日刊大衆TOP コラム

第40回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」




美和 まだまだ暑いですが、もうすぐ秋。時が過ぎるのは早いですね~。それはそうと、宗男先生の公民権停止処分が解けるのはいつでしょうか?

宗男 あと1年8カ月です。

vol.40-1


美和 その暁にはお祝いですね!では、本日のお題です。2020年の東京オリンピックまで5年を切りました。ここにきて「新国立競技場の設計を白紙にしてやり直す」ということなんですけど、デザイン選定~建設費高騰問題。屋根の規模縮小→白紙撤回に至るドタバタ劇の経緯など。ズバリ!どう思いますか?宗男先生が考える「適正建設費」「どのような競技場がいいか」などをお聞きしたいと思います。

宗男 流線形というか、奇抜なデザイン。注目には値はするけれど、少なくともお金の掛かる形であることは、素人眼に見ても分かりました。

美和 あの曲線の屋根の感じですよね?

宗男 ホテルなんかの建築を見ても、丸い円形の建物はコストが高くついて、四角ばった物は安くできますよね。選考過程の中では1300億ぐらい~1500億円ですか?それが一挙に倍。それはちょっと甘かったかなと思います。ただ、後で判ったことは、ザハ・ハディドさんが設計したものが、韓国でもトラブルが起きているんです。当初予算の倍以上掛かったりして。そこらへんはもっと慎重に選ぶべきですよ!日本だって56年ぶり。一世紀に一回あるかないか。日本の文化だとか日本の伝統なんかをね、世界にアピールする絶好の機会なんですから。日本にも立派な建築家がいるはずだから、そこらへんを考えてやればよかったんじゃないかなと。

vol.40-2


美和 やはり、所管というか責任の所在がわからないところがいけなかったのですかね?

宗男 いえいえ、文部科学省が監督官庁なのですから! 文部科学省の責任は重いと思いますよ。

美和 斬新なデザインに嵩む費用。皆さん誰もが自分のお金を出して自分の家を建てる時は「憧れはこんな家だけどコストがかかるなぁ~」とか、貯金通帳やローンの書類をにらめっこしますよね?“国民の大切な税金を使う”という感覚が、低下していたのではないでしょうか??文部科学省の局長が辞めて、それを役所や政府は「更迭」とか言わないのも怪しさが増しますよね。あと、下村大臣の対応はどうですか?

宗男 説明不足もあるし、下村文科大臣が舛添東京都知事とぶつかっちゃいけませんよ! オリンピックは東京都がメインですから。日本国で開かれるけれど開催都市は東京ですから。主催地である東京の知事と文科大臣がぶつかっちゃだめですよ!!

vol.40-3


美和 残念ながら“大臣はお飾り”という感じがしてしまいますね。建設費がどんどん膨らんでいった時も、皆さん責任を押し付け合っている感じがしませんか?安藤忠雄建築事務所も「知らないよ」とか…。

宗男 “知らない”というのは正直な話だと思うんです。そもそも不透明なやり方がまずいんです。文部科学省の責任なんです。メディアで組織委員会の責任を指摘しているけど、組織委員会はこれに口はさんでいないんですから。よくW杯ラグビーが問題にされますが「W杯ラグビーがあるから新国立競技場」じゃないんですよ。W杯ラグビーは、日産スタジアムで決まっていたんだから。それを逆にオリンピックが決まった、新国立競技場を造る。ラグビーも乗っかってくれ、協力してくれということで、森元総理が協力したんだから。責任問題とか言われるけれど、森元総理が大変迷惑しているのがわかる。森元総理がうまい説明したよ。「クラウンに乗っていたのに、途中からセンチュリーに乗り換えろ。と言われて乗ったらパンクしてしまった。」ってね(笑)。

vol.40-4


編集 そうだとすると、途中から「降りろ」と言われたようなものですよね。
宗男 私は、森元総理の説明でああなるほどなと思いました。

美和 宗男先生が考える「新国立競技場の適正価格」というのは、いかがでしょうか?

宗男 わかりません、これは。10万人収容のスタジアムというのは相当な建設費が掛かることはわかる。ただどう考えても1500億円のものが3000億円とか、その膨らみ方は異常です。ここはしっかり検証すべきだと思います。

美和 そもそも老朽化ということで建て替えなんですけれど、立て直す必要が本当にあったのかと思わないですか?保存するという考えはなかったのでしょうか?

宗男 保存すると維持管理が大変ですよ。50年以上経っているのは事実。その前のアジア大会にも使っているんです。昭和33年。それから考えると耐用年数がきてますし、IOCから10万人と収容人数を言われているんです。それに合わせるとなると建て替えしかなかったんですよ。

美和 私なんか、むやみに建て替えるのは「昭和の歴史」や「様々な思い」がある競技場だから「もったいなかった」なんて思ってしまいます。あの更地になった競技場跡地を通るたびに寂しさがこみ上げます…。

vol.40-5


編集 北京やロンドンが300億~600億円(円換算)位でメインスタジアムが作れているのに「そもそも1300億円が適正かどうか」という問題もあると思うんですけど…。

宗男 私は技術的な問題だとか細かいことはわかりませんけど、維持管理していくためには、コンサートとかイベントにも使ってもらいたい。そのためには屋根が必要なんでしょう。屋根となるとまたお金かかるでしょ。

vol.40-6


美和 10万人も来るコンサートは、ちょっと考えにくいですよね。宗男先生が考える、こういう競技場だったらいいなぁというのありますか?

宗男 やっぱり「日本らしいな」という。日本をイメージさせる建築にして欲しいと思います。

美和 金沢新幹線の車内みたいに、ちょっと日本的なものを感じさせるような?

宗男 どっちみち競技場なんてものは、国際基準とか世界統一基準というのがあります。しかし外観等、日本を思い起こさせるイメージは必要だと思うんです。

美和 8月に入って、この国立競技場の問題で、安倍首相が参議院の委員会で陳謝しました。私は、所管の大臣が経営的にもっとやり手で、省庁ともホウレンソウが密に取れていれば、もう少し税金を無駄にしないで済んだような気がするのですが…。

宗男 とにかく、東京都や文部科学省はじめ関係各方面が協力しあって、技術的な面はもとより日本の文化や伝統も世界にアピールできるようなスタジアムにしてほしいね!もちろんキチンと建設費も精査してね(笑)。

vol.40-7


宗男・美和 ズバッと一刀両断「ムネオ先生に訊け!」

キメ




※当企画では、日刊大衆読者のみなさんの日頃の悩みのご相談だけでなく、宗男先生にズバッと斬ってもらいたい事も大募集しております。佐野美和さんを通して鈴木宗男氏に相談したいことやくだらないこと、どんなことでも全然OK! ご応募お待ちしております。

>宛先はコチラ<



佐野 美和(さの みわ)プロフィール
1966年12月16日生まれ
政治キャスター。伝説の番組「オールナイトフジ」にオールナイターズとしてレギュラー出演。92年度ミス日本受賞。1995年28歳で、八王子市議会議員当選。<美人すぎる市議>として脚光を浴びる。
2002年より政治キャスターとして国会議員にインタビュー。
現在はustream「会いに行ける国会議員みわちゃんねる突撃永田町!」で政治キャスターを務める。国会議員へのインタビューは、のべ400人以上。TV、ラジオの広告代理店㈱チェリーブロッサムの経営も手掛ける。

鈴木 宗男(すずき むねお)プロフィール
1948年1月31日生まれ
政治家。北海道出身。拓殖大学政経学部在学中より、故・中川一郎元衆議院議員の秘書を務める。1983年に自由民主党より出馬し、衆議院議員に初当選。防衛政務次官、外務政務次官などを務める。
また1997年には国務大臣として北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官を歴任。2002年に自民党を離党。
2005年には新党大地を結成。代表となり、その年衆議院議員に返り咲く。防衛・外交の論客として鳴らす一方、その人情味溢れ、愛されるキャラクターは、歌手の松山千春をはじめとしてシンパが多数。ムネオの愛称でも知られる。
娘は衆議院議員の鈴木貴子。

第40回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.