日刊大衆TOP 芸能

ザ・グレート・カブキが語る“新日本マット トレード参戦の真相”とは!?

[シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

ザ・グレート・カブキが語る“新日本マット トレード参戦の真相”とは!?

「東洋の神秘」の異名を誇り、アメリカを震撼させた希代のペイントレスラー、ザ・グレート・カブキは、平成維震軍の一員として90年代の新日本プロレスに確かな爪痕を残している。全日本プロレス育ちのカブキが見たG1、そして新日本のリングとは……。先日発売となったムック「逆説のプロレス vol.2」(双葉社)から、ザ・グレート・カブキと永島勝司による対談をお届けする。



■ザ・グレート・カブキ ざ・ぐれーと・かぶき
●宮崎県出身。1964年に日本プロレス入門、山本小鉄戦でデビュー。日プロ崩壊後、全日本プロレスに合流。81年に遠征先のアメリカでザ・グレート・カブキに変身、毒霧やヌンチャクなどミステリアスなキャラクターで日米を席巻した。90年にSWSに移籍後、WAR、新日本プロレス、IWAジャパンなどに参戦。98年に一度現役を引退するが、現在もスポット的に試合を行う。

■永島勝司 ながしま・かつじ
●1943年、島根県出身。88年新日本プロレス入社。渉外・企画宣伝部長を経て取締役に。現場監督の長州力とともに団体を牽引。第1回からG1クライマックスをプロデュース。2002年2月に新日本を退社。


カブキが出場したG1クライマックス第3回大会(1993年)は、プロレス史上初にして現在も最長記録の両国7連戦という試みだった。ここでカブキは武藤と対戦するが、その直前にはグレート・ムタとの「親子対決」があった。5月にWARの大阪府立体育会館大会、6月には新日本の日本武道館大会でシングル連戦を行っている。

――ムタ戦をマッチメイクした永島さんの意図はなんだったんですか?

永島 最高に面白いじゃない。マッチメイクする側は客を呼ぶのが第一だから、親子であろうが孫であろうが(笑)、このカードだけ提供して、あとはもう二人の好きにさせればいいわけだから、こんな楽なマッチメイクないよ。

カブキ ただ、お客の想定内の試合をしようとは思いませんでしたよ。お客の思うような内容だったら「はいはい、よくやった」で終わっちゃう。

――そう考えると、カブキさんが頭から血を噴き上げたのはインパクトがありました。

カブキ テレ朝が「これ以上は放送できません」ってテロップを出したんですよ。

永島 伝説のジュースマッチ!

カブキ 期待の上をいかないと、お客は座席から前のめりになって見入ってくれないんです。

――そして、G1では素顔の武藤敬司戦でした 。

カブキ ムタも武藤も闘った印象は一緒ですよ。本人は違った感じを出そうとしてたかもしれないけど、俺にとってはなんら変わらない。自分は、いかにお客を楽しませるかが大事だから、別に勝ちたいとか決勝に残りたいとかじゃない。

永島 それがカブキさんと武藤の違いよ。そこをもっと継承していれば、あいつが全日本に行くこともなかったかもしれない(笑)。

――この年のG1は、両国7連戦という史上初の試みだった一方、WARとの対抗戦の色合いが強く、焦点がブレているとの批判もありましたが……。

永島 結果的にそうなったんだろうね。公式戦がない日もあったんで、周囲から怒られましたよ。でも、G1のトーナメントだけで1週間持たねぇもん(笑)。そういう時にカブキさんというのは、本人を目の前にしてアレだけど、いい客寄せパンダだった。

カブキ アハハハ(苦笑)。
新日本では反選手会同盟から発展した平成維震軍の一員として活躍したカブキ。(木村健悟を除く)メンバー全員がスキンヘッドにするなど、一致団結した武骨な集団として、新日本プロレスの軍団史に確かな足跡を残した。

――平成維震軍の中ではカブキさんが一番年上でしたが。

永島 カブキさんが裏ボスだったでしょ? 

カブキ いやいや(笑)。

永島 大将の越中(詩郎)も、カブキさんには全日本の時から頭が上がらないから。

カブキ 彼はマジメで黙々とやるタイプ。新日本に行ってよかったと思う。俺と(小林)邦昭の血液型がA型で、それ以外はみんなB型だからマイペース。ミーティングの時も、話がまとまらないから邦昭と別の場所でコーヒー飲んで待ってるの。それで、頃合いを見計らって参加して話をまとめてた。ある時なんか、越中が「木村さんの奥さんが出馬するんだから、演説の応援にいきましょう」って言って、みんな「オー!」なんて盛り上がったんだよ。だけど、当日ちゃんと行ったのはA型の2人だけ(笑)。

永島 いまもがんばってるよね、(木村)洋子夫人。いい人ですよ。

――本隊とは別に、平成維震軍による自主興行もありました。当時は「2リーグ構想」があったそうですね?

永島 新日本の活性化のためにやったんだけど、批判が多かったね。成果もなかった。猪木もガンガン怒るし(笑)、興行的に成功しなかったから終わっちゃったんだけど……。

カブキ 巡業は楽しかったけどね。個人的には平成維震軍の頃というのは、気を遣わなくて一番楽しかった時代ですよ。

――そして95年に新日本を退団しましたが、その経緯は?

永島 単純にビジネスだよ。

カブキ いずれは終わるだろうと思ってたし、アメリカでは常に自分で次のテリトリーを探さなきゃいけなかったから、まったく苦じゃなかったね。
新日本以外にも様々なリングに参戦しているカブキ。特に、かつて最大のライバル団体だった全日本、巨大な資本力で業界をおびやかしたSWSにも参戦していた経験から、新日本に対し独自の視点を持っている。

――G1クライマックスと全日本のチャンピオンカーニバルに違いを感じますか?

カブキ チャンピオンカーニバルにはある程度できあがった選手が出るけど、G1にはこれからの選手が出る。だからG1では、若い選手がどんな試合をするんだろうっていう興味が湧きますよね。できあがった選手たちがリーグ戦をやったって、意外性はないじゃない?

永島 いいこと言うなぁ。第1 回で蝶野が優勝するって時に周囲は反対したけど「いいから信じろ」って強行した。連覇した時は「嘘だろ」ってみんな目を丸くしてたな(笑)。

カブキ だからG1にはファンがつくんですよ。今年も何か起こるだろうって。

――かつての全日本で、たとえば武道館3連戦というのは実現できなかったですか?

カブキ 難しいね。全日本プロレスというのは野球チームなんですよ。馬場さんはかつていた読売ジャイアンツのような団体にして、ナベツネ(渡邉恒雄氏)になりたかったんじゃないかな。

永島 馬場さんとは仲良かったんだろ?

カブキ 悪くはなかったですよ。でも、元子さんが来てから団体がグチャグチャに(笑)。

永島 俺、元子さんとの関係長いんだけどね。

カブキ 絡まないからいいんですよ。

――全日本を離れて行ったSWSでは、永島さんと同じくマッチメイカーを務めましたよね?

永島 ええっ!?  知らなかった。

カブキ SWSはみんな自己中心的でね。ジョージ、俊二の高野兄弟なんて最悪でしたよ。

永島 あの二人ね(笑)。そうそう、SWSには武藤が引き抜かれそうになったんだよ!

カブキ 息子には来てほしかったんだけどね。

――SWSには北尾光司もいました。お二人が手を焼いた共通の人物では?

永島 新日本では長州に差別発言をして解雇。

カブキ その後、ウチでは使い道がないって反対してたんだけど、天龍との相撲つながりで入ることになって。そしたら例の「八百長野郎」ってマイクでやらかして。

永島 そんなことあったのか。俺が最初に使ったのは間違いだったな(笑)。

カブキ 恨みますよ(笑)。

――最後に、カブキさんは今年の1・4ドームの第0試合にも出ていますが、いまの新日本の印象は?

カブキ 若い選手が多くていいんじゃないかとは思うけど、お客が喜ぶことばかりを考えて試合してるように見える。さっきも言ったように、お客が前のめりになってくれるような試合をしないとね。ブームはいつか去るから。


※全文の一部分を抜粋。全編は本誌「逆説のプロレス vol.2」にてお楽しみください。

取材◎若瀬佐俊

徹底追跡、大特集。新日本プロレスのG1クライマックスの25年間の全事件に迫った「シリーズ 逆説のプロレス vol.2」絶賛発売中!

「新シリーズ 逆説のプロレス vol.2」(双葉社スーパームック)より引用

ザ・グレート・カブキが語る“新日本マット トレード参戦の真相”とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.