日刊大衆TOP 芸能

[チャクリキ甘井コラム]誰よりも男前なハートを持つ男「ノブハヤシ」

チャクリキ代表 甘井もとゆきのファイティングスポーツはサイコー!
第4回「誰よりも男前なハートを持つ男、ノブ ハヤシ」




ピーター・アーツ、ジェロム・レ・バンナ、とチャクリキの先輩たちを書きましたので、次はいよいよチャクリキ・ジャパンの館長でありエース選手であるノブ ハヤシ選手について書きたいと思います。何といってもチャクリキ・ジャパンは彼から始まったのですから。

このコラムのタイトルにもなっている「ファイティングスポーツ」という言葉はノブ ハヤシ選手やトム・ハーリック会長が良く使う言葉で、キックやMMAなどの総合格闘技すべてを指す言葉です。私はこの言葉を気に入っております。

格闘技の世界は基本的に英語が標準語であり、皆カタコトの英語を使いコミュニケーションを取ります。まったくもって英語を拒否するのは中国人選手位でしょう。それでも近年多くの外国人選手が中国に遠征していますから、中国も変わってゆくでしょうね。

ファイティングスポーツという言葉は「リングゼネラルシップ」の大切さを表現していると勝手に思っています。相手の選手と殴り合い、蹴り合う競技だからこそ、スポーツマンシップは何よりも重要だと思います。そうしたスポーツマンシップに則って試合が行われるからこそ、人種や国籍を超えた感動が生まれるのです。オランダで修行を積みプロデビューを果たしたノブ ハヤシ選手だからファイティングスポーツという横文字も嫌み無く馴染みます。
ノブ ハヤシ選手はあの初代K-1王者ブランコ・シカティックにも、K-1の絶対王者ピーター・アーツにも発給していないドージョーチャクリキの支部を設立出来るライセンス、いわば武術の世界での「免許皆伝」をトム・ハーリック会長より受けております。

トム会長はよくチャクリキは一つの大きなファミリーだと言いますが、その中でもノブ ハヤシの存在感は違います。トム先生にとってノブ ハヤシは息子のような存在なのです。「ノブ イズ マイ サン」という言葉を私は何度も何度もトム先生から聞きました。トム先生とノブ選手の信頼関係がいかに強固かを物語るエピソードでしょう。

しかし、そんなノブ選手も初めてオランダに行った時はトム先生に別の衝撃を与えたようです。ノブ ハヤシ選手のK-1デビューを憶えている方なら、今よりもずっとノブ選手が大きく太っていた事をご存知でしょう。
日本から「練習したい」と言ってやって来た若いファイターを空港に迎えにいったトム・ハーリック会長は、初めてノブを見た瞬間、180度回れ右して引き返したくなったそうです。当時の事をトム先生は笑い話としてよく話してくれます。

「アマイ、俺は日本からスモーレスラー(力士)が来たのかと思ったよ」かなり太っていたんでしょうね、ノブ。

しかし、日本から来た巨漢の青年は見た目の印象と全く違う実力を道場で発揮し、多くのヘビー級練習生の中からたちまちに頭角を顕し、アマチュアデビュー、プロデビューとトントン拍子に出世していきました。何よりも素直にトム会長の指導を聞く姿が素晴らしく、他人の何倍も練習したと、トム先生は当時を述懐します。
そしてそのまま1999年のK-1 JAPANのリングで日本デビュー。当時の16人メガトーナメントを3連勝で勝ち進み、デビュー戦にして武蔵選手とK-1 JAPAN 王座を争いました。こんな破天荒なデビュー戦を行った選手を私はノブ ハヤシ以外に知りません。

ノブ ハヤシ選手との思い出を語るなら、白血病との闘病生活は外せません。
2009年1月、ノブ ハヤシ選手は中国での「英雄伝説」大会出場のため都内にて血液検査を行い、急性骨髄性白血病の発症が確認されました。奇しくもノブ選手が最後の対戦相手となった故アンディ・フグ選手と同じ大病です。

アンディ選手の急逝が強烈な印象であった為に、ノブ選手の病名を聞いた時には頭を鈍器で殴打されたような衝撃が身体中を走り、目の前が真っ暗になりました。

「ノブが死ぬ!?」そんな事ばかりが頭を駆け巡りました。

病気と闘うのはノブ本人ですから、本人の前では務めて明るく、ノブを励ますように心掛けました。この時期には何度も何度も病院を訪れましたね。

抗ガン治療を行うと免疫力が下がるので、ノブ選手は無菌室に居る事が多かったです。いつもガラス越しにインターホンで会話しました。無菌室は横並びに、言い方は悪いですが動物園の室内展示のガラスゲージのように並んでいました。
何度もそこに通ううちに、別の部屋が職員さんたちにより片付けられているシーンをよく目撃しました。部屋の主が亡くなったという事です。

そこでは「死」は特別ではなく日常でした。

40度を超える高熱が一週間続くなど、ノブ選手の抗ガン剤による治療は熾烈を極めました。元々坊主頭のノブ選手ですが、この時には見事に眉毛も全部抜けました。免疫力低下のため、食事制限もありました。生野菜や刺身のような生魚はNGで加熱した物だけ、しかも加熱より2時間以内の物だけを食べる事が出来ました。

少し体調が上を向くとノブ選手は「パスタが食べたい」と言い出しました。そこで私はコンビニに走り、パスタをレンジで温めてダッシュで病室に戻ってくる事を繰り返しました。本当、パシリでした。

焼き魚がOKとなった時にはノブ選手は「鰻が食べたい」と言い出しました。そこで私は一番近い鰻屋で焼き上がるのを待ち、タクシーに飛び乗って病院に鰻重を届けました。「加熱から2時間以内」という制限がありましたから、パシリも大変です。

それでも少しずつ食べられる物が増えていく様子は見ていて嬉しかったです。

食べ物で苦労しているノブを見ながら、「私にも何か出来る事は無いか?」と考えた末に、私はこの時期にダイエットを行いました。ノブ選手が退院する時には私は65kgまでダイエットしました。スーパーライト級ですね。ノブ選手の闘病をそばで見ていましたから、意外に苦労は無かったです。まぁ今はもう見る影もありませんが。それ以上に驚きは、こんな過酷な闘病生活を送りながらも、一度もノブ選手は体重100kgを割り込む事はありませんでした。まさに生まれもってのスーパーヘビー級戦士なのでしょうね。

入院生活は約2年間、その後の通院生活は4年以上掛かりました。しかし、この6年間の長い間、ノブ ハヤシ選手は自暴自棄になったり、周りに当たり散らす事は一度もありませんでした。見た目は身体も大きく、坊主頭で、この頃には眉毛も無く怖い雰囲気だったノブ選手ですが、誰よりも優しく大きなハートを持っている事を再認識しましたね。
ノブ選手の周囲には言葉の意味を尋ねたり、道を教えて貰ったりする為にいつもK-1の外国人選手たちが大勢居ました。

しかし彼らはそうした用事以上にノブのビッグハートに惹かれてノブのそばに居たのだと思います。ノブが入院している時期、ピーターもジェロムもヘスディ・ゲルゲスも私の顔を見る度に「ノブの容態はどうだ?」と聞いてきましたから。

2013年の12月、ノブ ハヤシ選手は蒲田駅で線路に転落した男性を発見し、すぐさま線路に飛び降りて、長身を利してホームに担ぎ上げました。この人命救助の話を私は本人ではなくインターネットのニュースで知りました。

どうして教えてくれなかったの? と本人に電話で聞くと、

「甘井さん、困ってる人を助けるのは特別な事じゃないですよ。ましてや僕は身体が大きいですから。また今度会った時にでも話そうと思っていました」

と、ことも無げに言いました。

本当にノブはハートだけは男前過ぎます! ほんの数年前に生死の境を彷徨っていた男が人命救助なんて私の貧弱な想像力を軽々と飛び越してゆきます。私はノブ ハヤシを心から誇りに思います。この救助劇は新聞にも掲載されました。



2015年7月20日、熊本の地で開催された「火の国格闘伝説 LEGEND 6」にてノブ ハヤシ選手は判定勝ちで現役復帰後の初勝利を挙げました。この勝利を私は7年間待ちました。私ですら長い道のりだったのですから本人にとってはそれこそ茨の道だったことでしょう。感極まって涙を流すノブ選手。

「この涙は(KOで)倒し切れなかった悔し涙です」

と、こんな所でまで男前であり続けようとするノブ選手。

何よりも勝利が嬉しく、その男前のハートが妙に滑稽で、大会本部席に座りながらも私も貰い泣きしてしまいました。立場上、涙を隠しながら私は改めて「ノブのハートだけはホンマ、世界一男前やなぁ」と改めて思いました。


甘井もとゆき
PROFILE
1967年4月22日生まれ。ドージョーチャクリキ・ジャパン株式会社 代表取締役。オランダ・アムステルダムを本拠地とする格闘技道場の名門ドージョーチャクリキの日本代表。日本人選手のマネージメント、外国人選手の招聘、自主興行の開催などを通じ、ファイティングスポーツの世界に携わっている。
ドージョーチャクリキ・ジャパンHPhttp://www.chakuriki.jp/
フェイスブックhttp://www.facebook.com/motoyuki.amai

[チャクリキ甘井コラム]誰よりも男前なハートを持つ男「ノブハヤシ」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.