日刊大衆TOP 芸能

元「ル・クプル」の2人が10年ぶりに再会!壮絶な離婚劇の真相とは?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

元「ル・クプル」の2人が10年ぶりに再会!壮絶な離婚劇の真相とは?

9月11日に放送された『爆報!THEフライデー』(TBSテレビ系)にル・クプルの藤田恵美(52)と藤田隆二(51)が出演。今まで語られてこなかった離婚の真相を告白した。

『ひだまりの詩』の大ヒットで紅白にも出たル・クプルは藤田恵美と藤田隆二、2人の音楽ユニット。ユニット名である『Le Couple』とは、フランス語でカップルを意味し、名前通り2人は誰もがうらやむおしどり夫婦だった。
ところが大ヒット以降、生活は激変してしまい、優しかったはずの夫・隆二も豹変。2007年に離婚して以来、10年ぶりにスタジオで再会となった。

番組ではまず離婚までに至る経緯を再現VTRで紹介。これがなかなかに壮絶なものだったのだ。

恵美「とにかく怖かった。怖くて萎縮していって、ただ静かに時を過ごす、待つみたいな……」

恵美と隆二は1983年、20歳のときに出会った。意気投合した2人は出会って7年で結婚。そしてその3年後に結成したのがル・クプルだった。
夫婦ともに30歳という遅すぎるデビューだったが、隆二は「恵美の歌声は誰にも真似できない。絶対にうまくいく」と言ってはげましたと言う。思うように芽が出なくても恵美は幸せだった。

恵美は幸せな家庭に対し、人一倍強い憧れがあったという。幼くして両親が離婚し、父親の元で育てられたためだったからだ。
父親は貧しい生活ながらある喜びを恵美に与えた。それは歌である。父親はかつて歌手になりたかった夢を恵美にたくし、幼い頃から演歌や歌謡曲を恵美に叩きこんでいた。

子どもの頃からコーラスとしてユニットに参加したり、中学生のときには演歌歌手として単独デビューまで果たす。だが、歌を教えてくれた父も恵美が25歳の時に胃がんで他界してしまった。
母親も既に他界していたため、恵美は天涯孤独の身になってしまう。だから隆二との結婚は恵美にとっては初めて手に入れた自分の家族でもあったのだ。
恵美と隆二の2人は2人3脚の売り込みを始め、9カ月かけて日本全国にある有線の放送所631カ所を回った。この努力が驚きの結果をもたらした。評判を聞いたドラマのプロデューサーから「ある歌を歌ってほしい」とのオファーが舞い込んだのだ。その曲こそがのちの大ヒット曲『ひだまりの詩』だった。
それまでずっと夫・隆二が作った曲を歌ってきた2人。他人の曲を歌う事に隆二は多少のためらいはあったのだが……。

(再現ドラマ)
隆二「君の声を活かせる歌だよ、やろう!」
恵美「うん」

恵美が歌ったその曲はたちまち話題になり、180万枚もの大ヒットを記録した。しかし、この華やかな成功が夫婦の運命を狂わせていく。その原因となったのがヒット曲の呪縛だ。
ヒット以降、しばらくはツアーや曲の制作を続けたものの、隆二は一度もヒット曲を書く事ができないまま。気がつけばル・クプルは一発屋のレッテルを貼られていた。すると、家庭での隆二に変化が起こった。

(再現ドラマ)
隆二「おい、曲も売れないでこれからどうしていく気なんだ!」
恵美「そんなの、私にだって分からない……」

隆二は、口を開けば仕事の不安を恵美にぶつけるようになっていった。

恵美「やっぱりあの、危機感がすごかったのかなと思います。毎日怒っているみたいな感じで……」

そしてあることがきかっけで夫婦に完全に亀裂が入ってしまう。それは恵美のソロ活動だった。
ル・クプルの停滞を心配したスタッフが、恵美にソロ活動を提案したのだが、それが隆二の逆鱗に触れてしまう。

(再現ドラマ)
隆二「お前、ソロなんかで本当に成功すると思ってんのか? 俺がいないのに売れるわけないだろ!」

だが少しでもル・クプルのためになるのであればと考えた恵美は、ソロで『カモミール』という洋楽カバーアルバムを発売した。
するとこれが、香港でヒットを記録したのだ。恵美の癒やしの歌声は大ヒットし、CDショップやラジオチャートで軒並み1位に。更に香港だけでなくアジア全体のヒットにまでなった。外国人としては異例の累計35万枚を売り上げ、恵美はソロ歌手として大成功を収めていった。

そしてこの成功が隆二を更に逆上させる。
(再現ドラマ)
隆二「おい、お前はル・クプルの藤田恵美でもあるんだ。忘れてんじゃないだろうな?」
恵美「忘れてなんかない」
隆二「じゃあどうするつもりだ!おい答えろ!!」

隆二は執拗に恵美を責めるようになっていった。
成功する妻と落ちぶれていく夫。かつての物腰柔らかい温厚な夫は見る影もなくなり、豹変していく。

(再現ドラマ)
隆二「昨日のライブはなんなんだ!?」
隆二「お前はダメだ!」「ダメだダメだダメだ!」

恵美「もう大声で、とにかくこう罵倒するような言葉とか。それが続くと、なにがよくてなにが悪いのか、なにが本来の自分の感情なのかとかもう麻痺しちゃってて」

恵美は隆二の支配下に置かれるようになったが、天涯孤独の身なため家庭を失う事を恐れ、我慢の日々を送っていた。だがついに隆二の口から恵美が最も恐れていた言葉が飛び出す。

(再現ドラマ)
隆二「離婚だ!」「離婚、離婚、離婚!!」

そう言い放つと家を出て行った隆二。2007年に2人は離婚した。
だが実は離婚を切り出した隆二にはある狙いがあった。一方、家庭を失った恵美は歌手を止める決断までしていた。

恵美「他人になっちゃうんだな、みたいな。辛かったですねえ」

見ていて胸の痛くなる修羅場。しかし離婚から10年が経ち、最近ようやく離婚の傷が癒えてきた恵美に、隆二がどうしても彼女に言いたいことがあるとのことでスタジオに招き入れられた。しかし隆二は口ごもってしまい、なかなか話そうとしない。そしてようやく出た言葉は……。

隆二「まずは、謝りたいなっていう、その、すみませんでした」
恵美「いえいえ」

そして隆二の口から、驚きの告白がされる。なんと本心では別れたくなかったのだが、恵美の気持ちを確かめるために離婚を口走ったというのだ。

そしてそれに続いたのは、恵美への感謝の言葉だった。

隆二「あなたの歌があったからやっぱりル・クプルでもあったし、『ひだまりの詩』っていうのに出会って、長く音楽活動もやれて本当に感謝しているんだよね」

目にうっすらと涙をためて真顔で「うん、うん」というようにうなずく恵美もまた、隆二に感謝の言葉を述べていた。
そしてル・クプルは今夜限りの再結成を果たし、10年ぶりに『ひだまりの詩』をテレビで披露した。

元「ル・クプル」の2人が10年ぶりに再会!壮絶な離婚劇の真相とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.