで波及し、1986年、『ホットロード』(紡木たく作)で、ヤンキーの恋愛物という新機軸にまで昇華させることになる。

もっとも、当のヤンキーたちは、それらの漫画を楽しむことはあっても、それらの作品からなんらかのインスパイアを受けるということはなかったようだ。彼らは単純に作品としてそれらを楽しんだのであり、ヤクザ映画と実際のヤクザが違うように、自らの生きざまとは別物と考えていたのである。

いずれにせよ、これら一連のヤンキー(不良)漫画の出現が、ヤンキーブランドが商業ベースとして成り立つひとつの成功例になったことは間違いない。
漫画によって商品と化したヤンキーであるが、実はこれ以前にもその兆候がなかったワケではない。前述した『クリームソーダ』や、原宿のブティック「竹の子」のファッションをまとった元祖パラパラ「竹の子族」などは、ヤンキー的なモノの商品化の嚆矢とも言えなくはない。しかし、それらは日本全国の若者にとってスタンダードというワケではなく、あくまで限られた"嗜好"の人間、つまりはマニアうけする範疇内で動いていたに過ぎない。

しかし、『ビー・バップ~』がそうであるように、実物のヤンキー世界を"カリカチュアライズ"した商品は、一般うけする様相を呈し始めていた。1980年に突如としてブームを呼んだ「なめ猫」などはその典型例だ。

実物の生きた猫に、ヤンキー風というか、暴走族風の衣装(学ラン、特攻服等)を着せ、「なめんなよ」というキャッチフレーズを入れたポスターやブロマイドは、どうしたことか数百万単位で飛ぶように売れた。いわゆる「なめ猫旋風」を巻き起こしたのである。正式名称を『全日本暴猫連合なめんなよ』と呼ぶこのキャラクターは、普通の人たちはもちろん、特に女子を中心としたヤンキー層の心も強く捉えた。

可愛いことこそ最強という、我が国「カワイイ文化」の神髄のような話だが、このなめ猫の一大ブームも、学ランや特攻服などヤンキーファッションを皆が周知していることが前提にあってのこと。そういった意味で「なめ猫」は、ヤンキーというはぐれ者が独自に温めてきた価値観から生まれた、一種のあだ花とも言えよう。

ちなみにこの「なめ猫」ブームは、2、3年ほど続いたあと、一部から動物虐待(実際は細心の配慮をして撮影していたという)という声があがったことと、流行り物としての宿命としてブームは終焉を迎えた。
モテる強力なツール……ヤンキーに大人気だった音楽

ヤンキー文化を語る上で、異性にモテることが大切……と話したが、そのツールとして強力な武器となったのが音楽である。バンドを組んでいる男が女うけするのは、いまも昔も同じであるが、ヤンキーとてその法則は熟知している。

勉強には微塵も興味を示さない彼らも、楽器には下心があったのか、我先にと飛びついた。そのヤンキーたちに人気を博した、あるいは影響を与えたミュージシャンと言えば、まずはキャロルであり、そのボーカルであった永ちゃんこと矢沢永吉であろう。しかし、1972年にデビューしたキャロルは、ヤンキーというスタイルが定着するやや以前のこともあり、彼らのファッションや音楽性が直接、ヤンキー文化に影響を与えるまでには至らなかった。

むしろ、同時代ではあるが、1975年デビューのクールス(館ひろし、岩城滉一らが所属)のほうが、ヤンキーにとっては、より親しみやすい存在ではあった。キャロルに比べれば、ややマイナー感があるクールスではあるが、現在、40代後半から50代の元ヤンたちにしてみれば、クールスの"不良性"がより強く琴線に触れたハズだ。その証拠、というわけではないが、永ちゃんのファン層というのは、実は元ヤンより、普通の人々、あるいはヤンキー(不良)に憧れていた人々のほうが多いように見受けられる。

やはり、70年代後半からのヤンキーに、もっとも影響を与えた存在はクールスであった……といいたい。当時、その他のバンドでヤンキー人気が高かったのは、シーナ&ロケッツやプラスチックスなどだが、特にテクノポップ系で立花ハジメや佐久間正英らがメンバーだったプラスチックス人気は、ヤンキーが実は流行に高感度であるという事実をあらわしていて興味深い。

一方で、ヤンキーに影響、あるいは触発された形で結果的にヤンキー文化の一翼を担った形となるのが、1980年にデビューした「横浜銀蝿」であろう。サングラスにライダージャケット、そして白いドカンという彼らのスタイルは、実際のヤンキーとはかけ離れたものであったが、イメージとしてのわかりやすいヤンキーは一般的には大受けで、彼らを一躍スターダムにのし上げる。もちろん、銀蝿が持つ音楽性の高さが、人気の大きな要因であったことも確かだ。

この戯画化されたヤンキースタイルがヤンキー自身に影響するということはなかったが、銀蝿の人気を利用したヤンキーたちは少なくなかった。例えば、「横浜銀蝿」というステッカーを無断製作して、それを一般人に売り抜くという事件が日本全国で横行したことなどがその一例だ。まだ、著作権管理が厳しくなかったとはいえ、犯罪スレスレ(販売を強要すれば犯罪であるが)のシノギのダシにされてしまったことは、横浜銀蝿にとっては迷惑な話ではあろう。もっとも、銀蝿がヤンキーをダシに使った側面もなきにしもあらずで、ヤンキー側からすれば、ある意味、当然のお裾分けと思っていたのかもしれない。

ファッションから始まって、漫画、グッズ、そして音楽と駆け足で紹介してきたが、まだまだ車、バイク、髪型などなど、ヤンキー文化を語ったら尽きることはない。機会があれば、総括的ヤンキーカルチャーをじっくりと分析してみたいものである。

70~80年代の「伝説のワル」たちの武勇伝やおもしろエピソード、また現在の姿などもふくめて徹底取材し一挙出ししたムック「有名人101人のタブーなヤンキー 女ツッパリ マル秘伝説」(双葉社)が先日発売となった。
今回お届けした特集記事「ヤンキーファッション研究」の他にも芸能人、スポーツ選手らの成り上がり伝説を多数紹介された「タブーなヤンキー101人」。是非、お買い求めください。


改造学生服からなめ猫まで! ヤンキーファッション大研究

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.