日刊大衆TOP 芸能

Mr.夏男・蝶野正洋が振り返る25年「G1は続かないと思ってた」

[シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

Mr.夏男・蝶野正洋が振り返る25年「G1は続かないと思ってた」

記念すべきG1第1回大会優勝者にして、いまだに破られることのないV5の偉業……G1クライマックスと言えばこの男抜きに語ることはできない。先日発売となった、重要人物たちの証言によって“新日本プロレス G1 クライマックス”の本質に迫ったムック「逆説のプロレス vol.2」から、夏男・蝶野正洋と永島勝司の対談をお届けする。


■蝶野正洋 ちょうの・まさひろ
●1963年、東京都三鷹市出身。84年、新日本プロレス入門。同年10月、越谷市民体育館における武藤敬司戦でデビュー。87年に海外遠征し、帰国後は闘魂三銃士として活躍。G1クライマックスは第1回をはじめとして前人未到のV5を達成している。nWoジャパンを設立して一大ムーブメントを起こし、その後TEAM2000を結成。92年にNWA世界ヘビー級王座、98年にIWGPヘビー級王座を奪取。2010年からフリー。

■永島勝司 ながしま・かつじ
●1943年、島根県出身。88年新日本プロレス入社。渉外・企画宣伝部長を経て取締役に。現場監督の長州力とともに団体を牽引。第1回からG1クライマックスをプロデュース。2002年2月に新日本を退社。


蝶野 まず、1回目のG1で両国3連戦をやると聞いた時は、どうせ続かないだろうと思った。それまで、両国2連戦(87年8月19~20日、サマーナイトフィーバー・イン・国技館)とかはあったけどさ。まさかG1が今年で25周年を迎えるようになるとはね。最近G1関連でよくインタビュー受けるけど、本音を言えば1回目の優勝も2回目の優勝も、それで時代を動かしたという気持ちは俺自身にはなかった。

永島 G1では、その頃の蝶野みたいに、くすぶってる選手に光を当てたいという気持ちが俺と長州(力)にはあったんだよ。連覇に関しては、それは蝶野の持ってる土台。橋本(真也)なんかはやっぱりムラがあるわけよ。ただ、長州とは、その日の方針に関して両国に着いてからでも揉めることが多かったね。長州はオーソドックスなのが一番いいの。ド真ん中ってヤツか(苦笑)。俺は逆で、客に対して意外性を出さなきゃ、と。テレビのゴールデンと、東スポの一面の違いみたいなもんだね。俺たち二人の延長線上に蝶野の優勝があったと言ったら、言い過ぎかもだけど。
G1がスタートした90年代初頭は、まさにプロレスブーム。FMWなどのインディー団体が乱立するなか、90年にはメガネスーパーによる大資本をバックに各団体から選手を集めてSWSが旗揚げしている。

蝶野 SWSから話はありましたよ。( 元新日本プロレスで、SWSに移籍した)ドン荒川さんからね。俺や武藤(敬司)さん、橋本選手に控え室で「よう、おまえら、もう少ししたらSWSへの移籍金として、1億円のアタッシェケースを持ってくるからな」って。荒川さんは、俺たちをかわいがってくれてたの。もし1億円を持ってきてたら三銃士みんなSWSに行ってたでしょうね。でも、荒川さんはこなかった。

永島 俺はその動きは、まったく無視してたね。寄せ集めでやったって、うまくいかねえよって。ただ、坂口(征二)さんは「武藤が狙われてる」と聞いてオロオロ。「これは絶対止めなきゃいけない」って。

蝶野  選手サイドの本音を言うと、もう人員が溢れてたから。むしろ離脱者が出れば喜ぶみたいな感じはありましたよ。結局、ジョージ高野さんと佐野(直喜)さんがいなくなりましたけど、いい就職先ができてよかったなって感覚でした。彼らが新日本に残って、上にいけたかはわからないし、SWSは収入もいいわけですから。ただ、繰り返すけど、俺のところに1 億円はこなかった(苦笑)。どうせ荒川さんが懐に入れたんだろうって思ってましたね。

―― 90 年と言えば、蝶野さんもすぐ横で聞いた、橋本真也の迷言「時は来た!」もありましたね。

蝶野  あの時はね、カードが(アントニオ)猪木&坂口vs橋本&蝶野で、まず東京ドームみたいな大舞台で俺らが大先輩とやっていいのかなって疑問があった。当日もそう思ってあたふたしてるとこに、テレビカメラが「試合前のコメントを撮らせてください」と。海外でもやってきた若手の、アメリカナイズされたアピールが見たいという感じで頼まれて。で、当然、猪木さん、坂口さんが後かと思ったら、猪木さんのほうに最初に撮りに行って。モニターで見てたら、猪木さんは「出る前に負けること考えるバカがいるかよ!」ってバーンと張り手を……。

――あの有名なパフォーマンスですね。

蝶野  それ見て俺らは「どっちが締める?」みたいな相談したら、橋本選手が「俺が行く」と。これは引かないと思って任せたら「時は来た! それだけだ」。俺としては「マジかよ、それだけか?」って。しかも、声が高くて抜けたような感じで。映像にも残ってるけど、俺もマジメに作ってた表情が崩れちゃってね。
海外遠征への切符がつかめる第3回ヤングライオン杯(87年3月)では、優勝と準優勝を分け合った蝶野と橋本。それをなぞるかのように蝶野が選手会長を務めると、その後を継いだのは橋本だった。

蝶野  選手会長時代、ケガした選手のために積立金を残そうと、1000万円ぐらい積み立てたんです。だから、三沢威選手(92年引退、現・新日本プロレスメディカルトレーナー)がケガした時(獣神ライガーの浴びせ蹴りで頸椎損傷)には、そこから200万円くらい出したんです。ところが、俺の次に選手会長に就任した橋本選手が、その金で家でちゃんこやったり、地方で若手とメシ食う時に使って、あっと言う間に1000万がなくなった。それで橋本選手は、マジメな馳(浩)や(佐々木)健介に、道場の会議で吊るし上げられたんだけど、俺と武藤さんがかばって手打ちにさせたんだよね。

永島  揉めてるなっていうのは倍賞から聞いてた。橋本らしいというか、憎めないヤツなんだけど。

闘魂三銃士が中心になっていた時期の新日本は、天龍源一郎率いるWARとの抗争や、両国国技館7連戦など、次々と大仕掛けを成功させる。そんな中での永島氏の代表的な仕事と言えば、UWFインターナショナルとの全面対抗戦だ。

蝶野 もともとは俺が2回目のG1に優勝した直後、『週刊ゴング』で「高田延彦と闘いたい!」と言ったの。そしたら、むこうが(ルー・)テーズさんを使って抜き打ち訪問してきて。それから10日くらいしたら新日本の事務所にUインター側の3人がやってきた。じつはその時、俺も事務所にいたんですよ。

――3人というのは、宮戸優光選手、安生洋二選手、鈴木健社長ですね?(すべて当時の肩書き)

蝶野 そう。それで隣の部屋で会談がはじまったから「これ、どうすればいいかな? 出ていったほうがいいのかな?」と。というのは、高田さんを尊敬してて、やりたかったのも確かなんだけど、じつはその『ゴング』のインタビューの時って、2回目のG1で首を痛めてて「G1王者の称号も、優勝でもらったNWA(世界ヘビー級)のベルトも辞退したい」みたいなテンションだったんですよ。その分、なにかリップサービスしなきゃと思って、高田戦を口にした部分があったから、これは責任を取らなきゃいけないなと。でも、たしか長州さんに「出るな」って言われて。その少し前にも、長州さんからインターの件に関しては「絶対にお前のことは守るから」って言われてて。

永島 蝶野が怪我してたのはわかってたから。それと、Uインターの目的も、本当は蝶野じゃないわけよ。こっちはそれがわかってた。要するに、新日本にケンカを売ったという、彼らなりの話題づくりね。だから「そんなにやりたければ、3000万出すならやろう。でも、まずマサ斎藤、橋本、健介の3人と、巌流島でやるということでどうだ?」と。そしたらむこうは矛先を収めたよね。


※全文の一部分を抜粋。全編は本誌「逆説のプロレス vol.2」にてお楽しみください。

取材◎若瀬佐俊

徹底追跡、大特集。新日本プロレスのG1クライマックスの25年間の全事件に迫った「シリーズ 逆説のプロレス vol.2」絶賛発売中!

「新シリーズ 逆説のプロレス vol.2」(双葉社スーパームック)より引用

Mr.夏男・蝶野正洋が振り返る25年「G1は続かないと思ってた」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.