日刊大衆TOP 社会

安倍首相が強行する「10月内閣改造」仰天リストを入手

[週刊大衆09月28日・10月05日号]

安倍首相が強行する「10月内閣改造」仰天リストを入手

自民党総裁再選を果たした安倍首相。目下の難題は10月上旬予定の党人事と改造内閣人事。何が飛び出すのか――。

国論を二分した安保関連法案騒動、再選が決まったものの水面下で激しい攻防が繰り広げられた自民党総裁選……揺れに揺れた安倍政権に、再び大きな修羅場がやってきた。内閣改造と自民党役員人事である。
「毎度のこととはいえ、内閣改造はどの政権にとっても"するも地獄、しないも地獄"。入閣させれば恩を売れますが、入閣できなかった議員との間には大きな遺恨を残すからです」(政治評論家の浅川博忠氏)

安倍首相は今国会終了間際に国連総会に出席するため訪米。その足でカリブ海諸国を訪問する予定が組まれているため、改造人事の発表は10月初旬と見られている。
「与党自民党の役員人事と内閣の人事は密接に関連していますので、同時期に行われます。今回の人事のテーマは、安倍政権が掲げている"女性進出を印象づける"人事であること。そして、"論功行賞"と"未入閣組の処遇"ですね」(全国紙政治部デスク)

ただ、単なる改造人事ではないという。
「来夏の参院選は衆参W選挙になる可能性が高いため、これを勝ち抜く"選挙管理内閣"と党人事でなければならないんです」(前同)

目下、永田町の話題の中心は10月の内閣と党人事になっている。今回、本誌が取材したところ、すでに"候補者リスト"なるものまで出回っていた。以下、永田町を飛び交う噂の詳細を明かしていこう。まずは、注目の党役員人事から。
「高村正彦副総裁、谷垣禎一幹事長、二階俊博総務会長の3名は留任が確定的です。高村副総裁は、安倍保守路線を全面バックアップ。二階総務会長は総裁選で早々と安倍支持を打ち出し、再選の道筋をつけたことが評価されています」(全国紙自民党担当記者)

一方、谷垣幹事長に対しては、少々事情が異なる。
「ハト派の宏池会系に属する谷垣さんとは本来、安倍首相は政策面では水と油ですが、谷垣さんの実直な性格を評価しているんです。ただ、警戒も怠っていません。首相が"谷垣さんもまだ枯れてないんだな"と漏らしたこともありますからね」(前同)

高村副総裁、谷垣幹事長、二階総務会長は、いずれ劣らぬ実力者。妥当な留任と言えるだろう。ただ一人、稲田朋美政調会長だけが留任が流動的だというが、その理由が"サプライズ"なのだ。
「安倍さんは、稲田さんを官房長官に大抜擢したい意向なんです。安倍さん自身、小泉政権下で官房長官を務め、首相への足掛かりとした。これを踏襲し、ゆくゆくは稲田さんを女性首相にしてやりたいんですよ」(前出の政治部デスク)

実は稲田官房長官の噂はかねてより囁かれていた。
首相がお熱の2人の女性議員

「彼女は安倍首相と同じく保守路線を鮮明にしています。そのため、安倍首相と近く"イエスマン"に徹することができる。官房長官は朝夕の記者会見があり、内閣の重要なスポークスマンですから、稲田さんに白羽の矢が立ってもおかしくありません。彼女を抜擢することは、安倍政権の旗印"女性の輝く国"を象徴することもできますから、一石二鳥になりますしね」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

ただ、この安倍首相のサプライズ人事案には、内閣や党幹部から異論の声が上がっているという。
「まず、菅義偉官房長官を切ることのリスクです。辣腕で知られる彼がいるからこその安倍政権。稲田さんには荷が重いでしょう。稲田さんは財務省の覚えがめでたいんですが、これが、党内の"反財務省派"のお歴々には面白くないんです。"稲田は(財務省に)取り込まれた"という風説も流れていますからね」(永田町関係者)

そこで出た折衷案が、「稲田官房副長官」だという。
「首相の"稲田愛"は強く、官房長官が無理なら副長官でというわけです」(前同)

ところがどっこい、裏の裏をいくのが永田町の常道。前出の浅川氏が言う。
「菅官房長官が少し前から"党務に戻りたい"と周囲に漏らし始めているんです。ですから、菅さんの意向次第では内閣改造で稲田さんが官房長官に大抜擢されるかもしれませんよ」

このシナリオが実行に移されれば、菅官房長官は党幹事長のポストにつく可能性が高いという。
「谷垣さんは、波風立てず党をまとめてきた実績は確かにあります。しかし、来夏の参院選を考えた場合、憲法改正に勝負をかけるうえでも、安倍政権としては是が非でも勝ちにいく必要があるわけです。そのためには党内をまとめ、野党の切り崩しを図る手腕が必要となりますので、菅さんはうってつけなんですよ」(前出の鈴木氏)

先だって党を割った橋下徹大阪市長率いる"維新橋下グループ"とのパイプも、菅官房長官が築いたとされ、橋下グループを取り込み、参院選を戦うためにも、"菅幹事長"は適任だという。いずれにせよ、党人事は稲田政調会長が台風の目になる模様だ。続いて、閣僚人事に移ろう。
「稲田さん同様、安倍首相の"秘蔵っ子"が丸川珠代参院議員です。今回、彼女の入閣は間違いありません。ポストは昨年9月の改造時に新設された"女性活躍担当大臣"が噂されています」(前出の自民党担当記者)

前出の浅川氏が言う。
「丸川さんは、安倍首相が選挙のときから面倒を見てきたお気に入りです。彼女はテレビ朝日出身ですから、女性進出を印象づけると同時に、政権と反目するテレビ朝日を牽制する意味合いがあるかもしれません」

首相の寵愛を一身に受ける女性議員がいる一方で、冷酷な仕打ちが用意されている向きも……。
「佐藤ゆかり衆院議員、片山さつき参院議員ら、かつての"小泉チルドレン"は見る影なし。小池百合子元防衛相にも浮上の目はありません。ただ、野田聖子前総務会長に比べれば、まだましかも……」(前出の自民党担当記者)
"政敵"は飼い殺しか取り込み

全派閥が安倍支持を打ち出し、対抗馬なき総裁選ムードが漂う中、ただ一人、立候補の動きを見せたのが野田聖子前総務会長だ。
「"あいつだけは絶対に許さない"と、宮邸周辺は怒り狂っていましたからね。安倍天下のうちは、日の当たるポストは回ってこないでしょう」(前同)

さらに、辛辣な意趣返しも用意されているという。
「野田さんの別れたダンナの鶴保庸介参院政策審議会長(当選3回)を入閣させる噂があるんです。彼は二階派所属ですから、二階総務会長に恩も売れますしね」(前出のデスク)

なんとも、"悪趣味"な話ではあるが……。
「安倍さんは味方は裏切らず、敵は徹底的にパージするハッキリした性格です。麻生太郎財相、岸田文雄外相らは軒並み留任です。金銭スキャンダルや東京五輪問題でミソをつけた下村博文文科相も、留任が濃厚です。彼と安倍さんは思想信条が近い"ソウルメイト"ですからね」(前同)

"宿敵"とされる石破茂地方創生担当大臣はどうか?
「石破さんは、安倍周辺からの"次の総理はあなたしかいない"の甘言を信じ、対抗馬として立つことを断念した人です。政策通だが、とにかく政治勘が鈍い。今回の総裁選でも決断できず、永田町では優柔不断の評が定着してしまいましたね。首相も、すでに石破氏を"害なし"と見切っており、今回の改造でも"飼い殺し"にするでしょうね。権限も人も金もない地方創生相留任で決まりですよ」(同)

落ち目の石破氏をよそに首相周辺が取り込みに躍起なのが、"自民党のホープ"小泉進次郎復興大臣政務官だという。
「官邸は、進次郎氏を政務官から復興大臣へ大抜擢する案を検討しています。来年は震災から5年目の節目。復興大臣は露出が増えるため、受けがよい進次郎氏を利用し、来夏の参院選を戦おうという算段です」(同)

また、年内に任期の切れる橋下徹大阪市長を"民間大臣"として、なんとか入閣させられないか検討しているというが、これも選挙戦をにらんでのこと。
最後に入閣待望組の運命だが、
「全派閥が総裁選で安倍支持に回ったので、いつも以上にポストが不足している。当選10回も大臣経験なしで、"永遠の副大臣"の異名を持つ逢沢一郎衆院議員の夢は今回もかなわない」(自民党職員)
という。

どんでん返しが常の改造人事。安倍首相は、どんな隠し玉を繰り出すのか!?

安倍首相が強行する「10月内閣改造」仰天リストを入手

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.