日刊大衆TOP 芸能

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その3

[別冊週刊大衆あの80年代アイドルは今! 101人大捜査]

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その3

80年代中期に、わずか二年半という短期間ながら、日本の男子たちを熱狂させたアイドルグループ「おニャン子クラブ」。伝説的バラエティ番組「夕やけニャンニャン」の始まりとともにスタートし、終わりとともに解散した彼女たち。

現在は、地元アイドルから4児の母までその後の人生は様々。男子たちが夢中になった、あの「会員番号○○番」は、いまどこで何をしているのだろうか?

 * * * * * *

■会員番号30番・三上千晶
'85年11月おニャン子入り。'86年2月頃にフェードアウトしたが、会員番号の歌には収録されている。その後、深夜ドラマ「トライアングル・ブルー」に出演。芸能界引退後はJALの客室乗務員として勤務している。

■会員番号31番・矢島裕子
'85年11月おニャン子入り。三上千晶と同様、'86年2月頃にフェードアウトしたが、こちらも会員番号の歌には収録されている。その後、芸能界で姿を見ることはいっさいない。医療関係の仕事に就いたという噂あり。

■会員番号32番・山本スーザン久美子
'85年12月おニャン子入り。名前にインパクトがあるということで、オーディションでは石橋貴明が必要以上に煽っていた。陽気で物怖じしない性格が特徴。夕やけニャンニャンではそのキャラクターを生かし、お笑い担当として番組を盛り上げた。'86年9月、学業に専念するためグループを卒業。芸能界を引退した。その後、JR関係の仕事に就き、現在は出版社に勤務。同窓会企画の出席率が高い。宝塚歌劇団のファンとしても知られている。

■会員番号33番・布川智子
'86年1月おニャン子入り。元シブがき隊で現在タレントの布川敏和は実の兄。しかし、このことは当時触れられていなかった。あまり目立つメンバーではなかったが、グループ曲のフロントボーカルを務めたことはある。グループ解散まで在籍し、解散と同時に芸能界を引退。その後は大学に進学し、兄の事務所の手伝いを経て結婚。'11年から荻野智子の名で芸能活動を再開し、現在はキャラ食作りの講師としても活躍している。3児の母。

■会員番号34番・弓岡真美
'86年1月おニャン子入り。合格当時は中学生だったため、卒業後に活動を開始。ベビーフェイスが印象的であった。同年12月にグループを卒業。その後、専門学校を卒業し、病院に6年間勤務。現在は結婚しており、2児の母で専業主婦。

■会員番号35番・岡本貴子
'86年1月おニャン子入り。合格当時は中学生だったため、卒業後に活動を開始。石橋貴明にかわいがられていた。同年12月にグループを卒業。その後、大手食品会社勤務を経て結婚した。現在は2児の母で、新田恵利とはゴルフ仲間。愛知県在住。

■会員番号36番・渡辺満里奈
'86年3月おニャン子入り。同年7月にリリースされたおニャン子クラブの「お先に失礼」では早くもフロントボーカルに抜擢。同年10月には「深呼吸して」でソロデビューを果たすなど絶大な人気を博した。渡辺美奈代とともに解散まで後期のおニャン子クラブの顔として活躍。解散後は渋谷系の楽曲を披露するなどアーティスト志向が強かったが、「とんねるずのみなさんのおかげです」にレギュラー出演するなどバラエティ番組でも活躍した。その後は、芸能活動のかたわら旅行や健康などの趣味や経験を生かした書籍・DVDをリリース。'05年に名倉潤と結婚してからは育児関係の書籍も執筆している。現在は2児の母となったが、テレビを中心に幅広く活動中。

■会員番号37番・大貫かおり
'86年5月おニャン子入り。学校の都合により、おニャン子としての活動は合格翌週の1日のみ。その後はVシネマに出演したり写真集をリリースしたりした。現在はミュージックパブを経営している。

■会員番号38番・工藤静香
'86年5月おニャン子入り。当初はあまり目立たなかったが、'87年5月にうしろ髪ひかれ隊のメンバーとして「時の河を越えて」でユニットデビュー。同年8月、「禁断のテレパシー」でおニャン子最後のソロデビューを果たした。グループには解散まで在籍。解散後はソロとうしろ髪ひかれ隊の双方で活動するも、'88年にうしろ髪ひかれ隊が自然消滅しソロ歌手に専念。'00年に木村拓哉と結婚し現在は2児の母。出産・育児期間は芸能活動を控えていたが、以降も断続的にCDをリリース。現在までに42枚のシングルをリリースし歌手として成功を収めた。年に1度のディナーショーは現在も継続中。絵画の才能もあり、今年の二科展で18年連続の入賞を達成。

■会員番号39番・高畠真紀
'86年5月おニャン子入り。年齢の割に大人びていたため、“おかみさん”と呼ばれていた。同年12月にグループを卒業。その後、モデル活動を経てANAの客室乗務員となる。現在は故郷の徳島県に戻っているとのこと。

■会員番号40番・生稲晃子
'86年6月おニャン子入り。当初はMCもおぼつかないほどの恥ずかしがり屋であった。'87年5月にうしろ髪ひかれ隊のメンバーとして「時の河を越えて」でユニットデビュー。グループには解散まで在籍し、解散後の'88年5月、うしろ髪ひかれ隊の自然消滅と前後して「麦わらでダンス」でソロデビューを果たした。'03年に結婚したが現在も芸能活動を継続中。時間のある時は夫婦で経営する鉄板焼き屋に女将として顔を出す。1児の母。

■会員番号41番・貝瀬典子
'86年8月おニャン子入り。ミスセブンティーンと連動したオーディションではグランプリを受賞。とぼけた性格と天然キャラでいじられることが多かった。'87年にはうしろ髪ひかれ隊のメンバー候補となったが、最終的にユニットに加わることはなかった。グループには解散まで在籍。解散後はモデルやイベントコンパニオンをやっていた。飯島直子とCMで共演したことも。現在は一般人に戻ったと思われるが、テレビの同窓会企画には顔を出すことも少なくない。
■会員番号42番・斉藤満喜子
'86年8月おニャン子入り。ミスセブンティーンと連動したオーディションでは準グランプリを受賞。太い眉毛がチャームポイント。'87年5月にうしろ髪ひかれ隊のメンバーとして「時の河を越えて」でユニットデビューし、解散までグループに在籍した。解散後も芸能界に残り、うしろ髪ひかれ隊の活動が見られなくなった'88年7月に「やりたい放題」でソロデビュー。'98年に結婚し、現在2児の母。結婚後はメディアへの登場がいっさいない。

■会員番号43番・守屋寿恵
'86年8月おニャン子入り。ミスセブンティーンと連動したオーディションでは準グランプリを受賞。おっとりとした性格であった。'87年3月にグループを卒業。その後も芸能界に残ったが、引退後に結婚し現在は2児の母。

■会員番号44番・高田尚子
'86年8月おニャン子入り。ミスセブンティーンと連動したオーディションでは特別賞を受賞。おばさんぽい言動が特徴であった。'87年3月にグループを卒業。同時に芸能界からも引退した。現在は3児の母となっている。

■会員番号45番・吉田裕美子
'86年9月おニャン子入り。身体が柔らかく、リンボーダンスでは35㎝のおニャン子記録を持っている。'87年3月にグループを卒業。その後、テレビや雑誌でアイドル活動を続けていたが、現在は一般人に戻っている。

■会員番号46番・中島早苗
'86年9月おニャン子入り。ラジオ番組と連動したオーディションであったが、得点が低かったためラジオ出演は果たせなかった。'87年3月にグループを卒業。その後、CM等に出演していたが、現在は芸能界を引退。

■会員番号47番・山森由里子
'86年10月おニャン子入り。解散までグループに在籍したメンバーで、一、二を争う豊かな胸の持ち主であった。解散後は芸能界を引退し学業に専念。その後、デパート勤務を経てビジネスホテルの受付に。現在は結婚し母となっている。

■会員番号48番・我妻佳代
'87年1月おニャン子入り。元アイドルの芹沢直美は実の姉。地味なメンバーが多かった会員番号40番台の中では目立っていた。グループには解散まで在籍し、後期のおニャン子クラブを盛り上げた。解散後も芸能界に残り、同年11月に「プライベートはデンジャラス」でソロデビューしたが、'89年、結婚を機に芸能界を引退した。'96年頃からメディアに再び登場するようになり、'03年、六本木に会員制のバーをオープン。現在は2児の母。

■会員番号49番・吉見美津子
'86年8月、中学生メンバーによるおニャン子クラブB組入り。ミスセブンティーンと連動したオーディションでは特別賞を受賞。高校入学後の'87年4月におニャン子入りを果たした。同年5月にリリースされた「かたつむりサンバ」ではフロントボーカルを担当。グループ解散まで在籍した。解散後は芸能界に残り、'93年には写真集をリリース。その後は今井美津子に改名しテレビに出演していたが、現在は芸能界を引退している。

■会員番号50番・杉浦美雪
'86年8月、中学生メンバーによるおニャン子クラブB組入り。ミスセブンティーンと連動したオーディションでは特別賞を受賞。高校入学後の'87年4月におニャン子入りを果たした。同年5月にリリースされた「かたつむりサンバ」ではフロントボーカルを担当。グループ解散まで在籍した。解散後はドラマやカラオケビデオに出演。90年代はレースクイーンとして活躍した。現在は杉浦未幸の名でモデルやタレントの活動を行っている。

■会員番号51番・宮野久美子
'86年8月、中学生メンバーによるおニャン子クラブB組入り。ミスセブンティーンと連動したオーディションでは特別賞を受賞。高校入学後の'87年4月におニャン子入りを果たした。B組からの昇格メンバーの中では一番地味であったが、グループには解散まで在籍した。解散後は高校卒業を機に地元名古屋に戻り、ご当地アイドルとして活動。現在も地元のプロダクションに所属し、タレント活動のかたわら結婚式の司会を行っている。

■会員番号52番・鈴木和佳子
'87年4月おニャン子入り。おニャン子クラブに合格した最後のメンバーで、在籍期間は解散までの約4カ月であった。解散後は雑誌やポスターなどのモデルとして活動していた。現在は一般人に戻ったと思われる。

■会員番号B組4番・冨永浩子
'86年8月、中学生メンバーによるおニャン子クラブB組入り。ミスセブンティーンと連動したオーディションでは特別賞を受賞。'87年3月、中学卒業と同時にB組を卒業し芸能界を引退。その後しばらくして結婚した。

■会員番号B組5番・山崎真由美
'86年9月、中学生メンバーによるおニャン子クラブB組入り。当時は目立った活躍があまりなかった。'87年3月、中学卒業と同時にB組を卒業。その後も芸能界に残り、'88年に「瞳をみつめて」でソロデビューを果たす。90年代には細川ふみえ、藤崎仁美とセクシーユニット「Lady's」を結成。多数の写真集やイメージビデオをリリースした。'94年、結婚を機に芸能界を引退。現在は主婦のかたわらハワイアンキルトの講師を務めている。

 * * * * * *

80年代&90年代に活躍したアイドルの現在の姿を徹底追跡したムック「あの80年代アイドルは今! 101人大捜査」(双葉社)が発売となった。今回はそのムックのなかの「おニャン子の今!」の特集から一部を紹介した。あの頃に青春を過ごした大人たちならきっと胸キュン間違い無しのこのムック。是非、書店などでお買い求めください。

消えたアイドル、懐かしのアイドルの歴史を辿ったムック「あの80年代アイドルは今!」絶賛発売中!
別冊週刊大衆シリーズ『あの80年代アイドルは今! 101人大捜査』




徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その3

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.