日刊大衆TOP 娯楽

ゲン担ぎで「カツ丼」食べたら本当に勝負事で勝てる? パチスロで検証してみた!!

アドリブ兄「パチ&スロ 軍資金3000円で巨万の富を目指す男」
第5回 VS『ジャグラー』



日刊大衆をご覧の皆様、五度目まして!
3000円を元手にパチ&スロを打って「巨万の富」を得るという高みを目指すも、高すぎていまだ頂上が見えず。
「もう無理でしょ?」「なんでこの企画を続けているの?」そんな声もちらほら聞こえてきますが、とりあえずこのように答えておきましょう!

「そこに(パチンコ・パチスロ)台があるから」
改めまして、どうもこんにちは、アドリブ兄と申します。

前回はお賽銭+お守り+おみくじで大まじめに「神頼み」をした結果、なんと3000円という限られたお金の中で大当たりを引くことに成功! ……したんだけど、レギュラーボーナスしか引けず、結局メダルを全部ノマれて敗北。

今まで3000円以内で当たったことがなかったなかで、「これは大健闘!」と個人的には非常に惜しいと思ったわけですが、負けたのは事実……。

前回ちゃんと予算内に当てられたので、ある程度「勝ち」への流れはこちらにキテいる(はず)。あと少し何かが足りなかった? ここでさらなる「何か」があれば、完成形に近づくんじゃないだろうか? 

そんなことを考えていると、頭の上に豆電球がピカッ!

……そうだ、勝負事の前に縁起のいいモノを食べたりとか、合格を祈願して五角形の鉛筆を使ったりとか、いわゆる『ゲン担ぎ』をしてなかった!!

というわけで今回は、カラダの内側(主に胃袋)から勝利を欲する姿勢を全面に出すべく、ゲン担ぎ不動のメニュー「カツ丼」を食した勢いで勝利を狙う作戦に決定!

思い立ったら即行動。向かった先は、銀座にある創業88年の老舗トンカツ店。黒豚スペシャルカツ丼をチョイスし、待つこと数分。ついにご対面!
どうよ! この玉子とじ+半熟玉子の見た目の破壊力たるや!

001



黄身をつぶすといい感じに甘辛タレのカツ&ご飯と絡んで箸が進みまくり、あっという間に完食!! こりゃうまい!!

002



さぁこれからが本番だ。

お腹が満たされてハッピーな気分のまま、近くのパチンコホールへ移動。ハッピー繋がりでボーナス合算確率が設定1でも約1/169と比較的当たりやすい完全告知のパチスロ台『ハッピージャグラー』へ!!

003



おいしいものを食べ、お腹と心が満足してても決して調子に乗らず、抜け目なくこの手堅い機種を選ぶあたり、我ながら今日は万全。最高のカツ丼を食べてゲン担ぎもバッチリ。さぁ、あとは当てるだけじゃい!!(21時9分)

004



「いやぁ、それにしても美味しかったなぁ」と思いつつ2000円目投入(21時12分)。

「近いうち、また食べに行こう」と思いつつ3000円目投入(21時15分)。

そして…………。
無常にもその時がやってきました(21時17分)。

006



所要時間8分。3000円、何事もなく終了……。

い……いや何かおかしい。
確かにお腹いっぱいでハングリーさには欠けていたのかもしれない……でも機種選択はカンペキ、ボクのコンディションも申し分なかったはず。これでなぜ当たらない?

ははーん。わかった。
たぶんだけど、「カツ丼」じゃなくて「トンカツ」を食べるべきだったんじゃ?
カツ丼は取調べ中の犯人が食べるヤツじゃん。
甲子園を目前にした球児はトンカツを食べるよね。
ちょっとしたミステイク。うん、そうだ。そうに違いない。

そんなわけで別の日。ゲン担ぎの仕切り直しへ。
まずは御徒町にある、いつも行列ができている名店で上ロースカツ定食をオーダー。

007



この肉の厚さよ!!

008



脂たっぷりでお肉も柔らかく、衣サクサク中ジューシー!! うん、うまい!!

お腹が満足した勢いそのままにホールへ入店。そのままボーナス合算確率が設定1で約1/167の完全告知のパチスロ台『ジャグラーガールズ』に着席(21時49分)。

009



サンドに1000円を入れ、いつフィニッシュブローを打ち込んでやろうかと台との距離感を測るべくジャブを打つようにペシペシ打ってたらば……(21時51分)。

010



\ ピッカー!/
なんとも眩い光が目の前を覆う!
よっしゃーー!! これだよ、これ、この展開! やっぱりこの企画はこうでなくっちゃいけないよね! 過去2000円めで当たったことはあれど、1000円は初めて。

やっぱりカツ丼じゃなくて「トンカツ」だったということなのだよ!! 偉大なりトンカツ!!
ただ、ここで大事なのはボーナスの種類。 前回はレギュラーボーナス(獲得約100枚)しか引けないままメダルをノマれて負けちゃいました。じゃあ今回は……?

011



よっ! 待ってましたのビッグボーナス!(ニヤリ)

そしてボーナス消化後12ゲーム目で、さらにビッグボーナスがヒット~!
で、下皿がコインでモリモリという、このコラム始まって以来、最高の大金持ち状態に!

そこで考えます。

天使「おそらく今、だいたい600枚くらいはあるはずよっ。今ヤメればコラム初となる勝利&福沢先生1人のプラスなんだから企画成功じゃない! 今すぐやめて編集Bさんに勝利の報告をしましょうよ!」

悪魔「何甘えた考えしてんだよ! こんなにポンポン当たる台をヤメるワケにはいかねーだろうが! だいたいこの企画でこれまでいくら負けてると思ってんだ? 福沢先生1人じゃ全然足りねーんだよ! 今までの分、全部取り戻すのはここしかないだろ? さぁ、打ち続けようぜ?」

天使「ダメよダメ! こういう時って打ち続けたらたいていノマれて負けちゃうじゃない! さぁ、メダルを箱に移して勝ちを確定させまあっ……!?」

なんと、悪魔が天使に口づけしてその口を塞いでるではありませんか! 天使は急な口づけに力が抜けており、悪魔は口づけしながらボクのほうを横目で見つつ、その目を細めて笑っているように見えました。

(自分の中の)悪魔さん。わかったよ、今日はあなたに乗っかろう。言うとおり、ここはさらにメダルを増やすべきだよな!! と打ち続けることを選択。

すると……。

…………………………。

012



その後再びGOGOランプが点灯して大当たりが確定したのは、342ゲームめ(22時21分)。

気付けばこんなゲーム数までハマッてしまい、600枚はあったであろうメダルは片手にひと握りの状態に……。

いやいや! それでも、持ちメダルの内に当たったのは大きいでしょう! まだツキは残ってるはず。さぁ、この当たりを契機にもう1回ボーナス連チャンで出玉を伸ばすよ!

……しかし意気込みとは裏腹に、この大当たりはレギュラーボーナス。
……メダルは全部ノマれ、さらに残りの2000円を追加投資。
……そして、メダルがなくなりました(22時39分)。

013




プルルルル……プルルルル……

「編集のBだけど」

「あっ、お疲れ様です。今回はゲン担ぎで「カツ」喰って勝負してきましたよ!」

「お、どうだった?」

「めちゃくちゃウマかったです!!」

「………そっか………プチッ(電話を切る音)」

ップーップーップー……


今回のギャラ:-6000円(自腹で黒豚スペシャルカツ丼代-2500円、上ロースカツ定食代-1100円、しめて3600円)
今回の反省点:カツ丼よりもトンカツ。あと天使さんの押しが弱すぎ。


(次回に続く!?)


■アドリブ兄 プロフィール
1979年東京都生まれ。ニコナナチャンネル『回胴フラグティエ』という番組にて、月に4~5回ホール実戦の様子を生放送でお届け中。得意技は“ホール内無想転生”という名の乱れ打ち。 4時間で17台触ったのが自己最高記録。

・ブログ http://ameblo.jp/i-want-777/
・ツイッター @adlib_brother



●アドリブ兄に神が降臨する!?
『回胴フラグティエ』 パチスロ ゴッドイーター 編



ゲン担ぎで「カツ丼」食べたら本当に勝負事で勝てる? パチスロで検証してみた!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.